shutterstock_270844658_620

仮想通貨ってなに?

ビットコインとは?(簡単に解説!)

ビットコインとは何か?

インターネット上に存在する仮想通貨。あくまでも仮想なので円やドルのように実態のあるものではなく、通貨を想定したものです。手にとって目に見える姿形が存在しません。プログラミング言語で書かれたソフトウェアであり、ビットコインは世界で初めてブロックチェーン上で走る「仮想通貨」です。2009年に日本人の中本哲史(Satoshi Nakamoto)さんによって仕組みが作られたと言われています。(明確な証拠は無く謎の多い部分です。)

単位はBTC(ビーティーシー)建てで数えます。ちなみにビットコインの最小単位は「0.00000001BTC」です。これは生みの親の名前が由来となり、最小単位を「1 Satoshi(サトシ)」とも読みます。

他にもイーサリアム(Ethereum)やイーサリアムクラシック(Ethereum classic)、リップル(Ripple)やライトコイン(Litecoin)などの750種類以上の仮想通貨が存在すると言われています。

ビットコインは最初にできた仮想通貨なので知名度が高く、最も出来高(取引高)の高い時価総額1位の仮想通貨です。

ゲームの仮想通貨とは違うの?

オンラインゲームなどをしている方は、円でコインを購入し、ゲーム内で使える通貨に馴染みがあるはずです。しかしそのコインは特定の場所やゲーム内でのみ使える仮想通貨です。しかしこれらには管理者(発行元)が存在します。これらは企業によって作られて、利用者を囲い込むことによって運営主体(=ゲームや Web サイトの運営会社)が利益を上げることを目的としています。

一方のビットコインは、国家単位で運営されている円やドルと同じく、経済活動を円滑に進めるために作られた仮想通貨なのです。ビットコインは、現状では投機目的が大半となっていますが、世界中で日常生活に「使える」ようにすることを目指して作られています。パソコンやスマートフォンをお財布代わりにして、物の売買が実現できるようにつくられています。

電子マネーとも違うの?

日本国内の例であれば、円での支払いをより便利にするために、(お財布の中身を減らしたり、すぐに支払えるなどの利点で)円の紙幣や硬貨の代わりとして電子マネーがあります。そのため、利用者は持っている円を電子マネーの端末に入金したり、あるいは電子マネーでの支払いの際に利用される銀行口座にお金を入れておく必要があります。紙幣や硬貨を使わずに、電子的に決済をしていますが、実際には円という通貨をやりとりしていることには変わりありません。

ビットコインは、何らかの端末に円をチャージするというものではありません。ビットコインを利用して商品を購入する際には、まず手持ちの円という通貨をビットコインという通貨に両替しなくてはなりません(海外旅行に行けば、その国の通貨に両替しますよね?その両替と同じです。)円をビットコインに両替してはじめて、ビットコインでの支払いができます。

両替をしたその後の支払いの流れは、一般的な電子マネーと同じです。ビットコインでの支払いを受け付けているお店(日本ではまだ少ないですが)で、電子的にビットコインでの決済ができます。

ビットコインは、円やドルと違って仮想ではありますが同じく通貨です。ですから価値の変動があります。

電子マネーは、貨幣を使わないで決済できるようにする仕組みのことです。仮想通貨=電子マネー、とは言えません。

ビットコインの特徴

・中央銀行つまりは管理者が存在しない
・送金手数料が安い
・採掘(マイニング)でビットコインの数が増えていく
・供給量の上限が決まっている

中央銀行つまりは管理者が存在しない

発行や管理をしている政府や中央銀行が存在しません。

中央で管理する団体が存在しないため、decentralized currency(分散通貨または非中央集権通貨)と呼ばれています。中央機関が存在しないということは、あなたのウォレットにビットコインを入れておけば、銀行の諸事情や経済情勢によって口座が凍結されたり、差し押さえされたりするようなリスクがありません。

しかし逆を言えば、ビットコインの価値が暴落したり、またはゼロになってしまった場合でもその損失は誰も補償してくれません。ウォレットがハッカーによってハッキングにあった場合でも同く補償されません。(ウォレットにはオンライン上に無いウォレットもあります。その場合はネットワークを介してハッキングされることはありません。)

今まで銀行に預けていれば守ってくれたものが、今度は自分でセキュリティ管理を行うわけです。

shutterstock_486743635

送金手数料が安い

ドルや円を送金するときには、通常は1度の送金で最低2000円以上は手数料を支払うことが多いはずです。あなたのオンライン銀行口座から送金するには、予め送金先を銀行に登録しておく必要があることの方が多く、そうでない場合は銀行の窓口で長々と用紙に送金先の詳細や送金理由など必要事項を書き込み、高い手数料を払って、やっと送ることができるわけです。

