アルトコイン

イーサリアムクラシックのクラウドファンディング「ETCWin」

Ethereum Classic(以下ETC)のデベロッパーのドンことChandler Guo氏が熱烈なエールを送る”ETCWin”が遂に本格始動。

The Daoの問題でイーサリアムから生まれた(いや、オリジナルの)ETCは、ここ最近価格が下落続き。発行直後は一時300円を超えることがあったのも、今や100円を切りそうな状況です。そこへ救世主のごとく(?)現れたETCWinは、ETCの価格を再び上昇へ導くことが出来るのでしょうか?5日ほど前、ETCが一瞬20%以上の値上がりを見せた日があったことをお伝えいたしましたが、それはこのICO発表が作用したのではないかと言う見方もあります。

参加者を募っているサイト(こちら)は中国語のみで記載されている為、ICOの詳細は不明ですが、そのサイトによりますと下記の情報が掲載されています。


期間:2016年10月17日15:00~11月23日23:59まで

資金調達額:540,000 ETC(日本円約58,860,000円)

目標額:800,000 ETC

達成率:67.56%

(1ETC約109円で計算、10/22現在)


500ETCから参加可能のようで、4種類の投資額が設定されています。
WIN(トークン)が付与され、5000ETC以降は出資額によりボーナストークンが貰えるようです。

500ETC=500WIN
5000ETC=5200WIN
20000ETC=21500WIN
50000ETC=55000WIN


・ICO期間中はイーサリアムクラシック(ETC)支払いによって追加の2%のボーナスがもらえる。

・ETCWinプロジェクトはイーサリアムクラシックを使ったクラウドファンディングしか行わない。

・イーサリアムクラシック(ETC)が上昇した場合は投資者に対して基本となる換算テーブルに基づいてWINを分配。また残りのトークンはテクニカルチームの物とする。

・WINの買戻し(WIN→ETC)を毎月限定数で行う。


以上はこのICOのサイトに中国語で記載されていますので、間違い等ある場合がございます。
続報が入り次第、お知らせしていきたいと思います。

ピックアップ記事

  1. イーサリアムをベースにブロックチェーンで投票システム
  2. 富士市、ブロックチェーンで商店街を活性化。
  3. スウェーデン政府、3月にブロックチェーン土地登記実証実験
  4. 「ロボアド」をご存知ですか?
  5. リップルがイーサリアムの時価総額を超えて2位に。しかしいつまで?

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    《注意喚起》Power BTCは詐欺!?

    PowerBTCというサイト、ビットコインを10%も高く(しかも手数料…

  2. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン—2017年春メドに消費税の課税対象外へ

    財務省と金融庁は12日、ビットコインなどの仮想通貨を買う際の消費税につ…

  3. ビットコイン(BTC)

    ポーランド政府が正式にビットコインや他の暗号通貨の取引を認知

    ポーランド政府が公式に仮想通貨のトレードやマイニングを”公式な経済活動…

  4. ビットコイン(BTC)

    JPモルガンの発表に驚き「ビットコインの先物を検討」

    ウォールストリートジャーナルの報道によると、米金融大手JPモルガン・チ…

  5. アルトコイン

    盗まれたイーサリアムがETCとしてホルダーの元へ返還開始

    本日8月31日10時頃から、盗まれたイーサリアムがETCとしてホルダー…

  6. ビットコイン(BTC)

    マウントゴックス債権者への配当検討 破綻時より価値5倍

    仮想通貨「ビットコイン」の取引所マウントゴックスで巨額のビットコインが…

過去記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

新着記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  1. ビットコイン(BTC)

    400万近いビットコインが失われている事実
  2. 仮想通貨、経済ニュース

    中国のビットコイン投資家 代わりにP2P取引を利用
  3. ビットコイン(BTC)

    ビットコインがベネズエラの経済危機を救う
  4. アルトコイン

    ビットコインのハードフォーク懸念の陰で急騰したライトコイン
  5. フィンテック

    金融相「異端から革新生まれる」 フィンテック・サミット
PAGE TOP