ブロックチェーン

富士通研究所、2種類のブロックチェーンセキュリティ技術を発表

富士通研究所とFujitsu Laboratories of America(FLA)は10月19日、ブロックチェーンのセキュリティ強化技術として「トランザクション機能限定技術」「秘密分散鍵管理によるブロックチェーン上の文書秘匿化技術」の2種類を開発したと発表した。この2種類のセキュリティ技術とはどのようなものなのか?

その1「トランザクション機能限定技術」

ブロックチェーンでの取引の実行には利用者ごとにデジタル鍵が必要となるが、鍵の紛失で送金ができなくなったり、鍵の盗難で口座のお金を全て使われたりといったことが指摘されていた。トランザクション機能限定技術は、送金などのトランザクションを実行する際に、利用先を特定の店に限定するなど事前に設定したポリシーに基づいて取引を制限できる。ポリシーを満たさない取引はブロックチェーンに記録されないため、万が一、鍵を盗まれた場合でも被害を限定的にすることが可能になる。

161020_fujitsu_001
特定の店だけで利用可能な電子通貨(富士通提供)

その2「秘密分散鍵管理によるブロックチェーン上の文書秘匿化技術」

ブロックチェーンでは、文書を格納することで原本性の保証を確実にするが、秘密情報が含まれる文書も全ての利用者に内容が公開されるという問題があった。秘密分散鍵管理によるブロックチェーン上の文書秘匿化技術は、複数の利用者で異なる鍵の断片を持ち、一定数の断片がそろうと鍵が生成される秘密分散鍵管理の秘匿制御システムである。

これにより、契約書の機密部分は鍵の断片を持つ当事者が協力するときにのみ情報を登録、閲覧でき、一般利用者には見せないようにする秘匿制御が可能になった。鍵を紛失した際に協力者による救済を実現したり、高額な取引などの稟議で複数管理者の承認を必須にしたりといったワークフローを実現できる。

161020_fujitsu_002
ブロックチェーン上の文書秘匿化(富士通提供)

今後、富士通研究所とFLAは、今回開発した技術を機密情報や個人情報を組織間で安全に取り扱えるクラウド基盤に実装していく。さらに金融分野などでブロックチェーンの業務適用を想定した検証を進め、2017年度以降の実用化を目指すようです。

出典:富士通研究所、ブロックチェーンのセキュリティ強化技術を開発
http://japan.zdnet.com/article/35090862/

ピックアップ記事

  1. みずほ銀行 新たな決済サービス、エムウォレット設立
  2. 楽天 三木谷氏×MIT – 伊藤氏 「Fintech革命に日本が取り…
  3. 2016年ビットコインを振り返る
  4. リップルがイーサリアムの時価総額を超えて2位に。しかしいつまで?
  5. イーサリアム レート動向

関連記事

  1. ブロックチェーン

    金融インフラは未来ブロックチェーンに置き換わる

    「金融インフラは未来ブロックチェーンに置き換わる」WEFがレポートを公…

  2. ブロックチェーン

    「ぐるなび」2020年までにビットコイン決済増やす

    ぐるなびは今秋までにタブレット端末を使ったPOS(販売時点情報管理)レ…

  3. フィンテック

    「楽天ブロックチェーン・ラボ」を英国に開設へ

    楽天、「楽天ブロックチェーン・ラボ」を英国に開設へ。金融やEコマー…

  4. フィンテック

    ソラミツ、楽天証券ブロックチェーン技術で共同開発開始

    ソラミツ、楽天証券は8月23日、ブロックチェーン技術を利用した本人確認…

  5. ビットコイン(BTC)

    アップルのiMessageで国際送金が可能に

    P2Pを利用した決済アプリ「Circle Pay」が、iOS 10から…

過去記事

ビットフライヤー
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

新着記事

Twitter

  1. アルトコイン

    イーサリアムの価格が9ヶ月ぶり安値を更新
  2. 仮想通貨、経済ニュース

    インド銀行、亡くなった父親の残した現金を拒否
  3. ビットコイン(BTC)

    ハッシュパワー取引所ナイスハッシュ、6400万ドル相当のビットコイン盗まれる
  4. ビットコイン(BTC)

    タイでビットコイン利用が増える可能性のある4つの理由
  5. アルトコイン

    ロジャー・バー「仮想通貨資産の大半をビットコインキャッシュで保有している」
PAGE TOP