ビットコイン(BTC)

イーサリアム–ハードフォークするも止まない攻撃

18~19日の深夜に行われたイーサリアムのハードフォークについて、無事に終了したことをお伝えしましたが

24時間も経たないうちに攻撃は再開し、いまだDos(denial of service)アタックが止まずに続いている件についてCoindeskの記事を抜粋してお届けします。

The Daoが盗まれた際にハードフォークして以降、再び訪れた問題のDos攻撃の唯一の軽減策として、ハードフォークと(ネットワーク機能を正しく入れ替え、マイナー(発掘者)とユーザーがソフトウェアをアップグレード)しました。しかしアタッカーはセキュリティーの穴を狙って再び攻撃しているもようです。

イーサリアムデベロッパーは新しい解決法に急いでいます。イーサリアムファンデーションITコンサルタントのHudson Jameson曰く

「私たちは、第二のハードフォークが発生するまで多少の問題を緩和するために、クライアントのアップデートに取り組んでいます。」

とのこと。

創始者のVitalik Buterinは

デベロッパー達はアタッカーのバラエティに富んだ攻撃に対して、(先日よりお伝えの)2つのハードフォークを用意しており、もう一方の残された2回目のフォークが有効だと信じている。

とのこと。

イーサリアムの憶測

もし2回目のハードフォークが行われたとしても、次にまた何が起こるのか、これらの攻撃は一体どのように、短期戦なのか長期戦になるのかも分からない。と広く懸念されています。そもそものイーサリアムの設計事態に攻撃を受けやすいという意見も多く上がっています。

多くの関係者からは「ネットワークに変更を与える前にそもそも細心の注意が払われているのか?」の声や、IBMのブロックチェーンリーダーからは「彼らはイーサリアムネットワークに1ビリオンドル(約10億円)が入っているということが分かっていない。」との意見も聞かれます。

一方でイーサリアムマイニングファーム、ジェネシスマイニングのCEO(最高責任者)Marco Strengは、
「イーサリアムが以前よりも更に強いものとなるのは明白である。」としています。

多くのスポンサー、ICOを携えているイーサリアム、今後の動向が気になりますね。

出典:(Coindesk)Ethereum Forks But Blockchain Attacks Keep On Coming
http://www.coindesk.com/ethereum-forks-blockchain-attacks-keep-coming/

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    日本の為替苦境がビットコインには有利に働く?

    最近、軒並み外貨が値を下げているのに対し、日本円は上昇中!海外に旅行す…

  2. ビットコイン(BTC)

    ビットコインを稼ぐ方法についての検索数が増加中

    Googleトレンドの統計によると、ビットコインを稼ぐ方法についての検…

  3. ビットコイン(BTC)

    当局の規制はあるも、ロシアでの欧州最大のマイニングファームを計画

    ビットコインに対するロシア政府による今後の規制が予想されるにも関わらず…

  4. ビットコイン(BTC)

    韓国、規制内容明らかに。仮想通貨の実名取引を1月30日から開始

    韓国は1月30日から、仮想通貨取引所に登録している仮想口座を、実名確認…

  5. ビットコイン(BTC)

    ドイツの都市ハノーファーで公共料金がビットコイン支払い可能に

    ドイツで電気やガス等を供給するEnercity社は仮想通貨の広がりを受…

  6. ビットコイン(BTC)

    リップルが”SWELL”を発表でXRP価格は下落

    Rippleがカンファレンス「SWELL」をカナダ・トロントにて10月…

過去記事

新着記事

  1. アルトコイン

    The Daoハッカーが盗んだETCをビットコインに換金か!?
  2. 仮想通貨全般/経済

    欧州中央銀行、仮想通貨の勢い止めたい
  3. アルトコイン

    WannaCryよりも脅威!Moneroマイニングマルウェア”Ady…
  4. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン保有者に朗報。ステラが無料でもらえるかも!?
  5. アルトコイン

    英Wirexのカードでイーサリアム支払いが可能に
PAGE TOP