現在、この国際送金にはSWIFT(国際銀行間金融通信協会)という会社のネットワークを使って行われることが多く、送金には高い手数料と数日の時間が掛かります。しかしブロックチェーンが生まれた今は、このSWIFTを使うしか無かった送金方法に、革命が起きようとしています。そのため大手銀行は現在、ブロックチェーンを使った送金システムの開発に着手しています。これが実社会に反映されると国際送金が瞬時に、安く行えるので個人のほか大手会社の取引は一段とスムーズにコスト安で行えることになります。

採掘(マイニング)でビットコインの数が増えていく

ビットコインの供給量は採掘(マイニングと言う)をすることで増えていきます。マイナー(採掘者)はソフトウェアを使い、パソコンにとても複雑な計算をやらせて、解くことができたら報酬としてビットコインが手に入ります。

マイナーからしてみれば、ビットコインを手に入れたいので、パソコンの余剰能力をネットワークのために提供しますが、実際にはその余剰能力は他人のトランザクションの承認作業を手伝うこと、つまりビットコインネットワークを維持するために使われています。

マイニングするために使用されている無数のコンピューターネットワークを介して、送金などのトランザクションが成立する仕組みです。これをPeer to Peer(ピア・トゥ・ピア)といい略して「P2P」方式と呼ばれています。

ビットコインが最初に出回り始めた頃はビットコインを採掘できる量は多かったのですが、時間が経てば経つほど採掘できる量が減っていくようなシステムが組まれているため、現在は昔のような量を採掘することはできません。

また、ライバルも格段に増えたので、採掘はとてもハードルが高くなりました。ITのプロ集団が組織レベルでビットコインの採掘に力を入れているので、多くのビットコインが彼らによって先に採掘されてしまいます。このIT集団やプロの組織を「Mining pool (マイニングプール)」と呼んでいます。

マイニングプールは、多くのコンピューターを1箇所の大きなスペースに何百台も集めてマイニングをします。それには電気代をはじめ莫大なコストが掛かるので、中国など電気代などの安い場所で行われているマイニングプールには有利となります。

供給量の上限が決まっている

ビットコインは金(ゴールド)のような性質を持っています。どういうことかというと、人間が作為的に作りだしたものではなく、埋蔵量の絶対量も決まっており、それに人間が価値を見出して高値で取引しています。ビットコインは金と同じく発行主体を持たないので、もし価値が暴落しても誰も責任をとれる存在はありません。

そして金と同じく採掘する度に供給量が増えていき、最終的に市場に出回るビットコインの数は最大で20,999,999.9769BTCになるとされています。

ビットコインはデジタルなゴールドであると言えるかもしれません。

ピックアップ記事

  1. 中国の三大取引所が明日から取引手数料0.2%徴収へ
  2. ビットコイン1700ドル突破 年初来80%高
  3. iPhoneでApple Payの提供開始
  4. 大手Ernst & Youngが来年からビットコイン払いを受領へ
  5. ETCがまもなくDAppをリリース告知!!

関連記事

  1. 02938254371461924597_lr4KGA3Iim

    ブロックチェーン

    ビットコインを超える「イーサリアム」とクラウドセールについて

    イーサリアムとクラウドセールについて簡単に書かれた読みやすい記事を見つ…

  2. 20161222_b

    仮想通貨ってなに?

    アルトコイン(オルトコイン)ってなに?

    アルトコイン(または、オルトコイン)とは、alternative co…

  3. 20161116

    仮想通貨ってなに?

    ICOってなに?

    最近よく耳にするICO。さて、「ICO」とは一体何なのか?IC…

らくらくFX

BTCをコンビニから1日20万円まで出金する方法

  1. 20170721
  2. 20170720

あなたにおすすめの記事

  1. 20161114
  2. hardfork
  3. 20170525
  4. 20161217
  5. 20161227
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

Twitter

  1. 20170120

    仮想通貨/ビットコイン

    あなたは何番目?ビットコインお金持ち順位がこれで分かる
  2. 20161207

    フィンテック

    日本初!ミニバンレンタカーの支払いにビットコイン決済機能を搭載
  3. 20170427

    仮想通貨/ビットコイン

    米投資会社 イーサリアムクラシックファンドをローンチ
  4. 20170726

    仮想通貨/ビットコイン

    BitcoinCash取り扱いについて海外取引所の反応
  5. hacker

    仮想通貨/ビットコイン

    BitcoinTalk.orgの顧客データベースがDarkWebにて売りに出され…
PAGE TOP