仮想通貨全般/経済

送金手数料が無料!?リップルの技術を使った「Money Tap」がダウンロード開始

本日4日、SBIホールディングス株式会社の子会社で電子決済等代行業を営むSBI Ripple Asia株式会社は、参加銀行と共同開発したスマートフォン用送金アプリ「Money Tap(マネータップ)」を、住信SBIネット銀行株式会社、スルガ銀行株式会社、株式会社りそな銀行の3銀行と接続し、提供を開始したと発表した。

Money TapはApp StoreならびにGoogle Playにて10月4日より、順次ダウンロード可能。

これにより、リップル社も歓喜のコメントをツイート。

日本銀行コンソーシアムは本日、リップルを利用した支払いアプリ「MoneyTap」をローンチし、国内でのリアルタイム決済を提供しました!

使える条件は?

入出金の手間や手数料が発生するチャージ型のウォレットアプリとは違い、接続先銀行に口座を持っていて、インターネットバンキング登録が済んでいれば、銀行口座間の即時決済が可能としている。

つまりは住信SBIネット銀行株式会社、スルガ銀行株式会社、株式会社りそな銀行の3銀行でオンラインバンキングを利用しているユーザーは即使える

早速ダウンロードするユーザーが、その内容を投稿している。

 
 

送金手数料が無料!?

SBI Ripple asiaの発表によると、Money Tapアプリのダウンロードや登録は無料であり、送金ごとにあたっての手数料は各銀行が個別に設定するが、住信SBIネット銀行、スルガ銀行、りそな銀行の3銀行は、Money Tapが可能とする1回3万円、1日10万円までではあるが、送金については、自行内・他行あてを問わず、送金手数料を「無料」とするとしている。

他行宛も含め、送金手数料が無料というこのシステムはかなりのインパクトで、ユーザーからも驚きの声が上がっている。

但しこの手数料は、2018年10月時点の手数料であり、今後は各金融機関の公表内容をご確認下さい。としている。

同社は、「この戦略的な送金手数料設定により、現金でのやり取りが主体を占める少額送金についても、キャッシュレス化を促進したい。」としている。
 
 
今回のアプリローンチとは関係が無いが、キャッシュレス化についていけない、望まないという意見もある。

関連記事

  1. アルトコイン

    「中国の禁止措置はマイニングまで及ばない」 – ジョンマカフィー

    アンチウイルスソフトでおなじみのジョン・マカフィー(John McAf…

  2. ビットコイン(BTC)

    ブラジル、少なくとも株式投資家の2倍のビットコイン投資家が存在

    ビットコインに対して批判的な批評家は、あらゆる点においてビットコインに…

  3. アルトコイン

    SBIホールディングス、台湾のコールドウォレット事業に40%出資

    大手金融サービスのSBIホールディングスは2日、台湾で仮想通貨のコール…

  4. アルトコイン

    XEM、COMSAのICOトークンにフィスコなどVC3社が直接投資を発表

    テックビューロ社が、日本発のICOプラットフォームCOMSAを発表した…

  5. 仮想通貨全般/経済

    欧州中央銀行、仮想通貨の勢い止めたい

    欧州中央銀行(ECB)は18日、ビットコインなど仮想通貨(暗号通貨)に…

  6. 仮想通貨全般/経済

    米著名投資家ミラー氏、ビットコインにポジティブな見解

    現時点では仮想通貨エコシステムについて良くも悪くも様々な意見が飛び交っ…

過去記事

新着記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン1700ドル突破 年初来80%高
  2. アルトコイン

    サンタンデールとイーサリアムの架け橋
  3. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン取引所を検査 中国中銀、資本流出阻止か
  4. ブロックチェーン

    進むブロックチェーン決済 リップルに新たな10の銀行が加盟
  5. ビットコイン(BTC)

    10月上がり続けたビットコイン。そして今後は?
PAGE TOP