仮想通貨市況

ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン:7月6日の相場

ここ最近の相場は全体的に横ばい、もしくはややじり下げムードの仮想通貨市場。派手な動きや上昇が先月までは続いていただけに、取引高にも堅調な推移が見られます。

本日掲載されていたブームバーグの記事に「ビットコインは今や魅力薄」とまで書かれていた一方で、同じブルームバーグから「ビットコインは10年後に5万ドル到達」と題した記事も出ている始末で、同じところから全く正反対の意味を持つ記事が投稿されています。これらはなかなか動きを見せない仮想通貨市場への希望や、喪失感が入り混じっていると感じます。

しかし相場とは本来、そんなに乱高下が無い方が精神衛生的にもよろしいわけですし、そもそもボラティリティが小さくなることは仮想通貨投資の安定に繋がるので、ここらで底値をしっかり固めてまた上昇して欲しいですね。このような横ばいで動きが少ない時こそ、何らかのエネルギーが蓄積されているとも考えられると思います。

それではチャートと共に推察してみましょう。

ビットコイン

●BTC/USDのペアに大きな変化はありません。

●何度も底を破るような下落があったにもかかわらず、2300ドルのサポートラインは割られていません。

●大口投資家にとって、この2300ドルのサポートラインが非常に重要であることがうかがえます。

20170707-btc

2300ドルのサポートゾーンは依然として強く、上昇トレンドであることはまだ崩れていないようです。2700ドル付近が最も明らかな利確ポイントであり、次に6月の高値である2800ドル付近が目標ポイントとなりそう。同様に大口の投資家が2300ドル付近で買い支えている傾向が見られるので、これはBTCにとっては良い傾向かもしれません。

これらを総合すると、もし下落が始まった場合、これらの監視結果から2300ドル付近が、有効な買いゾーンとなるかもしれません。

 

イーサリアム

●イーサリアムは310ドルのレジスタンスライン(抵抗線)に直近でタッチすることが出来ませんでした。現在は225ドルのサポートラインへゆっくりと向かっていることが見て取れます。もしかすると取引量から考えるにサポートラインは(225ドルから)250ドルへと押し上げられた可能性があります。しかしながら、その取引量はサポートラインを強固にするほどのものではないので、225ドルにひとつ、その上に250ドルのサポートラインがあると思っていても良いかもしれません。

●テクニカルから判断して、ETHの最良の買いポイントは225ドルだと思われます。しかし、この225ドルのサポートラインガ底抜けした場合には次は150ドルまで下落する可能性も無いわけではありません。(可能性は非常に薄いですが)それもありうる常に念頭に置いておく必要はあるでしょう。

●とにかくイーサリアム関連の新しいニュースが重要で、次への動きに繋がるでしょう。特に主だったニュースが出ないままで、仮想通貨市場全体が成長し続けると、ETHは売られてポジションを失い、他の仮想通貨の資本金が増幅する結果となります。

●225ドルのサポートラインが底堅いと見えたときには、次は290~300ドル付近への上昇が待っており、このシナリオが最近の動きから推察すると最も近いように思います。

●もし、取引量が増えないままに250ドルで反発があるようならば、少し様子を見たほうが良いかもしれません。

20170707-eth

それでもETH/USDのマイナスシナリオの可能性は低く、市場は投資家と共にPosを予想しています。よって225ドル以下の水準まで落ち込むことはなかなか無いと思われます。

イーサリアムは現在マイニングによる検証アルゴリズムは「PoW(Proof of Work)」であり、ビットコイン同様にパソコンでの計算により、やりとりの検証がなされています。しかし今後は独自のPoS(Proof of Stake)通称:Casper(キャスパー)に移行すると言われています。簡潔に言うとPoWはコンピューターの処理能力の高さ、PoSはコインの所有量の多さによってマイニング報酬が変わります。

 

ライトコイン

●ライトコインはここ最近で最も伸びた仮想通貨でしょう。そこまで長期ではないものの、前回よりも高値を維持し、36ドルから48ドル付近のボックス相場が数週間続きました。

●サポートラインは、もしかすると48ドル付近に形成された可能性があります。

●明らかなレジスタンスラインはまだ見えていません。あえて言うなれば上髭の付いた58ドルでしょうか。

●恐らく、48ドル付近でのサポートラインを探る動きが行われて、価格は上下しながら46ドル~47ドルをタッチはするでしょう。したがって焦りは禁物で、出来高を伴いながら価格が48ドルで安定するのを待って、長期上昇トレンドへのサインを見極めるのが良いかもしれません。

●LTCには現在ポジティブなニュースが多いので、その点もフォローすると良いでしょう。

20170707-ltc

LTCは現在、時価総額第4位の仮想通貨です。流動性の増加は常に市場に影響を与えて居ますので、取引量の推移に目を配ることは非常に重要だと言えます。

(これらはあくまでも推察であり、投資の判断は個人の責任でお願いします。)

 
 
出典:https://cointelegraph.com/news/btc-eth-ltc-price-analysis-on-july-6
BTC, ETH, LTC: Price Analysis on July 6

 
イーサリアム、ライトコインもスマホで買えます。
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
 
 

ピックアップ記事

  1. スマホがSuica決済端末となる実証実験をJR東日本が開始
  2. iPhoneでApple Payの提供開始
  3. 富士市、ブロックチェーンで商店街を活性化。
  4. 「ぐるなび」2020年までにビットコイン決済増やす
  5. ビットコインで家を買った主人 130万ドル儲かる

関連記事

  1. 仮想通貨市況

    イーサリアム、イーサリアムクラシック:6月21日の相場

    イーサリアムの価格は長期的な成長に向けて調整に入っているように見える。…

  2. 仮想通貨市況

    ビットコイン、イーサリアム:6月27日の相場

    暗号通貨が一旦落ち着きを取り戻す昨日は暗号通貨全体が下落し、暗…

  3. 仮想通貨市況

    ビットコイン:5月19日の相場

    ビットコイン1900ドルに到達Bitcoinの価格は更に新しいマイ…

  4. 仮想通貨市況

    イーサリム、リップル、ライトコイン:長期相場

    今、ビットコインに長期投資のポジションで参入するのには良い時なのだろう…

  5. 仮想通貨市況

    ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン:6月1日の相場、価格分析

    ビットコイン(BTC/USD)先週末の大きな下落で、1日のうちに2…

  6. 仮想通貨市況

    ビットコイン、イーサリアム:7月17日の相場

    土曜日の下落から一転、仮想通貨市場は月曜日に息を吹き返しました。…

過去記事

ビットフライヤー
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

新着記事

Twitter

  1. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン:9月4日の相場
  2. アルトコイン

    Xapo、大手企業はビットコインキャッシュ、またはイーサリアムに移行する可能性を…
  3. アルトコイン

    WannaCryよりも脅威!Moneroマイニングマルウェア”Ady…
  4. アルトコイン

    アメリカンエクスプレス、リップルと提携を発表
  5. ビットコイン(BTC)

    オーストラリア – ビットコイン非課税に
PAGE TOP