アルトコイン

テックビューロ「COMSA」発表 NEMが高騰

2017年はICO元年と言われているほど、最近では様々なICOが発表されました。先日、テックビューロ社がブロックチェーンの新しいプラットフォーム「COMSA」の開発を発表し注目を集めています。

開発にあたり、2017年10月2日の14時~11月6日14時までICO(資金調達)が行われます。

ICOの詳しい意味については以前の記事を参照してください。


 

テックビューロ社のICO詳細は、こちらのCOSMA公式サイトの「利用規約」をクリックしてご確認ください。

COMSAって何?

20170807-1

COMSAのプラットフォームを使うことにより、企業は法的な問題をクリアしながらICO(資金調達)を行うことが出来ます。トークン発行や、その他のブロックチェーンを用いたサービスなどを企業は利用することが出来ます。要はICOのサポートを行ってくれます。

COMSAの目的:クリプト経済において普及の障壁となっている問題のひとつを解決するためのプロジェクトであり、企業経済とパブリックブロックチェーンとの架け橋となること。

イーサリアムのネットワーク上では現在、トークン発行・アプリなどのサービスを開発していますが、それと似たようなもので、COMSAはさらに安全性が高いことを売りにしているようです。The DAO事件のようなセキュリティ上の脅威や相場操作のような事態に対処しやすいように配慮がされています。

COMSAは企業自体とそれが今後活用することとなるNEM、Ethereum、Bitcoinのパブリックブロックチェーンネットワークとを、mijinのプライベートブロックチェーンを併せてつなぐための触媒となり、この3種をペッグ(連動)させたトークンを発行できるようになるそうです。

COMSAは、今までよく耳にしてきた「非中央集権型のパブリックブロックチェーン上の分散型アプリケーション開発プロジェクトのための資金を調達する」といった発想とは正反対のプラットフォームといえます。運営主体は日本の一企業なので中央集権型ですね。
 

COMSA(CMS)トークンに売り切れはない

一般のICOだと、売り切れた後は購入することが出来ませんでした。しかし、このCOMSAのICOでCMSトークンは売り切れません。

それはなぜか?

申し込み期間内にICOサイトから申し込めば、誰でもCMSトークンを購入することが出来るのです。

仮にICO参加者全員で1億ドル集まれば、合計で1億トークンが発行され、投資額に応じてCMSトークンが配布されます。

1CMSトークン=約110円(1ドル相当)
ビットコイン・NEM・イーサリアムの3種でプレセールへの参加が可能

例えば、私が1000NEM(3万円相当額/約272ドル)でICOに参加したら、272トークンが貰えます。

そして、ICOで集まった額の2倍の量が発行されます。

つまり上記の例で言えば、1億ドル分集まったら1億トークンがICO参加者に配布され、さらに1億トークンが発行されます。ここでトークンの発行は永久にロックされます。

● トークンセールの参加者は、1USD相当の購入に対して、1 COMSA(シンボル:CMS)トークンを取得する。セール時には発行数の上限は設定されない。
● トークンセール終了時、トークンセール参加者に発行されるトークン数と同数のトークンが追加発行され、総発行数はそこでロックされる。言い換えれば、申し込み数を100%とした場合、もう100%が追加発行されることとなる。
● この追加発行された100%を分母として、そのうち10%がトークンセールのリフェラルボーナスとして紹介者に配布され、40%は既存のテックビューロ経営陣、ステークホルダー、開発者、従業員、契約社員、そしてCOMSA ICO協議会運営に配布される。50%はテックビューロが保持し、将来の開発、将来の配布、マーケティング、パートナーシップ、報酬、事業拡大などにあてがわれる。
● 結果として、総発行量の55%がトークンセールの貢献者に配布されることとなる。

 

COMSA(CMS)トークンは売買できるのか?

