フィンテック

世界初、車内からガソリン代決済。Honda、Visa共同開発。

1月5日から8日にわたって米ラスベガスで開催された、世界最大の国際家電見本市、CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)の初日、車内ダッシュボードのモニターから決済が可能な「In-Vehicle Payment(車内決済)」をHondaが発表されました。

この新システムはHondaとVisaの提携によるもので、世界初の自動車決済の幕開けとなることが期待されています。

ビザのモバイル端末向け決済サービス「ビザ・トークン」の仕組みを応用。ガソリンスタンドや駐車場での支払いが運転席の画面上で簡単かつ安全にできる。年内に米国で実証実験を始め、2~5年以内の実用化を目指すとのこと。

Honda Developer Studioのジョン・ムーン氏は、決済市場が革命的に進歩した近年、こうした最先端の技術を自動車に取りいれる絶好の機会であるとの考えを表明しています。

20170110%ef%bd%82_02
(社内のモニターで決済手続きが可能)

Hondaはほかにも、AI(人工知能)技術を利用した世界初の感情エンジン「HANA」搭載のEVコミューター・カー「Honda NeuV」、バランス制御技術を屈指した次世代バイク「Honda Riding Assist」などのテストモデルをCESで発表。独自のテクノロジー研究を深めることで、消費者の生活をより便利で安全なものへと進化させる開発に取り組んでいます。

FinTechの影響は金融産業だけにとどまらず、保険、自動車、輸送など多様な産業に日々広がりを見せています。「自動車決済が当たり前」の時代が、そう遠くはない未来に到来しそうですね。

出典:fintechonline、日本経済新聞
Photo:paymentnavi

関連記事

  1. フィンテック

    楽天 三木谷氏×MIT – 伊藤氏 「Fintech革命に日本が取り残されないために」

    9月28日、東京で開催された楽天フィンテック カンファレンス2016で…

  2. フィンテック

    グーグル、VRで「バーチャル遠足」を提供 仮想現実を教育現場に

    グーグルは6月27日、新たな教育関連ツールを発表した。「グーグル・エク…

  3. フィンテック

    将来的に自らの業務にFinTech技術を活用する可能性

    8月23日、日本銀行主催の第1回FinTechフォーラムが開催され、「…

  4. フィンテック

    キャンペーンのプレゼントにまでビットコインが採用される時代

    スマホで出来るオンラインくじ「LOT-BOX」ではキャラクターを使った…

  5. フィンテック

    iPhone次期バージョンがFeliCaに対応、17年からApple Payを開始へ

    米アップルはソニー子会社と組み、来年中に日本でスマートフォン(スマホ)…

  6. フィンテック

    スマホがSuica決済端末となる実証実験をJR東日本が開始

    東日本旅客鉄道(JR東日本)は6日、スマートフォン(スマホ)がICカー…

過去記事

新着記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  1. ビットコイン(BTC)

    中国の3大取引所、引き出し停止を延長でビットコイン下落?
  2. ビットコイン(BTC)

    仮想通貨で支払えるWirexデビットカードの作り方(最新版)
  3. 仮想通貨のきほん

    ICOってなに?
  4. アルトコイン

    急騰したTRON(トロン)のホワイトペーパーの大部分はどこかの丸写し?
  5. ビットコイン(BTC)

    新韓銀行、韓国初のビットコイン送金サービス来月開始か
PAGE TOP