仮想通貨市況

イーサリアム、イーサリアムクラシック:6月21日の相場

イーサリアムの価格は長期的な成長に向けて調整に入っているように見える。問題は直近の下落が今後どのように影響するかである。

イーサリアムをベースとするICOが相次いだことでイーサリアムへの買い注文が殺到し、このことによりネットワークに支障が起きていたことが、価格下落の主な要因と見られている。

 

USDT / ETH

スマートコントラクトフィーバー

ロシアと中国はイーサリアムを使って自国の通貨をデジタル化することを検討しているらしい。

イーサリアムを銀行で使用される可能性は少ないように思うが、関心は確実に高まりつつある。現在、イーサリアムの価格は300ドルの反発ラインと400ドルの抵抗ラインの間を行ったり来たりの状態で停滞しており、上昇トレンドはまだ見られない。
20170622-1

需要の減少

イーサリアムが250ドルまで下落したのち、長期線からの反発が見られた。上昇トレンドにのる400ドルのラインへの買い需要は6月12日~14日の頃から比べると確実に少ない。全体的に需要と供給のレベルが低下しているので、ここにトレーダーたちの弱気が垣間見える。

大口投資家の買い入れが、上昇トレンドへのキーとなるだろう。仕掛けは300ドル付近。このあたりに大口の買いポジションがある場合は、成長は続き、大きな下落気配は無いと見える。しかし、250ドル付近まで大きな買いのポジションが無い場合は下降トレンドの始まりを示唆する。
20170622-2

USDT / ETC

上昇トレンドに変化はない。
14ドルまで下落したのち、下落は止まった。致命的なところまで落ちなかったイーサリアムクラシックには、即ち買い支えるサポートラインガあることを意味する。大口投資家が利益確定の為の大きな売りを出さない限りは、上昇傾向は続くと見てよいかもしれない。

20170622-3

需要の増加

需要が高く、20ドル付近は大口投資家にとって重要なラインとなるだろう。明らかに6月12-14日の需要よりも高い。したがって20ドルの反発ラインでの値動きが重要な要素となる。買い需要がこのまま保たれて、下落のサインが出ない限り、成長は継続すると見られている。そうでなければ、初動付近まで下落してしまう可能性もある。

20170622-4

可能性の高いシナリオは?

・イーサリアム(ETH)
300ドルの付近までの調整の後、そこを強く抜ける下落が無い限り、価格が上昇する可能性がある。

・イーサリアムクラシック(ETC)
20ドルの付近からの強い下落が無い限りは、価格の上昇は続く可能性がある。

出典:https://cointelegraph.com/news/ethereum-price-analysis-june-14-21
Ethereum Price Analysis: June 14 – 21

ピックアップ記事

  1. 三菱UFJ リップルの技術を使って18年に即時決済めざす
  2. 山陰合同銀行、社員食堂で仮想通貨支払い
  3. 仮想通貨が軒並み下落
  4. イーサリアムをベースにブロックチェーンで投票システム
  5. iPhoneでApple Payの提供開始

関連記事

  1. 仮想通貨市況

    ビットコイン、イーサリアム:5月23日の相場

    ビットコインとイーサリアム価格はアジアでプレミアム価格にビット…

  2. 仮想通貨市況

    ライトコイン:6月19日の相場

    ライトコインが時価総額4位に浮上ライトコインは、3つの仮想通貨…

  3. 仮想通貨市況

    ビットコイン、イーサリアム:6月27日の相場

    暗号通貨が一旦落ち着きを取り戻す昨日は暗号通貨全体が下落し、暗…

  4. 仮想通貨市況

    ビットコイン:6月5日の相場

    ビットコインが2500ドルに一旦回復先週の下落のあと、いくつか…

  5. 仮想通貨市況

    ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン:7月6日の相場

    ここ最近の相場は全体的に横ばい、もしくはややじり下げムードの仮想通貨市…

過去記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

新着記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  1. アルトコイン

    リップルは下落、ビットコインキャッシュが上昇
  2. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン価格がチューリップバブルとは異なる5つの理由 – Nas…
  3. ビットコイン(BTC)

    ブラジル、少なくとも株式投資家の2倍のビットコイン投資家が存在
  4. アルトコイン

    投資家を甘く誘惑する3つの仮想通貨について見てみよう
  5. ビットコイン(BTC)

    2013年の下落と今のビットコインの値動きが別物?アナリストはホールド推奨
PAGE TOP