ビットコイン(BTC)

ビットコインがベネズエラの経済危機を救う

ロイター通信によりますと、子供を捨てる母親もいると悲惨な状況の中、食料や薬が不足し、ベネズエラの人々が飢えているようです。

彼らは1ヶ月約6ドルで生活し、1度の鶏肉料理で彼らの1ヶ月の給料が吹っ飛んでしまう事態であり、貧困層にある数千人のベネズエラの家族にとって難しいクリスマスとなるだろう。そのうちのいくつかは深刻な飢餓に直面している。BBCが伝えています。

一度は南アフリカでも最も豊かな国になりましたが、その後は急激な原油価格の下落が社会主義政府の景気後退を招き、インフレを誘発してしまいました。政府は紙幣を更に発行し、それを抑えようとしましたが昨年180%だったものが500%のハイパーインフレになるとIMF(国際通貨基金)は予想しています。

現在の最高額紙幣は50ボリバルで、0.01ドルに相当する。つまり、ベネズエラの人々が1ドルのコーラがあったとして、それを買うために50枚もの50ボリバル札が必要という状況です。

20161219_01
インフレにより、紙幣価値が暴落。大量のお札を持ち歩くしかない。

20161219_02
スーパーには食良品が不足している。(写真:Daily Mail Online)

ベネズエラで最も人気のあるSur Bitcoinでは、1BTCが2,150,047ボリバルの値を付け、Googleの為替表示計算だと、20万ドル以上(約2,000万円)の価値があることになってしまいます。ただそれはあくまでも公式レートであり、実際のマーケットでは現在、1ボリバル約4000ドルま切り下げて取引されておりビットコイン価格は約537.52ドルになります。

ベネズエラでは現在、現金が不足しています。先日、少し触れましたがベネズエラでは、高額紙幣の100ボリバル札(2セント)が突然廃止されました。これらが混乱を来たし、10代の少年が銃で撃たれ死亡するなど悲惨な事件も起きています。

チップで6ドルをくれる隣国のリッチなアメリカ人や、その他の富裕層が救い出してくれるのでしょうか?いいえ、時代は少し変わってきています。ある有名なビットコインフォーラムではビットコインや食料を貧困層に届けようと言う動きがあります。これが多くの人の目に触れることになれば、もっと多くの救いの手を受けられるかもしれません。

果たしてビットコインで本当に援助することが可能なのでしょうか?

20161219_03
貧困層が喘ぐベネズエラのスラム街をバックに、ゴルフを楽しむ富裕層。経済危機などどこ吹く風。
 
20161219_04
ゴルフクラブの内部。豊富なスイーツが豪華に盛り付けられている。
(写真:Daily Mail Online)
 
 

「ビットコイン」が、発展途上国の支えに

分散型通貨としてのビットコインは、高い流動性と安定したグローバルな為替相場、そして最も大事である透明性という利点を持つ。ベネズエラの人々が米国ドルをブラックマーケットで購入したとしても、国外から外貨を空港や国境を越えて持ち込むような通貨管理は事実上不可能でしょう。

ボリバルは毎日のようにその価格を下げており、現地の人々はビットコインのようなオンライン上で利用することで自国に食料を届けることが出来るようなアセットや通貨を探し求めています。ベネズエラの住民や、ベネズエラを訪れる旅行者たちは、ビットコインの利用を通してAmazonのようなeコマースのプラットフォームにアクセスすることで食料を調達し始めているそうです。

メジャーなプラットフォームはビットコインを直接的には受け入れていない一方で、Purseのようなeコマースのプラットフォーム上で誰でも仮想通貨を利用して商品を購入することが出来るようなサービスが存在しています。

“ビットコインは、ベネズエラや世界、そのどちらにおいてもメインストリームではありませんが、テクノロジーの分野で注目が集まっています。異なる業界からこれからさらにもっと参入したいと考える企業は増えてくるでしょう”と、CryptobuyerのJorge Farias CEOは語る。(Cryptobuyerはビットコインを利用して食品などの商品が購入できるプラットフォーム)

“Cryptobuyerを利用すれば、ビットコインをボリバルに換金し、携帯電話料金、テレビ代、水、電気代など、ボリビアでの日常的な生活における必要な支払いを銀行送金のように行うことが出来ます”と、Farias氏は語る。

ガーディアンによる他のビットコイン利用者に対する取材では、母親の骨ガンの治療に必要な薬を買うために、ビットコインに頼っている33歳の中古の靴屋のオーナー事例が掲載されています。彼は取材に対し、地元のビットコイン取引所でビットコインを購入し、ガンの治療に必要な治療や薬代を代わりに購入してくれる友人に送金していると話しています。

出典:https://www.cryptocoinsnews.com/can-bitcoin-help-venezuelas-crumbling-economy/
https://jp.cointelegraph.com/news/venezuelans-are-buying-bitcoin-to-purchase-basic-goods-treat-cancerJP/jp

関連記事

  1. 仮想通貨、経済ニュース

    フランス、仮想通貨税率45%から19%へ引き下げ

    フランスの税務局は、ビットコインなどの仮想通貨での利益に対する税率を大…

  2. ビットコイン(BTC)

    ビットコインで今度はガス料金の支払いも

    都市ガスのない地域でガスボンベを家庭に配達するLPガス(液化石油ガス)…

  3. ビットコイン(BTC)

    ウィーンに初のビットコイン銀行が登場

    オーストリアの首都ウィーンに、ショッピング街として人気の、マリアヒルフ…

  4. ビットコイン(BTC)

    26万店 ビットコイン支払いに対応 投機対象から決済へ

    ビットコインが決済手段として本格的に店舗に導入される動きが広がりを見せ…

  5. 仮想通貨、経済ニュース

    ベネズエラの独自仮想通貨「ペトロ」は国債か?翌日には第2弾「ペトロゴールド」も発表

    20日、ベネズエラは、石油に裏付けされるとした仮想通貨「ペトロ」のプレ…

  6. ビットコイン(BTC)

    市場が選ぶ最も優れたビットコインデビットカード6枚

    2025年には、世界中の数多くのメインストリーム企業がビットコイン決済…

過去記事

新着記事

  1. ブロックチェーン

    ビットコインの技術を活用した個人間売買、オートバックスが検証
  2. 仮想通貨、経済ニュース

    露プーチン大統領「ブロックチェーン、遅れを取るわけには行かない。」
  3. フィンテック

    みずほ、スマホ決済で新サービス検討 IT2社と
  4. アルトコイン

    ビットコインゴールド、日本時間11月13日にローンチ予定
  5. アルトコイン

    アメリカンエクスプレス、リップルと提携を発表
PAGE TOP