ビットコイン(BTC)

持ち主が亡くなった場合ビットコインはどうなるの?

ビットコイン所有者が亡くなってしまった場合、銀行と違い預金通帳やカードが存在せず、秘密鍵は本人のみが知ることが多い。このようにビットコインなど仮想通貨はどうなってしまうのか?

不測の事態が起こった場合のビットコインや他の暗号通貨の元の持ち主から相続人への所有権の移転は、暗号業界ではまだ適切に定義されていない重要な問題である。

ビットコインの本当の所持者は誰か?

セキュリティ上の理由から、特定の個人のウォレットへのアクセスは、本人のみしか法的に許されていない。ログインの詳細や、それぞれのウォレットへのアクセスの方法の詳細を誰かと共有する場合は自己責任とされる。

対応する秘密鍵を持っている場合のみ、ビットコインを所持することが出来る

オンライン・ウォレットは、基本的に分散型プラットフォームに置かれている。これは、言い換えれば、そういったプラットフォーム自体は、特定の個人やグループによって所有されておらずコントロールされていないということを示している。

最終的には、個人のアカウントに属している鍵にアクセス不能になった場合は、Eメールへのログイン時を含み、個人の所有物が誰にも見つけることが出来ない巨大な空間にポツリと存在し続けることになり、永遠に行方不明になってしまうことを意味している。

不測の事態に備えての対応策

つまるところ、亡くなった親族からビットコインを回収するのは困難か、或いは不可能に近いと思われます。ビットコインが大手取引所に預けられていた場合や、第三者の手によって管理されていた場合は、不動産弁護士などをあたって、あなたが新たなアカウントの所有者であることを証明できれば可能かもしれません。

対応する秘密鍵を持っている場合のみ、ビットコインを所有することが出来ます。

最も実用的な方法としては、遺言書に秘密鍵を書き留めておくか、秘密鍵の半分を弁護士に預け、残り半分を遺言執行者に預けておくことが一番良いかと思われます

今後の可能性

現在のところ、秘密鍵を自分の死後何らかの形で家族に伝えられるように段取りしておくしか方法がなさそうですが、将来的には所有者が生前に遺言を認められなかった際に、自動的にビットコインを残された遺族へと手渡すスマートコントラクトのような自動化されたシステムが今後生まれる可能性は大いにあると思われます。

そんな便利なサービスが生まれるまでは、多くのビットコインを持っている人は、事前対策が重要です。

出典:持ち主の死後、ビットコインはどこへ行くのか?
https://jp.cointelegraph.com/news/where-will-a-dead-mans-bitcoins-goJP/jp

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ランボルギーニ専門店 ビットコインでの支払い受付け開始

    カリフォルニア州ニューポートビーチのランボルギーニ専門販売店Lambo…

  2. ビットコイン(BTC)

    中国政府主導の会合、ビットコインを非難の裏側で

    10月12日の北京で、国際電気通信連合(ITU)と中国社会科学アカデミ…

  3. ビットコイン(BTC)

    400万近いビットコインが失われている事実

    金の延べ棒が航海中に海に沈んだり、100ドル紙幣が燃えてしまうように、…

  4. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン両替サービスZebpay、インド市場で急成長中

    アプリベースのビットコイン両替サービスを提供するZebpay社は最近、…

  5. ビットコイン(BTC)

    中国3大ビットコイン取引所に問題発覚

    仮想通貨「ビットコイン(BTC)」の中国3大取引所がそろって違法行為を…

  6. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン購入時の消費税を非課税に、金融庁が求める

    海外では仮想通貨を非課税とする国が多く、主要7カ国(G7)で課税してい…

過去記事

新着記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  1. 仮想通貨市況

    ビットコイン、ライトコイン:5月10日の相場
  2. アルトコイン

    ビットコインゴールドを利用した詐欺により300万ドルの被害発生
  3. ビットコイン(BTC)

    中国の3大取引所、引き出し停止を延長でビットコイン下落?
  4. アルトコイン

    インド”Bitcoin”よりも”Ethere…
  5. ビットコイン(BTC)

    またもやビットコインが2016年のベストパフォーマンス通貨に輝く
PAGE TOP