ICO終了後に、仮想通貨取引所の「Zaif」がCOMSA(CMS)トークンの取り扱いを始めます。そこで売買ができるようになります。

ICOが盛り上がってCOMSAが世界的に有名になれば、もしかしたら海外取引所でも上場するかもしれませんが、現時点ではZaif取引所以外での取り扱い予定はないそうです。

価格の懸念点:
●トークンセール終了後に発行数量が2倍になるため価値の低下する可能性がある。
●追加発行された100%のうち50%はテックビューロが保持することは、つまり価格をある程度コントロールできる力を持つこと。

 

COMSA(CMS)トークンの使い道

COMSAはあくまでサービスを作るためのプラットフォームなので、ICOに参加して配布されるトークンを使ってプラットフォーム上で何かをすることはできません。

では、このCMSトークンで何が出来るのよ?と言いますと、COMSAプラットフォームを利用して企業が新たにICOを行う場合、保持者はCMSトークンでICOに参加すれば、A社が発行する新規トークンにプラス5%のボーナスが付くようになります。

また、CMSトークン保持者にはクローズドのICOプレセールの招待券を得ることができるなどの特権が付与される予定だそうです。
 

今後COSMAでICOを行う企業

まず第一弾としてCOMSA自身のICOが行われます。

さらにCOMSAを利用してICOを行う会社が既に2社が既に公開されています。

1. 株式会社プレミアムウォーターホールディングス(東証二部:2588)
2. 株式会社CAMPFIRE – 日本最大のクラウドファンディングサービス

COMSAの取りあえず直近の目標は、2018年度の終わりまでに、20以上のICO案件で合計1億ドル以上の資金調達を実施することだそうです。

株とNEMが高騰

初日でICOダッシュボード登録者が12,000人以上、COMSAホワイトペーパーのダウンロード数が7,000件以上にのぼったことがわかっています。

当サイトのような仮想通貨に主体のメディアだけでなく、日本経済新聞、TechCrunch Japan、産経ニュース、マイナビニュースなど数多くの総合メディアに取り上げられました。いかに注目度が高いかをこの数字で見ることが出来ます。

加えて次回案件としてなんと東証二部上場の会社、株式会社プレミアムウォーターホールディングスがICOを実施予定であり、同社の株価は高騰しています。

この発表にNEM投資者も大きく反応したようです。ビットコイン、イーサリアムはニュースにも常連の認知度の高い仮想通貨ですが、この2つに加えてNEMが採用されたことがホルダーに取っては大きな意味を持ったことでしょう。

20170807-2

一時は10円近くまで下落したNEMですがこのニュース発表後は高騰し現在の価格は、1NEM/約29円になっています。5月の高値33円以来、なりを潜めていたNEMですがここで大きく動きました。

COMSAが直近に掲げているゴールの新規20案件、資金調達1億ドルの目標が達成されるかどうかは分りませんが、日本発の画期的な試みですし、注目度は大きいです。具体的な企業が開発している背景や、上場企業が参加するなどしっかりとしたプランが建てられているので、私個人的にも少し参加してみようかと一応メーリングリストには登録してみました。

興味があれば公式サイトから登録が出来ます。

20170807-3
 
 
 
NEMも買えます。ここから登録で最大5,000円のビットコインがもらえる期間限定キャンペーン中!
初心者の方ならゼッタイお薦めはコインチェック。
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

関連記事

  1. 仮想通貨、経済ニュース

    コインチェック6月中に再始動か

    国内大手取引所「コインチェック」が6月中にも全面再開の見通しであること…

  2. 仮想通貨、経済ニュース

    コインベースの評価額は16億ドルから80億ドルへ

    2017年のビットコインをはじめ、仮想通貨の急騰がリッチな人々を生み出…

  3. その他アルトコイン

    Facebookのメッセンジャーアプリを介したマルウェアが発見される

    仮想通貨のマイニングを勝手に行なってしまう「マルウェア」がFacebo…

  4. ブロックチェーン

    フリマアプリのメルカリが仮想通貨ビジネスに参入

    フリマアプリで大人気の「メルカリ」が2017年11月に設立した子会社メ…

  5. ビットコイン(BTC)

    【朗報】バンドルカードのビットコインチャージ機能が復活

    一時サービスが停止されていた「バンドルカード」のビットコイン(BTC)…

  6. ブロックチェーン

    ICO規制で中国ブロックチェーンカンファレンスが中止に

    中国のメディア(Caixin)によると中国人民銀行(PBoC)は、多く…

過去記事

新着記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  1. 仮想通貨、経済ニュース

    まさか日本で預金封鎖?先人に学ぶ資産逃避
  2. 仮想通貨、経済ニュース

    マネックスがコインチェックを買収、子会社化
  3. ビットコイン(BTC)

    ハードフォークが再び行われる模様…
  4. ビットコイン(BTC)

    トム・リー氏のビットコイン年末までに2万ドル超え予想の根拠とは
  5. ブロックチェーン

    ビットコインで家を買った主人 130万ドル儲かる
PAGE TOP