ビットコイン(BTC)

中国三大ビットコイン取引所、手数料導入で取引件数急減 でも価格は安定?

国の三大ビットコイン取引所、BTCC、Huobi、OK Coinによる取引手数料導入で価格の乱高下が懸念されていたビットコインですが、現時点では価格の方ではなく、取引量に著しく影響しているようです。

トレーダーの間では「長期的な視点から見ると、ビットコイン市場を安定させる流れである」と、ポジティブに受けとめられているようです。

中国政府による規制強化の動きが今後影響?

先日当ブログでもお伝えしましたように、BTCCを筆頭とする3社は1月22日、ビットコインおよびライトコインの売買に0.2%の取引手数料を課すことを発表しました。この発表によりある程度価格変動が予測されていたにも関わらず、価格に代わって大きな反動を見せたのは取引件数でした。

ビットコイン価格サイト、Bitcoinityのデータから例を挙げると、導入が一斉に発表された22日の23時から翌日0時にかけて、OKCoinでは4800件の取引が行われました。しかし1時間後には1000件にまで急激に落ちこんでいる。またBTCCでも同様の変動が見られ、22日19時から20時の取引件数が3万7000件を上回っていたのに対し、翌日0時から1時には1000件に減りました。

一方価格にはそれほどネガティブな反響が見られておらず、CoinDeskのデータでは22日7時には935.31ドル(約10万6316円)だった価格が24日23時には885.70ドル(約10万677円)まで下落したものの、25日3時には901.92ドル(約10万2521円)まで素早く回復しました。

こうした動きはけっしてネガティブなものではなく、むしろ自然な流れだと歓迎するトレーダーが多い。ビットコインOCT(窓口取引所)、リッチファンズのマーケティング・マネージャー、コン・ガオ氏などは、取引件数の減少によい意味でビットコインの流動性を見いだしているという。

取引が急減した主な原因として、手数料導入が高頻度に取引を行っていたトレーダーを遠ざけたと推測されています。

価格に激しい変動が見られないということは、ビットコインが一過性のブームという域を超え定着し始めた現状を表しているのでしょうか。

しかし今月に入り、中国人民銀行がビットコインの規制・管理についてHuobiなどの業務に介入するなど、今後本格的に規制が強化される可能性が高まっているのは確かです。中国人民銀行はビットコインが法廷通貨でない事実を強調し、投資家間のリスク意識を高める構えです。

 
出典:http://www.excite.co.jp/News/economy_g/20170127/zuuonline_137335.html
中三大ビットコイン取引所、手数料導入で取引件数急減 価格は安定?

ピックアップ記事

  1. キャンペーンのプレゼントにまでビットコインが採用される時代
  2. PC、ネットに続く第3のIT革命「ブロックチェーン」とは何か
  3. イーサリアム レート動向
  4. ビットコイン、金の価値を超える
  5. iPhoneでApple Payの提供開始

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    JPモルガンのジェイミー・ダイモン氏「ビットコインは詐欺だと言ったことを後悔している」

    ジェイミー・ダイモン氏は、今現在、仮想通貨を「詐欺」と呼び、悪意のある…

  2. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン:9月4日の相場

    先週の土曜日の朝、ビットコインの価格は5,000ドルに達し、仮想通貨界…

  3. ビットコイン(BTC)

    イーサリアム–ハードフォークが無事に成功

    先日よりお伝えしていたイーサリアムのハードフォークについて続報をお伝え…

  4. ビットコイン(BTC)

    オーストラリア – ビットコイン非課税に

    オーストラリアがビットコイン購入を非課税にオーストラリアの新しい国…

  5. ビットコイン(BTC)

    12万BTCがハッキング被害!

    8月3日深夜、人気仮想通貨取引所のBITFINEXよりビットコインがハ…

  6. ビットコイン(BTC)

    米証券取引委員会ウィンクルボスのビットコインETFを否決

    米証券取引委員会(SEC)は不正取引へのリスク、世界のビットコイン市場…

過去記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

新着記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  1. ビットコイン(BTC)

    HISがビットコイン支払い専用ツアーを発売
  2. アルトコイン

    ビットコインゴールド、日本時間11月13日にローンチ予定
  3. アルトコイン

    ヴィタリック氏、イーサリアムの発行上限を設けることを提案
  4. 仮想通貨市況

    ビットコイン、ライトコイン:5月10日の相場
  5. ブロックチェーン

    スウェーデン政府、3月にブロックチェーン土地登記実証実験
PAGE TOP