20161116

仮想通貨ってなに?

ICOってなに?

最近よく耳にするICO。さて、「ICO」とは一体何なのか?

ICO(アイ・シー・オー)とは、Initial Coin Offeringの略で、株式でいえば、IPO(Initial Public Offering:新規未公開株)に引っ掛けたものです。

仮想通貨においてのICOとは、仮想通貨を新しく発行し、一般に売り出すことで資金を調達することを指します。

株式のIPOの場合は証券会社が売り出しを行いますが、仮想通貨のICOの場合、コインの開発元が仮想通貨取引所と連携して行う場合が多いです。
 
IPOを通して一般に売り出した後はProof of Work(PoW)やProof of Stake(PoS)のアルゴリズムで供給量が増えていくカレンシータイプの仮想通貨もあれば、コインの開発元が供給量を決めるアセットタイプの仮想通貨もあります。
20161116_04
 
 

暗号通貨は、発行主体が無いのでは?

厳密にいえば、発行体がない通貨型のビットコインやアルトコインに対して、発行体が存在するコインもあります。

発行体がある暗号通貨を、一般に暗号アセットとか、暗号トークンという。

トークンというのは、そのトークンを支払うことで何らかのサービスを得られるという意味で、通貨型のものとは違います。

運営主体が、開発費を捻出するための資金調達を行うのです。この売出しがICOです。
20161116_03

 

 

なぜ、ユーザーはICOに参加して、これらの暗号トークンを買うのか?

 
開発元は資金を調達したら、売り出した仮想通貨の開発を続けたり、新機能をつけたり、マーケティングにお金を投入して、開発した仮想通貨を広めていく活動に使っていくことができるようになります。
 

つまり、ICOをで仮想通貨を購入することは、「ベンチャー投資」の一種だと考えられます。

まず、第一に、プロジェクトをバックアップするという意味合いがあります。これらのアプリでは、運営者は株式会社ではないのが普通で、アプリもオープンソースです。資金調達の手段が限られます。そのため、サービスがリリースされたときに、そのなかで使えるトークンを事前に買うということでバックアップをする。クラウドファンディングと同様です。株を買うのではなく、サービス受益権の事前販売という位置づけになる。

第二に、ユーザーは、トークンを持つことでネットワークに積極的に参加し、広める利点が出てきます。サービスが広まって、その利用価値があがればあがるほど、自分のもつトークンの価値が上がるからです。初期にサポートしたユーザーはトークンの利用価値以外に、キャピタル・ゲインを得ることが出来ます。

おどろくべきことに、これらのトークンは、市場で売買が可能になっています。もちろん円やドルではなく、ビットコインとの交換レートによる売買ですが。つまり、公開株式のような形で、これらのトークンも市場で公開されて、日々値が付いていくのです。トークンは暗号通貨のテクノロジーをつかっているので、サービスの外部に持ち出せて、手数料はほぼ無料で送金したり交換したり、貯めておくことも出来ます。(※トークンによっては即時換金が出来ない場合もあります。)

あるアプリをつくりたい人は、そのアプリの設計図やプロトタイプを示し、そのアプリ内で使える暗号トークンをつくり、それをICOする。その資金でアプリをつくる。そのアプリが有用で、ユーザーが増えた場合、トークンを買った人と開発者にキャピタルゲインがもたらされるという訳です。

20161116_02

                                                                                                                                                                                                                    
     
将来価値が上がるかもしれない新種の仮想通貨を(ビットコインを使って)いまのうちに購入することであなたはベンチャーのプロジェクトをサポートする投資家になれるということです。

これから世の中はIPOを行う仮想通貨で溢れかえると思います。そのため、将来性がありそうな通貨を探す、「通貨選び」が大切になっていきます。いまのうちにリサーチ力を高める努力をしていきましょう。

出典:暗号通貨建ての資金調達(ICO)とはなにか?
http://doublehash.me/what-is-ico/

出典:仮想通貨のInitial Public Offering(IPO)とは何か
ttps://genxnotes.com/post/id/what-is-ipo

ピックアップ記事

  1. インド高額紙幣の無効、民衆大混乱!
  2. 世界初、車内からガソリン代決済。Honda、Visa共同開発。
  3. 中国人民銀行、「法定数字貨幣(仮想通貨)」導入に向け本気?
  4. フォーク懸念の中 ビットコインを買っているのは誰?
  5. ビットコイン対応店舗、年内に国内2万カ所へ拡大めざす

関連記事

  1. 20170301

    仮想通貨ってなに?

    急増するビットコインATM ロシアに初の設置

    ロシアの第二都市サンクトペテルブルクに、珍しくロシア製のビットコインA…

  2. 20161222_b

    仮想通貨ってなに?

    アルトコイン(オルトコイン)ってなに?

    アルトコイン(または、オルトコイン)とは、alternative co…

  3. 02938254371461924597_lr4KGA3Iim

    ブロックチェーン

    ビットコインを超える「イーサリアム」とクラウドセールについて

    イーサリアムとクラウドセールについて簡単に書かれた読みやすい記事を見つ…

  4. shutterstock_270844658_620

    仮想通貨ってなに?

    ビットコインとは?(簡単に解説!)

    ビットコインとは何か?インターネット上に存在する仮想通貨。あくまで…

らくらくFX
為替レートは

あなたにおすすめの記事

  1. 20161124
  2. 20170411
  3. f3d1b30d
  4. 20170227
  5. a28456ee-aa0e-43de-9f94-345243d78e7b-500x300

Twitter

  1. 20161228

    仮想通貨/ビットコイン

    ビットコインが11万円後半に
  2. 20161121_03

    仮想通貨/ビットコイン

    インド – 通貨危機の中、ビットコインを900ドルで買う人も
  3. 164084_orig-500x300

    仮想通貨/ビットコイン

    ビットコイン急上昇の謎
  4. firstblood-500x300

    ブロックチェーン

    「”e-sport”のイーサリアムICOが瞬殺で完売!」…
  5. 20170206

    ブロックチェーン

    ブロックチェーン推進協会 設立8ヶ月弱で加盟企業数が100社を突破
PAGE TOP