ビットコイン(BTC)

イタリア政府、ビットコインを通貨として扱い課税する意向を示す

ビットコインで買い物が出来るインフラが整うイタリアでは、個人のビットコイン保有は投機目的にあたらないため、課税されず。しかしながらある一定の基準を超えると課税されるようになる!?

ビットコインを保有するイタリアの企業にとっては、痛い流れのようです。

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    先物取引上場が、ビットコイン経済に与える影響について

    今月11日にはシカゴ・オプション取引所(CBOE)が、18日にはシカゴ…

  2. ビットコイン(BTC)

    フィジカルビットコイン

    ビットコインをもはや本当のコインにして、保管して置く人たちもいます。そ…

  3. ビットコイン(BTC)

    スナップチャットの初期投資家 – ビットコインは2030年までに50万ドルになる

    「スナチャ」の愛称で知られるソーシャルメディアアプリ(画像共有アプリ)…

  4. ビットコイン(BTC)

    Wirexカード個人認証して限度額を上げよう

    カードが手元に届いたら個人認証の申請を「Wirexデビ…

  5. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン取引所を検査 中国中銀、資本流出阻止か

    中国の中央銀行は、インターネット上の仮想通貨、ビットコインの取引所を運…

  6. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン両替サービスZebpay、インド市場で急成長中

    アプリベースのビットコイン両替サービスを提供するZebpay社は最近、…

過去記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

新着記事

  1. アルトコイン

    Xapo、大手企業はビットコインキャッシュ、またはイーサリアムに移行する可能性を…
  2. ビットコイン(BTC)

    金とビットコイン-2017年もビットコインに軍配か
  3. アルトコイン

    Coinbase 2018年1月までにBitcoin Cashの対応はじめる
  4. アルトコイン

    イーサリアムクラシック、香港サミット前に価格が上昇
  5. 仮想通貨、経済ニュース

    ビットフライヤー、業務改善命令を受け新規アカウント作成一時停止
PAGE TOP