仮想通貨全般/経済

Krakenが最も安全な取引所に。OKex、Huobi Pro、Bitstampは最もリスクが高い?

仮想通貨取引所はハッカーにとって格好のターゲットであるだけに、最も安全な場所に自分の資産を置いておくことは、仮想通貨投資家にとって優先事項となるはずだ。

サイバーセキュリティー会社の「Group IB」による報告書によれば、最も安全な仮想通貨取引所は、長年サービスを提供し米国を本拠とする「Kraken(クラーケン)」だとされている。Grope IBに対する信頼性は以下の通り。

Grope IBについて;
サイバーセキュリティー会社。ロシア連邦保安庁(Russian FSB)より国家機密を含む情報を含む業務ができる許認可を取得したこともあり、オンラインへの脅威を大企業が認識し、対応する支援をしている。Group-IBはユーロポールとインターポールの公式パートナーであり、ガートナー、Forrester、IDC、欧州安全保障協力機構(OSCE)や他の多くがオンライン詐欺、財務損失や風評リスクに対する保護策についてGroup-IBの比類のない指導力を認めている。

報告書には、技術的セキュリティのレベル、KYC(本人確認)およびAML(アンチマネーロンダリング)手順の厳格さ、およびパスワード保護プロトコルの信頼性を含むさまざまな要因が考慮されている。

世界で2番目に大きい仮想通貨取引所であるOKExと最近買収された欧州のBitstampを、最もリスクの高い取引所として評価しているには驚く。
 

あなたの取引所は安全か?

2018年は最初の9ヶ月間で、全部で仮想通貨はハッカーに10億ドル近くを盗まれている。大部分は仮想通貨取引所から盗まれたものだ。これは十分なセキュリティを確保した取引所で暗号鍵を保持することがどれほど重要かを示す指標である。

Group IBの報告によると、サンフランシスコに拠点を置くKrakenが安全な避難所だとしている。また「最も安全なカテゴリー」として格付けするにふさわしいと考えられたのも、Krakenだけだった。

モスクワに本拠を置くサイバーセキュリティー会社Group IBは、オンラインの仮想通貨保険サービスを提供する「CryptoIns」と提携し、取引所をリスク順に格付けし、4つのグループで保全範囲を決定した。

第1のグループは最も安全で保証に値しやすく、最後の第4のグループは非常に危険でほとんど保証できない、としている。そしてKrakenはこのグループに分類された。

Group IBの広報担当者は、「基本保険料率は四半期ごとに2.5%で、グループに応じて割引が適用される」と説明。最大割引率は50%で、Krakenの保険料率は1.25%で、業界で最も低い。

第2のグループには多くの取引所が該当した。その中で最も注目されるのは、米国の巨大取引所Coinbase Pro(コインベースプロ)とBittrex(ビットレックス)だ。このグループでは保険者は資産の保証を受けるため1.5%の保険料が必要だ。

最大の取引所グループは保険料が1.9%で第3のグループに属していた。Binance(バイナンス)はこのグループに属し、Circle所有のPoloniex(ポロニエックス)、ビットコイン・デリバティブ取引プラットフォームのBitMEX(ビットメックス)、論争を巻き起こすBitfinex(ビットフィネックス)、韓国の大手Bithumb(ビッサム)などが注目を集めた。

ピアツーピア取引プラットフォームLocalBitcoinsもERC-20ウォレットのMyEtherWalletと同様にこのグループに含まれていた。

そして第4のグループは極めて危険であり、ほぼ保証出来ないと評価された。そこには最近、韓国の投資会社によって買収されたルクセンブルグに拠点を置くBitstamp(ビットスタンプ)、日本のZaif(ザイフ)、TopBTC、およびBit-Zが含まれた。 Bit-ZとTopBTCはそれぞれCoinMarketCapによると、取引量で19番目と24番目に大きな取引所となっている。

最近、価格操作の告発によって問題となった取引所であるYobit(ヨービット)は、最も安全でない取引所とみなされた。

Grope IBとCryptoInsは、保証するにはあまりにも危険である取引所を挙げたにも関わらず、その審査基準などの情報は機密であると述べた。

 

出典:https://nulltx.com/kraken-is-the-safest-exchange-okex-huobi-pro-and-bitstamp-among-the-riskiest-report/
Kraken Is The Safest Exchange, OKEx, Huobi Pro And Bitstamp Among The Riskiest: Report

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    SBI、仮想通貨取引サービス開始。一般は7月予定

    SBIホールディングスは6月4日、子会社のSBIバーチャル・カレンシー…

  2. 仮想通貨全般/経済

    テザー、5億ドル相当のUSDTを消し去る

    Tether(テザー)社は、米ドルとリンクした同社の名と同じ名称のステ…

  3. 仮想通貨全般/経済

    革新的な仮想通貨決済に向けてICEがマイクロソフトやスターバックスと共にBakktを起業

    ニューヨーク証券取引所の親会社であるインターコンチネンタル・エクスチェ…

  4. ブロックチェーン

    ICO規制で中国ブロックチェーンカンファレンスが中止に

    中国のメディア(Caixin)によると中国人民銀行(PBoC)は、多く…

  5. 仮想通貨全般/経済

    全米経済研究所の調査結果「資産にビットコインを組み入れるべきである」

    仮想通貨に投資るすべきかどうかについては、今熱く議論されている話題です…

  6. 仮想通貨全般/経済

    Decentralized化する世界

    米大統領選でヒラリー・クリントンを倒してドナルド・トランプが選ばれた時…

過去記事

新着記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    中国の三大取引所が明日から取引手数料0.2%徴収へ
  2. ビットコイン(BTC)

    フィジカルビットコイン
  3. アルトコイン

    イーサリアムの価格が2017年の高値を更新
  4. ビットコイン(BTC)

    ビットコインはクレジットカードの脅威となる!?
  5. フィンテック

    金融相「異端から革新生まれる」 フィンテック・サミット
PAGE TOP