仮想通貨、経済ニュース

ノアコインについてフィリピン大使館から注意喚起

あたかもフィリピンの国家プロジェクトであるように思わせる、フィリピン発の次世代の仮想通貨としてセールスされている”ノアコイン”がある。

ノアコインには販売代理店、セールスサイトが数多く存在。中にはノアコインを大々的にセールスしている本人が登場し、見るだけで儲かるというような話しを収録した動画も掲載されている。

20170329-01

ノアコインセールスサイト

しかし、3月14日にフィリピン大使館から、このノアコインについて注意喚起がなされた。

フィリピン中央銀行によりますと、中央銀行は、ノア・ファウンデーション及びノア・グローバルイノヴェーションサービス(ノア・グローバル)に対して、ノア・コインの事前販売に携わる権限を与えておらず、また、ノア・コインを国家プロジェクトとして承認しておりません。中央銀行により行なわれた初動調査では、ノア・コインの事前販売活動は、会社定款に記載されたノア・グローバルの主要・副次目的からかけ離れたものです。

フィリピン大使館の注意喚起全文はこちら

つまりは、国家プロジェクトではなかったことになる。フィリピン側は一切関係が無いことを、このように大使館がわざわざ声明文をウェブサイトに掲載することは、異例のことだ。

どの暗号通貨も、必ず儲かると言う保証はない。それは暗号通貨だけでなく、どのような投資も同じである。リターンにはリスクが付き物なのである。

しかし、詐欺には十分注意が必要である。

関連記事

  1. アルトコイン

    コインチェックから盗まれたXEM、犯人が交換所を立ち上げ!?

    コインチェックから580億円相当の仮想通貨「XEM」が盗まれてから約2…

  2. アルトコイン

    GMOの仮想通貨マイニング事業に投資総額100億円

    GMOインターネットは13日、先日9月7日に発表された仮想通貨のマイニ…

  3. 仮想通貨、経済ニュース

    インド銀行、亡くなった父親の残した現金を拒否

    インドで、ある小さな家の主人(Shivcharan Singh Mar…

  4. 仮想通貨、経済ニュース

    15年ぶりの中国人民銀行総裁はビットコインに好意的

    中国の中央銀行である中国人民銀行は、15年ぶりに新総裁を迎えました。新…

  5. 仮想通貨、経済ニュース

    インフレが起きた場合の仮想通貨のメリットについて考える

    80年代のバブル景気、90年代台初頭のバブル崩壊、これらを経験した人で…

  6. 仮想通貨、経済ニュース

    シンガポール、仮想通貨規制の理由は見当たらない

    シンガポール通貨庁の責任者は、シンガポールにはビットコインなどの仮想通…

過去記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

新着記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  1. アルトコイン

    イーサリアムクラシックのクラウドファンディング「ETCWin」
  2. アルトコイン

    ビットコインランサムウェアWannaCryの脅威 – Window利…
  3. ビットコイン(BTC)

    アップルの共同創業者Wozniak氏曰く「ビットコインは金より優れている」
  4. アルトコイン

    Coinbase 2018年1月までにBitcoin Cashの対応はじめる
  5. アルトコイン

    「中国の禁止措置はマイニングまで及ばない」 – ジョンマカフィー
PAGE TOP