ビットコイン(BTC)

ビットコインのハードフォーク危機とは?

Bitcoin CoreとBitcoin Unlimitedの対立のさらなる激化とハードフォークリスクに備え、先日、世界中の取引所20社及び、PoloniexとBitmexらが、ユーザーの混乱を防ぐため、共同で緊急声明を発表した。

最近、ビットコインの価格が下落したり伸び悩んでいるのには、この「ハードフォーク危機」の問題が関係していると見られている。

20170321_1

それら賛同した取引所のひとつ、Zaifが和文に訳した声明文はこちら。

これらはビットコインの取引をはじめた初心者にはかなり難しい内容となっている。 

なぜハードフォークが必要なのか?

ビットコインには現在差し迫る問題がある。日々世界中で、使用者が増えるに連れ、データの処理が追いつかなくなってしまう可能性がある。それがビットコインの「スケーラビリティ問題」だ。

この問題について近年論争が続いており、いよいよハードフォークを行うかどうか。のところまで来ている。
 

ハードフォークとは?

ある暗号通貨のルールを変える際に、ハードフォークを行う。旧ルールを無視し、新ルールを新たに適用することが出来る。そして旧ルールの互換性は無くなる。

仮想通貨はブロックチェーン(連なるひとつのデータである)によって成り立っていて、仕様を変える際には下記の2つのどちらかとなる。

1.それら全ての仕様を変更して以前の仕様も使えるままにする方法(互換性あり)
2.新仕様を採用してそれまでの旧仕様は無視をする方法(互換性なし)

1をソフトフォーク、2をハードフォークと呼ぶ。

このように、ハードフォークを行うと完全に新仕様となるために、期限までにアップデートしないと、旧仕様のまま取り残されてしまう問題が起きる。取引所などは、ハードフォークが行われると、至急アップデートしなくてはならない問題に悩まされるのはこの為である。

今後、ビットコインのハードフォークが行われると下記の2チェーンに分離されることとなる。

Bitcoin Core「BTC(XBT)」(ビットコイン コア)
Bitcoin Unlimited「BTU(XBU)」(ビットコイン アンリミテッド)

 

ハードフォークの問題点

昨年のThe DAO事件によって、イーサリアムがハードフォークを行ったことにより、ETH(イーサリアム)とETC(イーサリアム・クラシック)の2つに分離したことは記憶に新しい。

どちらも等しく価値を持つ仮想通貨であり、仮にブロックチェーンが分岐したとしても、どこか一つでも取引所が取扱を開始すれば価値が付いてしまうことになる。

その分離した際に、リプレイ攻撃に合ったのだが、今回もその可能性が高い。

 

リプレイ攻撃とは?

リプレイ攻撃とは、ユーザーがログインする際に、ネットワークを流れるデータを盗聴してコピーし、コピーしたデータを認証サーバーへ送ることによって、システムに不正ログインする行為。

このリプレイ攻撃に対して、有効は防止策が無ければウォレット及び取引所は2つのコインの識別が出来なくなる。

つまり片方だけを売買したり、別々に保管したりすることが出来なくなるというわけだ。
 

ハードフォークに対する取引所の声明

前述の20社が、今回のハードフォーク危機に関する声明を発表したと述べたが、ハードフォークすることを全面的に否定したわけではない。

Bitcoin Coreの実装は引き続きBTC(あるいはXBT)としてトレードされ、たとえBTUのブロックチェーンがCoreのそれより多くのハッシュパワーを有するとしても、我々が運営する全ての取引所においては、Core側をBTCとして入金と出金の対象とします。

取引所の一部はBTUも取り扱うことを検討しておりますが、その場合は一定の手順を経てから、顧客のBTU資産へのアクセスを有効にし維持することになります。しかしながら、ここに声明を発表した取引所においては、それら2つのブロックチェーンを問題なしに独立して運用できるようにならない限りは、BTUを取り扱うことができません。

(声明文より抜粋)

あくまでもユーザーの保護を主目的とし、つまりは、リプレイ攻撃を避ける明確な対策が打たれない限りは、ハードフォーク後の分離したコインのうち、Coreのクライアントを中心としたBTC(XBT)のみを取り扱う。ということだ。
 

まとめ

●リプレイ攻撃の問題があるため、ハードフォークに関して、取引所およびウォレットが共同声明を発表した。

●ビットコインアンリミテッドは、現状リプレイ攻撃の対策案は出していない

●リプレイ攻撃への対策が無く、ハードフォークが行われた場合はビットコインの入出金が停止される可能性もある。

以下共同声明を発表した企業、ウォレット

20170321_2

出典:http://infofreestyle.com/bitcoin-18
【超重要】Bitcoin(ビットコイン)のハードフォーク危機とは?初心者に分かりやすく解説してみた

ピックアップ記事

  1. 世界初、車内からガソリン代決済。Honda、Visa共同開発。
  2. 金融庁のFintech相談窓口への相談件数は半年で91件
  3. ビットコインが11万円後半に
  4. スウェーデン政府、3月にブロックチェーン土地登記実証実験
  5. キャンペーンのプレゼントにまでビットコインが採用される時代

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    経済危機のジンバブエ、取引所でビットコインが7200ドルに急上昇

    ジンバブエの人々は、全国的に食糧不足、燃料不足が相次いでおり経済危機に…

  2. アルトコイン

    ビットコインが堅調、アルトコインは低迷中

    10月23日の仮想通貨市場は、引き続きビットコインが堅調です。間もなく…

  3. ビットコイン(BTC)

    オーストラリア – ビットコイン非課税に

    オーストラリアがビットコイン購入を非課税にオーストラリアの新しい国…

  4. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン対応店舗、年内に国内2万カ所へ拡大めざす

    インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」が普及し始めている。国内でビ…

  5. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン下落 中国の大手取引所2社がビットコインの引き出しを停止

    中国の大手取引所であるHuobiとOKCoinは、マネーロンダリング問…

  6. ビットコイン(BTC)

    当局の規制はあるも、ロシアでの欧州最大のマイニングファームを計画

    ビットコインに対するロシア政府による今後の規制が予想されるにも関わらず…

過去記事

ビットフライヤー
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

新着記事

Twitter

  1. ビットコイン(BTC)

    中国債券バブルの崩壊と人民元の成長鈍化―差し迫るビットコイン価格の高騰
  2. ビットコイン(BTC)

    ビットコインのような仮想通貨を題材にした海外ドラマがスタート
  3. アルトコイン

    DASH 世界最大の取引所Bitfinexに上場 時価総額は370億円を突破!
  4. 仮想通貨、経済ニュース

    仮想通貨の時価総額が合わせて1兆円を突破
  5. アルトコイン

    インド「アクシス銀行」が金融システムにリップル採用 XRPが高騰
PAGE TOP