アルトコイン

イーサリアム、2度のハードフォーク予告を公式告知

イーサリアムのハードフォークが数日で行われる可能性が高い。

「EIP150ガスコスト変更の為、間もなくハードフォークを行います。」

とイーサリアムの公式サイトで告知がありました。

先月のDevcon2開催の直前から、Ethereumネットワーク上にDoS攻撃(一種のスパム攻撃)が開始されはじめました。
Gethノードがクラッシュして使えなくなるという状況にになり、クライアントアップデートなどで対処パッチが何度も配信されておりましたが、ありとあらゆる攻撃は止むことは無く、ついにハードフォークをしてコントラクト実行のGasコストの引き上げをしないと、根本的な問題の解決にはならないという結果に行き着いたようです。

[Gas(ガス)とは]ビットコインにも手数料が必要なように、Ethereumの送金をするためにスマートコントラクトの実行に必要。Etherから生成され、Etherとガスの変換率はEtherの市場価値に応じて変更が可能。

スパム攻撃を解決するには、攻撃対象になっている部分のガスプライスを引き上げる必要があり、それをハードフォークを行うことで解決することが出来る。という結論となっています。ハードフォーク後はハッカーは攻撃に必要なコストが上昇し、いずれDoS攻撃が止まるというわけです。(逆に言えばガスコストの引き上げをしないと攻撃は止まらないかもしれません)

ちなみにEthereumの兄弟であるEthereum Classicも同様の攻撃を受けているようであり、価格は下落中。ついに本日14日は$1を割り、下落し続けています。

しかしながら、Ethereumは$12付近を大きく振れることなく推移しており、今回の2連続ハードフォーク告知後もリスクオフなどの大きな下落には繋がっていません。ホルダーにとっては、今回のハードフォークがそこまで悪いイメージではないのかどうか今後も警戒が必要です。

参考ブログ
(ビットコインダンジョン)

ピックアップ記事

  1. iPayYouがAmazonで利用できるビットコイン決済サービスを発表
  2. イーサリアム–ハードフォークが無事に成功
  3. 山陰合同銀行、社員食堂で仮想通貨支払い
  4. アナリスト曰く―ビットコインは4桁(米ドル)台に突入するだろう
  5. 領収証のルールが2017年から変更に。ますます進むフィンテック。

関連記事

  1. アルトコイン

    市場はイーサリアムのフォークを望ましいものだったと捉えている – Roger Ver氏

    イーサリアムのフォークの目的は盗まれたファンドの孤立化にあった…

  2. アルトコイン

    ゴールドマンサックスビットコイン取引事業へ参入を検討

    巨大金融グループのゴールドマンサックスは専用のビットコイン取引業務に参…

  3. アルトコイン

    イーサリアム レート動向

    今日のETCのレートは先日までの乱高下が嘘のように、特に午後からは落ち…

  4. アルトコイン

    ビットコインのハードフォーク懸念の陰で急騰したライトコイン

    現在ビットコインはその取引処理能力(スケーラビリティ)をめぐる技術的な…

  5. アルトコイン

    ビットコインゴールド、日本時間11月13日にローンチ予定

    ビットコインゴールドの公式サイトにて、ローンチ日が発表されました。…

  6. アルトコイン

    ビットコインランサムウェアWannaCryの脅威 – Window利用者はご注意を

    世界各地で大規模なサイバー攻撃が相次いでいる問題で、ユーロポール(ヨー…

過去記事

ビットフライヤー
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

新着記事

Twitter

  1. ビットコイン(BTC)

    2013年の下落と今のビットコインの値動きが別物?アナリストはホールド推奨
  2. 仮想通貨市況

    ライトコイン:6月19日の相場
  3. 仮想通貨市況

    ビットコイン、ライトコイン:5月10日の相場
  4. ビットコイン(BTC)

    ウィーンに初のビットコイン銀行が登場
  5. アルトコイン

    イーサリアムクラシックが上場来高値を更新
PAGE TOP