フィンテック

iPhoneでApple Payの提供開始

Appleが提供する電子決済サービスApple Payの提供が日本でもはじまりました。Apple Payを利用すれば、Suicaカードを持っていなくても、iPhone7をかざすだけで改札を通り抜けられるようになります。

ユーザーにとって待ちに待った導入当日、JR東日本のIC乗車券であるSuicaカードを登録するシステムがまさかのダウン!初日の朝に早速登録しようとするユーザーが大変多かったようです。

日本で非常に人気のあるiPhone、そのおサイフケータイとも言えるApple Payの登場によって、決済環境は大きく変わり、企業にはいろいろな影響が出ることでしょう。このApple Payとはどういうものなのでしょうか?気になりますよね。

その仕組みとは?

実はiPhone6/6Plusにも搭載されていたNFC (Near Field Communication)機能によって、非接触型(かざすだけ)の電子決済サービスは可能でした。しかし、このNFCは海外ではTypeA/Bというものが主流であり、iPhone6/6Plusはこれにのみ対応していました。アップルはまず海外向けにこの電子決済システムを搭載していたのです。

一方、日本ではソニーによる「FeliCa」が一般的に利用されており、今回アップルはiPhone7で初めてこのFelicaにも対応しました。iPhoneユーザーが多い、日本を非常に意識した試みだと思われます。
(アップルが日本を意識した部分は非常に多く見て取れます。他にも9月のアップル新製品発表会では、日本の会社、任天堂の新しいスマホゲーム、スーパーマリオランと同時に発表されました。)

日本でのApple Payサービスは大きく分けて以下の2つに分けられます。
・電子マネーのシステム(Felica)を活用したSuicaなど交通系電子マネーとして利用
・クレジットカード決済

iPhoneのApple Payでは、クレジットカードやSuicaの情報をiPhoneに登録することが必要になります。その登録した情報を使って電子的に決済できるようになるという仕組みなのです。

ズバリ!Apple Payの便利なところは?

iPhoneやiPhone Plusを使った電子決済サービスであるApple Pay。「クレジットカードやSuicaを持ち歩かなくてよい」「iPhoneだけで買い物の決済が出来る」いろいろなメリットが挙げられるが、この章でそれらについて整理する。

・モバイルSuicaで電車に乗車できる
・iD, Quick Payといった電子マネーサービスで買い物ができる
・クレジットカード決済ができる
・ANAのチケットレス航空券サービスに対応しているためiPhoneだけで飛行機に乗れる

これらの機能はSuicaであっても「無料」で使えるそうです。これはモバイルSuicaをAndroidや従来型携帯電話で使うと月額料金が1030円かかることを考えても大きなメリットがありますね!

applepay_card
(Apple Payに対応しているクレジットカード会社)

Apple Payを使う時はここに注意!

・EX-IC(東海道・山陽新幹線のICカードを利用した予約・乗車システム)が利用できない
・銀行口座からのチャージできない
・一部のネット決済サービスが利用できない
・AndroidなどでモバイルSuicaを使っていた場合で、再発行登録していた場合はiPhoneに引き継ぐことができない

Androidや従来型の携帯電話でモバイルSuicaを使っていた場合は、注意が必要ですね。

金融機関の脅威

Appleは従来からWalletなどでカードの履歴を管理しているため、Apple Payと組み合わせることで、より便利なサービスが展開され、クレジットカード会社には不都合なことも出てくるでしょう。Apple PayによってAppleがクレジットカードを介さない独自の決済システムを設定してしまう可能性もあり、そうなると既存の金融機関などにとっては脅威となります。今後Android Payが開始されないとも限らず、金融機関等もより魅力的なサービスが必要になるでしょう。

アンチ仮想通貨のアップル?

アップルは最近、いくつかの海外の仮想通貨ウォレットアプリ(Jaxx)を承認しませんでした。理由は、アップルが「ETC(イーサリアム・クラシック)」や「DASH(ダッシュ)」などの仮想通貨を取り扱うことを禁止したのをアプリ製作側が聞き入れなかったためですが、このApple Payの独占的立場を築く為だとも噂されています。日本国内で言えばFactom(ファクトム)の取り扱いを始めたCoincheck(コインチェック)などアップルが承認していない仮想通貨なので、今後iPhoneの判断が気になるところ。

勢いを増す仮想通貨業界、新しいサービスを打ち出すアップル、今後の動向に益々注目です。

出典:iPhoneでモバイルSuica? Apple Payが日本の決済環境・企業にもたらす意味、影響とは
ttps://zuuonline.com/archives/126431

関連記事

  1. フィンテック

    金融庁、スイス当局とフィンテックで連携

    シンガポール金融管理庁(MAS)は12日、スイスの連邦金融市場監督機構…

  2. フィンテック

    キャンペーンのプレゼントにまでビットコインが採用される時代

    スマホで出来るオンラインくじ「LOT-BOX」ではキャラクターを使った…

  3. フィンテック

    領収証のルールが2017年から変更に。ますます進むフィンテック。

    税制改正に伴い、2017年から領収書の取り扱い方が変更になるもよう。な…

  4. フィンテック

    最新の株価指数「Finteq指数」とは?

    現在、株価指数は、世界各国で導入され、それぞれの国の経済状況を知る上で…

  5. フィンテック

    みずほ銀行×ソフトバンク「フィンテック貸金業」

    みずほ銀行とソフトバンクは9月15日、貸金業サービスの提供を目的とする…

  6. フィンテック

    将来的に自らの業務にFinTech技術を活用する可能性

    8月23日、日本銀行主催の第1回FinTechフォーラムが開催され、「…

過去記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

新着記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  1. 仮想通貨、経済ニュース

    ロシアのホテル、ワールドカップ観戦宿泊者のビットコイン支払い受け入れ
  2. ビットコイン(BTC)

    ドバイのタワーマンション、ビットコインで買えます
  3. ビットコイン(BTC)

    ハッカー集団がNSAの情報に対して身代金を要求
  4. アルトコイン

    ETCがまもなくDAppをリリース告知!!
  5. ビットコイン(BTC)

    ビットコインの含み益が300万円に!
PAGE TOP