ブロックチェーン

独自仮想通貨「琉球コイン(仮)」沖縄で構想

ブロックチェーンを活用して沖縄独自の仮想通貨「琉球コイン(仮称)」をつくり、流通させる構想が県内外の企業や金融機関の間で検討されている。

仮想通貨取引所の開設を支援するビットバンク、販促を支援するメディアフラッグが県内の金融、流通、通信、交通関係の主要企業に構想への参画を提案。

取引所を設置し、世界中で利用が広がるビットコインや円、ドルとの換金を可能にする。また店舗などで決済に使える環境を整える。沖縄独自の仮想通貨圏をつくって世界中から投資を呼び込み、経済活性化につなげる狙いがある。

20170420-01

提案を受けたリウボウホールディングスの糸数剛一会長は「大きな可能性を感じる。これが動きだせばほぼ全業種が関わらざるを得ない。特定の誰かではなく、みんなで一気に乗り出せば相当なインパクトになる」と参画へ意欲を見せた。

構想では県内の主要企業が出資し、取引所を名護市の経済金融活性化特別地区に開設する計画だ。

株式会社リウボウホールディングス;
沖縄県那覇市松尾に本社を置き、不動産賃貸業・駐車場業運営を行う。
またグループ会社は百貨店事業、スーパーマーケット業態の小売業、フランチャイズシステムによるコンビニエンスストア事業を手掛ける。一般食料品及び生鮮食料品を中心とした地域密着型スーパーマーケット「RYUBO」や「沖縄ファミリーマート」など。

20170420-02

ビットコイン・円・ドルと換金可能に

「琉球コイン」はインターネット上でビットコインのほか円やドルなどと換金でき、スマホなどの端末から買い物時の決済などに使える仕組みをつくろうとしている。

例えば、ある商品を琉球コインでしか買えないというルールを作れば換金の機会が増え、保有する人が多くなると通貨価値が上がり、消費拡大にもつながる可能性がある。

主に増加を続ける外国人観光客がターゲットだが、約42万人いる沖縄に住む人たちなどの潜在的な需要にも期待する。

20170420-03

ビットバンクCEOの廣末氏は「沖縄独自の通貨圏は地理的にも歴史的にも面白い。今の沖縄の活況を見ると成功する可能性は十分ある」と説明。メディアフラッグの福井氏も「特に流通サービス業の起爆剤になるだろう」と見通した。
 

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170417-00093416-okinawat-oki
「琉球コイン(仮)」沖縄で構想 店舗決済・投資呼び込む狙い

 

ピックアップ記事

  1. 米決済大手VISAもブロックチェーンを利用へ!
  2. 中国三大ビットコイン取引所、手数料導入で取引件数急減 でも価格は安定?
  3. スマホがSuica決済端末となる実証実験をJR東日本が開始
  4. 楽天 三木谷氏×MIT – 伊藤氏 「Fintech革命に日本が取り…
  5. スウェーデン政府、3月にブロックチェーン土地登記実証実験

関連記事

  1. フィンテック

    みずほ銀行 新たな決済サービス、エムウォレット設立

    株式会社みずほフィナンシャルグループ、株式会社みずほ銀行、株式会社 メ…

  2. ブロックチェーン

    金融インフラは未来ブロックチェーンに置き換わる

    「金融インフラは未来ブロックチェーンに置き換わる」WEFがレポートを公…

  3. ブロックチェーン

    中国人民銀 銀行引受手形の「ブロックチェーン化」に成功

    中国人民銀行(PBoC)が、ブロックチェーンを用いた銀行引受手形の取引…

  4. ブロックチェーン

    スウェーデン政府、3月にブロックチェーン土地登記実証実験

    スウェーデン政府が今年3月、ブロックチェーンを利用した土地登記の実証実…

  5. ブロックチェーン

    進むブロックチェーン決済 リップルに新たな10の銀行が加盟

    リップル(Ripple)は、まだ他の通貨がなし得ていないような、歴史あ…

過去記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

新着記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  1. 仮想通貨、経済ニュース

    中国のICO停止措置は一時的なもの 今後はライセンス導入も
  2. ビットコイン(BTC)

    今さら聞けない、「ビットコイン」について知っておきたいこと
  3. ビットコイン(BTC)

    ハードフォークが再び行われる模様…
  4. 仮想通貨のきほん

    ICOってなに?
  5. アルトコイン

    真のビットコインはたったひとつ。今までのフォーク、これからのフォーク。
PAGE TOP