フィンテック

プラットフォームで国際送金ーーウェルズファーゴ、ANZ銀行

ウェルズファーゴとオーストラリア・ニュージーランド(ANZ)銀行が、共有分散型台帳プラットフォームをテスト中であることを明らかにした。

この試みは両銀行間の取引や調節プロセスを向上させる目的で、半年間にわたるブロックチェーン・プロジェクトとして実施されている。Swift(国際銀行間通信協会)経由の従来の国際送金取引を、基盤からくつがえす革命である
 

「安心、素早い国際送金システム」でSwiftの脅威となる?

何十年間もの間、国際送金市場を独占してきたSwiftだが、FinTechの発展により窮地に追いこまれそうだ。

Swiftのシステムでは送金側と着金側、それぞれの通貨で取引が処理されるため、2種類の異なる口座明細が作成され、その後ひとつに統合する調節を行う必要がある。ブロックチェーン国際送金ではそうした手間のかかる作業を排除し、送金スピードを劇的に向上できるほか、国際送金につきものの為替相場の変動や重複手数料なども、透明化することが可能だ。

ウェルズとANZは銀行間で共有できる共有分散型台帳プラットフォームを構築し、業務の効率化を図ると同時に、消費者が安心、かつ素早く海外に送金できるシステムを創出しようとしている。

現在はまだ実験段階だが、プロジェクトの担当者、ANZの門ナイジェル・ドブソン氏は、「テクノロジーをビジネス革命にうまくとりいれ、国際決済に活かすことが可能であることを立証できた」と、テストの成功に満足げな様子だ。今後は実用化に向け、さらなる協議が続けられていくという。

ウェルズとANZはともに非営利ブロックチェーン・コンソーシアム「リナックス・ファウンデーション」に参加し、積極的にテクノロジー革命に取りくんでいる。ウェルズは2013年、独自のデジタル・イノベーションラボも開設。革命の研究やスタートアップの支援にに、非常に熱心な姿勢を見せている。

今回のプロジェクトについては10月13日、シドニーで開催される「オーストラリアFIXカンファレンス」でも詳細が報告される予定だ。

出典:(FinTech online編集部)

https://fintechonline.jp/archives/100772

関連記事

  1. ブロックチェーン

    リップルがイーサリアムの時価総額を超えて2位に。しかしいつまで?

    リップルの勢い再び。XRPは24時間で24.2%増、イーサリアムを上回…

  2. フィンテック

    将来的に自らの業務にFinTech技術を活用する可能性

    8月23日、日本銀行主催の第1回FinTechフォーラムが開催され、「…

  3. ブロックチェーン

    「ぐるなび」2020年までにビットコイン決済増やす

    ぐるなびは今秋までにタブレット端末を使ったPOS(販売時点情報管理)レ…

  4. ブロックチェーン

    「ハワイに仮想通貨を」ブロックチェーン研究組織結成法案が下院通過

    2月3日、ブロックチェーン研究組織の結成を求める法案がハワイ下院を通過…

  5. フィンテック

    みずほ、スマホ決済で新サービス検討 IT2社と

    株式会社みずほフィナンシャルグループ(執行役社長:佐藤 康博、以下「み…

過去記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

新着記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  1. 仮想通貨市況

    ビットコイン:5月26日の相場
  2. ビットコイン(BTC)

    モスクワで初の仮想通貨取引所が開設
  3. ビットコイン(BTC)

    ビットコインはクレジットカードの脅威となる!?
  4. アルトコイン

    イーサリアムが高値の記録を更新 この24時間で40%の値上がり
  5. ブロックチェーン

    スウェーデン政府、3月にブロックチェーン土地登記実証実験
PAGE TOP