アルトコイン

中国大手取引所、イーサリアムやイーサリアムクラシックを採用

オルトコインが世界各地で人気を集める中、中国の大手ビットコイン取引所は、新規の仮想通貨を取引リストに加えた。


Huobiがオルトコインをサポート開始

中国での仮想通貨取引所は、出金停止措置が間もなく解除される予定を控えており、そのためかビットコイン以外の仮想通貨に注目しているようだ。2日前、Huobiは5月31日にイーサリアム取引を開始すると発表した。

このように公式発表された。

We are excited to announce the CNY/ETH will be listed on our exchanges. Trading will start at 12:00 May 31st (GMT +8). ETH deposit and withdrawal is available from now on.

CNY / ETHが取引所に上場されることをお知らせいたします。 取引は5月31日(GMT + 8)12:00に開始されます。 ETHの入出金は只今より受付可能です。

またHuobiは、コインの独自ランク付けにしたがって、将来追する可能性のあるオルトコインのリストをリリースした。

Huboiの根底にあるモデルによると、ビットコインに続きEthereum、Litecoin、Rippleが最高ランクのコイン。続いてDash、Zcash、Dogecoinとなるようだ。

リストは、コインの目的、マーケティング、活動、リスク、技術の点を考慮してランク付けされているという。

この独自の査定とリストについては、Huobiの公式サイトで見ることが出来る。公式サイトはこちら
 
 

BTCCも同じくオルトコインを採用

こういった暗号通貨のリスト表示を掲げる取引所はHuobiだけではない。

クリプトカレンシー・コミュニティーにて、2週間に渡る19万投票の結果、イーサリアムクラシックがBTCCの取引所に採用された。

BTCCの最高責任者(CEO)の Bobby Lee氏がツイッターにETCが採用されることをツイートした。

Huobiは独自査定により仮想通貨をランク付けで、BTCCはコミュニティによる調査を利用し、2つの大きな仮想通貨取引所は全く異なる方法で次の仮想通貨を決定したわけだが、中国のコミュニティが新規の仮想通過に対して扉を開くことが興味深い。

しかし、HuobiとBTCCがビットコイン以外の仮想通貨を採用する最初の取引所ではない。 中国に本拠を置くユンビ証券取引所ではイーサリアム、イーサリアムクラシック、Zcash、QTUM、Bitsharesなどの暗号化通貨を売買することを可能にする。

また、BTC38はCNYのために購入して販売する多数の暗号化通貨を提供しており、 最後に、CHBTCにはイーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコインもリストアップされている。

 

アジアにおける仮想通貨

オルトコインの取引はあまり深く知られていない中国において、多くの中国人投資家は、三大取引所のHuobi,OKcoin,BTCCを利用していることを考えると、ビットコインとライトコインのみに馴染みがあると考えられる。

ビットコイン市場において中国は大きなシェアを占めており、日々の取引量で上位3カ国にランクインしている。いっぽう、他国も日々仮想通貨への関心が高まっており、それはビットコインとライトコインだけではない。

例えば日本だ。最近の法改正により仮想通貨への需要が高まり、取引量ではJPY(日本円)は最大のビットコインペア通貨となってるがそれだけではない。オルトコインの取引ボリュームも牽引している状況である。

IndieSquareの共同設立者であり、Counterparty Foundationのコミュニティディレクターは最近のブログにこう綴った。

まず、日本の仮想通界のユニークな特徴の1つは、オルトコインが投資の手段として非常に人気があり、非常に強くて献身的ないくつかのコミュニティが存在しているということです。

いくつかはビットコインのコミュニティよりも盛り上がっている。 その中の日本で最も人気のあるオルトコインの2つはXRP(Ripple)とXEM(NEM)です。

韓国では、イーサリアムとイーサリアムクラシックも大変人気があり、日々の取引量はビットコインよりもETHやETCが上回っている。

中国がここでオルトコイン採用の波に乗り始めたことにより、アジアが代替通貨の首都となりうるだろうか?

 

出典:http://bitcoinist.com/china-big-exchange-ethereum-altcoins/
China’s Biggest Exchanges to Add Ethereum, Other Altcoins as Demand Surges

ピックアップ記事

  1. PC、ネットに続く第3のIT革命「ブロックチェーン」とは何か
  2. 中国三大ビットコイン取引所、手数料導入で取引件数急減 でも価格は安定?
  3. アナリスト曰く―ビットコインは4桁(米ドル)台に突入するだろう
  4. 三菱UFJ リップルの技術を使って18年に即時決済めざす
  5. まさかのディズニーが独自のブロックチェーンを開発!?

関連記事

  1. アルトコイン

    「売りだ」ライトコイン高騰後のマイケル・ノヴォグラッツ氏の発言

    昨日13日、著名なビットコインバイヤー、マイケル・ノヴォグラッツ(Mi…

  2. アルトコイン

    米グレイスケール、イーサリアムなど主要仮想通貨のファンドを立ち上げ

    7日、バリー・シルバート氏(Barry Silbert)CEOが率いる…

  3. アルトコイン

    サンタンデール銀行、リップルを使った決済アプリを今週ローンチ

    スペインを拠点とするグローバルな大手銀行、サンタンデール・グループは、…

  4. アルトコイン

    DASH 世界最大の取引所Bitfinexに上場 時価総額は370億円を突破!

    アルトコインのひとつ、DASHは世界最大の取引所Bitfinexに上場…

  5. アルトコイン

    イーサリアム、2度のハードフォーク予告を公式告知

    イーサリアムのハードフォークが数日で行われる可能性が高い。「EIP…

過去記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

新着記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  1. ビットコイン(BTC)

    金とビットコイン-2017年もビットコインに軍配か
  2. ビットコイン(BTC)

    10月上がり続けたビットコイン。そして今後は?
  3. ブロックチェーン

    リップルがイーサリアムの時価総額を超えて2位に。しかしいつまで?
  4. ビットコイン(BTC)

    Mt.Gox事件の真犯人か?ギリシャでロシア人男逮捕
  5. アルトコイン

    8月1日のBitcoin Cashフォークを前に中期的相場
PAGE TOP