ブロックチェーン

2017年はブロックチェーン本格始動の年になる!?

2017年が「ブロックチェーン本格始動の元年」となる気配が濃厚であることが、IBMのビジネス・コンサルティング部門「IBV」の最新調査から判明した。世界各国の銀行と金融機関、各200社から回答を収集したアンケートでは、15%の銀行と14%の金融機関が

「来年(2017年)は商業用ブロックチェーン・ソリューションを全面的に採用する。」

と回答するなど、これまであくまで実験段階と受けとめられていたブロックチェーンが、一気の社会に普及しそうです。


調査に協力した400社のうち、70%以上が新なビジネスモデルの構築に向け、

「ブロックチェーンの採用を優先事項にしている」ほか、65%が「今後3年以内の採用」

を検討している。

金融機関の70%は真っ先にブロックチェーン化する分野として、「清算・決済」「卸売決済」「株・債券発行」「リファレンス・データ」を挙げている。大手になればなるほど、ブロックチェーンの全面採用に積極的な姿勢を示しており、これらの銀行の77%がリテール銀行だ。大手の強みである資力とネットワークを最大限に活用し、スタートアップには太刀打ち不可能な規模で開発・研究を繰り広げている。

ブロックチェーン採用に二の足を踏む理由

総体的にブロックチェーンが恩恵をもたらすだろうとされるのは下記の3分野であるとの見方が強い。
・リファレンス・データ/照会情報(83%)
・小売決済(80%)
・消費者金融(79%)

しかし、新技術採用にともない懸念されている最も大きな理由は下記のとおり
・規制(56%)
・生まれて間もないテクノロジー(54%)
・投資による見返りの予想がつかない(52%)

いつでも先駆者は強い

アンケートを取ったIBVはアーリー・アダプター(初期採用者)ほど、ブロックチェーンから受ける恩恵が大きいと見ている。これはまったく新しい分野を開拓するうえで、「先に開拓に着手した者に規則を作る権利が与えられている」との発想に起因するものだ。 これまでの様々な事業モデルを例にとっても、アーリー・アダプターほどあらゆる試練に耐えうる基盤作りに長けている点をIBVは主張している。

このように多くの銀行・金融期間が2017年はブロックチェーンの本格的な社会進出幕開けとなりそうだ。と思っています。さあ、インターネットに次ぐ正規の発明となるか!?これからもブロックチェーンについてのニュースを日々お届けして参ります。

出典:「2017年にブロックチェーン本格始動」銀行の1.5割が回答
https://fintechonline.jp/archives/100668

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ETHとETCのメリットについてLet’s Talk Bitcoinで議論される

    イーサリアムハードフォークの発端はTheDAOがソースコードの欠陥を突…

  2. ブロックチェーン

    ロシア、日本がクリル諸島で共同仮想通貨政策を検討

    ロシアと日本が、共同でクリル諸島にて仮想通貨推進プログラムを展開する可…

  3. ビットコイン(BTC)

    イーサリアム–ハードフォークが無事に成功

    先日よりお伝えしていたイーサリアムのハードフォークについて続報をお伝え…

  4. ブロックチェーン

    ビットコインが上昇 アナリストは5000ドルを視野に

    本日ビットコインは上昇を続け、前日比約9%上昇の4200ドル台(日本の…

過去記事

新着記事

  1. ビットコイン(BTC)

    フィジカルビットコイン
  2. ビットコイン(BTC)

    ビットコインが一夜で12%下落するも早期回復
  3. 仮想通貨全般/経済

    世界資産レポート「若き億万長者は仮想通貨投資に興味がある」
  4. アルトコイン

    海外投資会社「eToro」がイーサリアムクラシックを追加
  5. ビットコイン(BTC)

    日本初!ミニバンレンタカーの支払いにビットコイン決済機能を搭載
PAGE TOP