ビットコイン(BTC)

イーサリアム–ハードフォークするも止まない攻撃

18~19日の深夜に行われたイーサリアムのハードフォークについて、無事に終了したことをお伝えしましたが

24時間も経たないうちに攻撃は再開し、いまだDos(denial of service)アタックが止まずに続いている件についてCoindeskの記事を抜粋してお届けします。

The Daoが盗まれた際にハードフォークして以降、再び訪れた問題のDos攻撃の唯一の軽減策として、ハードフォークと(ネットワーク機能を正しく入れ替え、マイナー(発掘者)とユーザーがソフトウェアをアップグレード)しました。しかしアタッカーはセキュリティーの穴を狙って再び攻撃しているもようです。

イーサリアムデベロッパーは新しい解決法に急いでいます。イーサリアムファンデーションITコンサルタントのHudson Jameson曰く

「私たちは、第二のハードフォークが発生するまで多少の問題を緩和するために、クライアントのアップデートに取り組んでいます。」

とのこと。

創始者のVitalik Buterinは

デベロッパー達はアタッカーのバラエティに富んだ攻撃に対して、(先日よりお伝えの)2つのハードフォークを用意しており、もう一方の残された2回目のフォークが有効だと信じている。

とのこと。

イーサリアムの憶測

もし2回目のハードフォークが行われたとしても、次にまた何が起こるのか、これらの攻撃は一体どのように、短期戦なのか長期戦になるのかも分からない。と広く懸念されています。そもそものイーサリアムの設計事態に攻撃を受けやすいという意見も多く上がっています。

多くの関係者からは「ネットワークに変更を与える前にそもそも細心の注意が払われているのか?」の声や、IBMのブロックチェーンリーダーからは「彼らはイーサリアムネットワークに1ビリオンドル(約10億円)が入っているということが分かっていない。」との意見も聞かれます。

一方でイーサリアムマイニングファーム、ジェネシスマイニングのCEO(最高責任者)Marco Strengは、
「イーサリアムが以前よりも更に強いものとなるのは明白である。」としています。

多くのスポンサー、ICOを携えているイーサリアム、今後の動向が気になりますね。

出典:(Coindesk)Ethereum Forks But Blockchain Attacks Keep On Coming
http://www.coindesk.com/ethereum-forks-blockchain-attacks-keep-coming/

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    今さら聞けない、「ビットコイン」について知っておきたいこと

    巷でビットコインという言葉を耳にすることが多くなってきていませんか?と…

  2. ビットコイン(BTC)

    米大統領の発言に反応か?ビットコイン3週間ぶりに11万円台へ

    本日2月1日ビットコインは値上がりし、価格が約3週間ぶりに11万円台に…

  3. ビットコイン(BTC)

    海外ファンドもビットコインに投資

    今月に入り順調に価格を上げてきているビットコイン。今現在日本円にして6…

  4. ビットコイン(BTC)

    ベネズエラ、ビットコイン購入の波再び

    仮想通貨を直接売買出来るサイト「LocalBitcoins」のデータに…

  5. ビットコイン(BTC)

    ビットコインの使い勝手とコスト

    いよいよ大衆紙の日刊ゲンダイにもビットコインのことが記事になりはじめ、…

  6. ビットコイン(BTC)

    リップルが”SWELL”を発表でXRP価格は下落

    Rippleがカンファレンス「SWELL」をカナダ・トロントにて10月…

過去記事

新着記事

  1. ブロックチェーン

    イーサリアムをベースにブロックチェーンで投票システム
  2. アルトコイン

    ICO相次ぎ買い殺到でイーサリアムが下落
  3. 仮想通貨市況

    ビットコイン、リップル、ライトコイン、イーサリアムクラシック:7月24日の相場
  4. 仮想通貨、経済ニュース

    サクソバンク「第2四半期、仮想通貨の強気相場のはじまり」の可能性
  5. アルトコイン

    リップルが26億円相当のXRPをベンチャーファンドに出資
PAGE TOP