仮想通貨全般/経済

送金手数料が無料!?リップルの技術を使った「Money Tap」がダウンロード開始

本日4日、SBIホールディングス株式会社の子会社で電子決済等代行業を営むSBI Ripple Asia株式会社は、参加銀行と共同開発したスマートフォン用送金アプリ「Money Tap(マネータップ)」を、住信SBIネット銀行株式会社、スルガ銀行株式会社、株式会社りそな銀行の3銀行と接続し、提供を開始したと発表した。

Money TapはApp StoreならびにGoogle Playにて10月4日より、順次ダウンロード可能。

これにより、リップル社も歓喜のコメントをツイート。

日本銀行コンソーシアムは本日、リップルを利用した支払いアプリ「MoneyTap」をローンチし、国内でのリアルタイム決済を提供しました!

使える条件は?

入出金の手間や手数料が発生するチャージ型のウォレットアプリとは違い、接続先銀行に口座を持っていて、インターネットバンキング登録が済んでいれば、銀行口座間の即時決済が可能としている。

つまりは住信SBIネット銀行株式会社、スルガ銀行株式会社、株式会社りそな銀行の3銀行でオンラインバンキングを利用しているユーザーは即使える

早速ダウンロードするユーザーが、その内容を投稿している。

 
 

送金手数料が無料!?

SBI Ripple asiaの発表によると、Money Tapアプリのダウンロードや登録は無料であり、送金ごとにあたっての手数料は各銀行が個別に設定するが、住信SBIネット銀行、スルガ銀行、りそな銀行の3銀行は、Money Tapが可能とする1回3万円、1日10万円までではあるが、送金については、自行内・他行あてを問わず、送金手数料を「無料」とするとしている。

他行宛も含め、送金手数料が無料というこのシステムはかなりのインパクトで、ユーザーからも驚きの声が上がっている。

但しこの手数料は、2018年10月時点の手数料であり、今後は各金融機関の公表内容をご確認下さい。としている。

同社は、「この戦略的な送金手数料設定により、現金でのやり取りが主体を占める少額送金についても、キャッシュレス化を促進したい。」としている。
 
 
今回のアプリローンチとは関係が無いが、キャッシュレス化についていけない、望まないという意見もある。

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    韓国、規制内容明らかに。仮想通貨の実名取引を1月30日から開始

    韓国は1月30日から、仮想通貨取引所に登録している仮想口座を、実名確認…

  2. ビットコイン(BTC)

    Mt.Gox事件の真犯人か?ギリシャでロシア人男逮捕

    驚きの新展開。マウントゴックス事件の真犯人と見られる男が逮捕されました…

  3. 仮想通貨全般/経済

    2018年「成熟した」仮想通貨市場が多くの投資を引き寄せる

    香港に拠点を置く仮想通貨投資会社Orichal Partnersの設立…

  4. 仮想通貨全般/経済

    インド銀行、亡くなった父親の残した現金を拒否

    インドで、ある小さな家の主人(Shivcharan Singh Mar…

  5. 仮想通貨全般/経済

    ロシア、ユーザーの12%は仮想通貨が主な収入源

    最近の調査によると、ロシア人の仮想通貨ユーザーのうち、12%が仮想通貨…

  6. 仮想通貨全般/経済

    明暗分かれる取引所。英国最古の取引所は従業員を削減

    世界最大の仮想通貨ブローカーであるCoinbase(コインベース)は5…

過去記事

新着記事

  1. アルトコイン

    イーサリアム4度目のハードフォークを告知
  2. アルトコイン

    イーサリアムが急騰。「ビザンチウム」フォーク日時決定
  3. 仮想通貨全般/経済

    金融専門家「仮想通貨が今後上昇するに賭ける」UK調べ
  4. ビットコイン(BTC)

    債券王、グロース氏 – 投資家の自衛策としてビットコインの魅力高まる…
  5. ビットコイン(BTC)

    新韓銀行、韓国初のビットコイン送金サービス来月開始か
PAGE TOP