ビットコイン(BTC)

2017年にビットコインに投資すると良いのはなぜか?

本日もビットコインは高値を更新し続けている。昨今、ビットコインの価格は世界中のどの法定通貨よりも価格が上回っている。

米ドルと比べ30%以上も上回り、メキシコのペソ、銀、金、ロシアのルーブル、全てを越え、2017年現在では最もパフォーマンスを発揮している通貨といえる。
 

アルトコイン、イーサリアムにまつわる神話

今のところ、2017年はビットコイン投資家やアルトコイントレーダーにとっても成功を収めることができた良い年であり、メジャーなアルトコインや、例えばイーサリアムなどの暗号通貨は4月の初めには50億ドルの時価総額に達している。

1月、イーサリアムの時価総額は10億ドルまで下落している。しかし4ヶ月の間にイーサリアムの価格は5倍以上に膨らんだ。

イーサリアムのこうした価格の成長は、エンタープライズ・イーサリアム・アライアンスの設立や、大企業や団体、企業などが参加し、同コミュニティの発展と成長がその要因と考えられる。
 

ビットコインの値動き

ビットコイン市場に関しては、いくつか大きな変化が今年の初めに起こっている。

一つ目は、フィリピンと日本におけるビットコインやビットコインに関する事業の合法化だ。インド政府も早ければ5月にはビットコインに関連した規制の枠組みや法整備に取り組む可能性を発表している。

日本の技術や消費者市場に大きな影響力を持つ日本最大規模の小売業界の巨人、ビックカメラは、同店舗におけるビットコイン決済の受け入れを始めている。

2017年のビットコインの価格上昇の主要な原動力としては、ビットコインネットワークにおける現在のスケーラビリティ問題の解決にあると考えられる。ビットコインネットワークのブロックサイズに対する1MBの上限は、ブロックチェーンの停滞を引き起こしており、劇的な手数料の増加や、決済の承認までの長いウェイト時間を生んでいる。

もし、革命的なソリューションによりビットコインのスケーラビリティに関する問題が今年中に解決された場合、ビットコイン価格が中期、または長期でみれば指数関数的に上昇することは自明の理だろう。

本日、ビットコインは1,400ドルを突破し高値更新している。しかし同時に、BitfinexやOKCoinなどのメジャーな取引所が現在抱えている入出金に関連した銀行との問題などに起因した現在のビットコインの価格トレンドは、非常に不安定な状態にあると多くのアナリストたちは見ている。

銀行とビットコイン取引所の摩擦問題が解決され、スケーラビリティの問題も解決し、日本、インド、そしてフィリピンでのビットコイン導入がさらに進めば、ビットコイン価格は中期、長期でみれば段階的に大幅な成長を遂げることだろう。
 
 
※投資はあくまでも個人責任です。
 

出典:https://poloniex.com/exchange#usdt_btc
2017年にビットコインに投資すると良いその理由

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ビットコインETFは巨額の資本流入に繋がる。しかし2018年には承認されないという意見も。

    仮想通貨業界は2018年末までにビットコイン上場投資信託(ETF)が承…

  2. アルトコイン

    Xapo、大手企業はビットコインキャッシュ、またはイーサリアムに移行する可能性を示唆

    昨日11月12日は日曜日でしたが、ゆっくりと過ごせずにモニターにかじり…

  3. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン、金の価値を超える

    人類史上初めて、一通貨が地球上で最も古い価値を持つお金、「ゴールド」の…

  4. ビットコイン(BTC)

    急増するビットコインATM ロシアに初の設置

    ロシアの第二都市サンクトペテルブルクに、珍しくロシア製のビットコインA…

  5. ビットコイン(BTC)

    日本でビットコイン取引が急増、中国を超えて取引高が1位に―中国メディア

    2017年2月15日、中国メディアの澎湃新聞は、日本でビットコイン取引…

  6. ビットコイン(BTC)

    SECがウィンクルボスの申請したETFを却下。ビットコイン価格が8000ドルを割り込む。

    米証券取引委員会(SEC)は26日、ビットコインETFを証券取引所に上…

過去記事

新着記事

  1. ブロックチェーン

    中国–ブロックチェーン開発に本腰
  2. 仮想通貨全般/経済

    コインチェック再始動に向けて人材募集開始
  3. ブロックチェーン

    ブロックチェーン推進協会 設立8ヶ月弱で加盟企業数が100社を突破
  4. アルトコイン

    ビットコインゴールド、日本時間11月13日にローンチ予定
  5. フィンテック

    スマホがSuica決済端末となる実証実験をJR東日本が開始
PAGE TOP