ビットコイン(BTC)

ドイツの都市ハノーファーで公共料金がビットコイン支払い可能に

ドイツで電気やガス等を供給するEnercity社は仮想通貨の広がりを受けてビットコインでの料金支払い受付を開始すると発表した。

Enercity社は2700人の社員を待つドイツの地方公共事業会社の一つだ。ハノーファーでは65万人の住民に対して電気、天然ガス、地域熱供給(district heating)、飲用水を供給している。

German Energy Giant Now Accepts Bitcoin for Utility Bills

ピックアップ記事

  1. アルトコイン(オルトコイン)ってなに?
  2. 「ぐるなび」2020年までにビットコイン決済増やす
  3. アナリスト曰く―ビットコインは4桁(米ドル)台に突入するだろう
  4. スマホがSuica決済端末となる実証実験をJR東日本が開始
  5. オーストラリア大手電力会社、ブロックチェーン電力売買の実証に着手

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    2013年の下落と今のビットコインの値動きが別物?アナリストはホールド推奨

    ビットコインの最近の価格急落は、2013年のビットコインの下落と同じ類…

  2. ビットコイン(BTC)

    takaraのカウンターパーティトークン対応版がリリース!

    ビットコインをはじめ、チケットなど地図上に落とされたトークンを、近くに…

  3. ビットコイン(BTC)

    中国はビットコインと仮想通貨取引をまもなく再開予定か?

    中国の仮想通貨業界において信用できるニュースソース「CNLedger」…

  4. ビットコイン(BTC)

    ポーランド政府が正式にビットコインや他の暗号通貨の取引を認知

    ポーランド政府が公式に仮想通貨のトレードやマイニングを”公式な経済活動…

  5. ビットコイン(BTC)

    JPモルガン仮想通貨資産戦略部門を新設、トップに若きリーダーを任命

    大手米国銀行グループのJPモルガン・チェースは17日、仮想通貨資産戦略…

  6. ビットコイン(BTC)

    ビットコインがゴールドの価値を上回る

    先日、ビットコインが3年ぶりに高値を更新したことをお伝えしましたが、勢…

過去記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

新着記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  1. アルトコイン

    リップル、より安定した市場を求めて550億XRPをロックアップ
  2. ビットコイン(BTC)

    ビットコインのような仮想通貨を題材にした海外ドラマがスタート
  3. ビットコイン(BTC)

    Mt.Gox事件の真犯人か?ギリシャでロシア人男逮捕
  4. 仮想通貨、経済ニュース

    仮想通貨の時価総額が合わせて1兆円を突破
  5. ビットコイン(BTC)

    ツイッターCEO「ビットコインがネット社会での決済手段となることを期待している」…
PAGE TOP