ビットコイン(BTC)

Blockstream社 ビットコイン衛星の壮大な計画を発表

ブロックストリーム(Blockstream)社がビットコイン衛星計画を突如発表。あまりの壮大なスケールに仮想通貨クラスタの度肝を抜きました。

簡単にいうと、複数の衛星(ブロックストリームサテライト)であらゆる場所にビットコインのブロックと取引をリアルタイムで届けようというプロジェクトです。その衛星によって2017年末までに銀行口座をもたない人々含め「地球上のほぼすべての人に届ける」のが狙い。

ブロックストリームサテライトとは?

これはただの計画ではなく、既にその衛星は稼動しているというのです。地球の2/3がカバーされており、ブロックチェーンの受信が可能だそう。今年末には地球上のすべての大陸でこのネットワークにアクセス可能になる予定だそうで現在、Galaxy18がアメリカ大陸、 Eutelsat113が南アメリカ大陸、The Telstar 11N Satelliteがアフリカ大陸とヨーロッパをカバーしています。

ブロックチェーンの受信には100ドル程度のアンテナ費用を用意すれば良いということで、さまざまな応用が期待されます。

ブロックストリームサテライトは、テレポート(teleports)と呼ばれる地上にある、ブロックストリーム社の送受信ステーションからビットコインネットワークにアクセスし、ブロック情報を宇宙に向けて送る。地上から送られたデータを上空 35,786kmで地球を旋回する衛星から受信し、地球の広範囲に向けブロードキャストする仕組み。

発展途上国の人々への恩恵

私たち日本のような先進国でインターネットにアクセスできない人はほとんどいないでしょう。しかし世界規模で考えると、インターネットを引くコストの問題があったり、そもそもインフラ自体がなく、インターネットを利用できない人はたくさん存在します。なんと30億人以上の人々がインターネットにアクセスできていない状況だと言われています。 このようにインターネットがない人たちでも、ブロックストリームサテライトの受信環境が整えば、インターネットがなくともビットコインの利用は可能になるのです。

ブロックストリーム社のAdam氏はブログで、世界中の通貨危機がビットコイン需要の高まりを後押ししていると言います。今年のベネズエラでのハイパーインフレや、インドでの突然の紙幣の廃止の件などを例に挙げており、このように我々が現在使っている通貨の自由度がいかに低く、政府のコントロール下にあるかということが問題であることに言及しています。ブロックストリームサテライトプロジェクトは発展途上国の人々へも、このような災難に見舞われた際に、世界共通価値のビットコインを持つ可能性をもたらしてくれるのです。

現在ビットコインのブロックチェーンを止める方法として、インターネットをシャットダウンさせることだと考えられていましたが、その弱点すらも、このプロジェクトが成功すれば解決されるかもしれません。

もうひとつの恩恵、マイニングの非中央集権化

このブロックストリームサテライトですが、世界中どこでも利用できると解説されていますが、もうひとつ大きな別の意図があると、ビットコイン研究所の大石氏は述べています。同氏のブログに、ブロックストリーム社のCSO、Samson Mow氏(元BTCC)へのインタビューがありましたので下記に掲載させていただきます。

大石氏: 以前食事をしたときに、マイニングの非中央集権化をすすめる秘策があるけど、まだ秘密だと言っていましたよね。もしかして、この衛星がその「秘策」ですか?

Mow氏:  実はそうなんだ。ただ、まだ100%完成じゃない。現在ダウンロードのみだけど、アップロードの部分がローレイテンシーで出来るようになると、本当にマイニングが変わる可能性があるんだ。
送電線に接続する必要がなくなるから、世界のどこでも電力を得られる場所ならマイニングが可能だよ。

大石氏: それはすごいです。例えばどのようなことが可能になりますか?

Mow氏:  例えば、砂漠の真ん中にパネルを立ててソーラーマイニングも可能になるよ。パネルを地上に設置し、マイニング機材は地中に置く。そして、ビットコインネットワークに接続できるんだ。

現在、マイニングをするには機材のほかに、膨大な電気と広い土地が必要です。それにかかる電気料金や風土も考えると、中国で大規模な施設を建ててマイニングする人達に優勢な状況となっています。

しかしソーラーパワーや、その他の自然エネルギーを利用し、別の場所でのマイニングが可能になるのであれば、インターネットに接続できる環境にとらわれることないので、他にも適した場所がたくさんありそうです。そうなればマイニングの分散化に期待が出来るというわけです。それを考えるとこのプロジェクトに多くの注目が集まるのは当然。今後の展開が楽しみです。

 
出典:http://doublehash.me/bitcoin-satellite-mining-decentralization/
ビットコイン衛星とマイニングの非中央集権化
写真:Blockstream

ここから登録すれば今なら最大5,000円のビットコインがもらえる期間限定キャンペーン中!
初心者の方ならゼッタイお薦めはコインチェック。
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ピックアップ記事

  1. 独自仮想通貨「琉球コイン(仮)」沖縄で構想
  2. 進むブロックチェーン決済 リップルに新たな10の銀行が加盟
  3. 三菱UFJ リップルの技術を使って18年に即時決済めざす
  4. 仮想通貨で支払えるWirexデビットカードの作り方(最新版)
  5. 中国人民銀行、「法定数字貨幣(仮想通貨)」導入に向け本気?

関連記事

  1. 仮想通貨、経済ニュース

    中国のビットコイン投資家 代わりにP2P取引を利用

    PBOC(中国人民銀行)による、中国大手2社の取引所での引き出し停止処…

  2. ビットコイン(BTC)

    CMEは12月11日にビットコイン先物取引開始か

    CMEグループが予定している今後のビットコイン先物取引の新たな詳細が掲…

  3. ビットコイン(BTC)

    (悲報)XAPOデビットカードが突然の中止を発表

    当ブログでもご紹介していたXAPOのカード。ビットコインをチャージして…

  4. ビットコイン(BTC)

    「ビットコインを買え」イエレン議長の発言中にTVに謎の男

    米現地時間12日、ジャネット・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の…

  5. 仮想通貨、経済ニュース

    ビットコイン関連、注目の11銘柄リストはコレだ!

    将来性が期待されるビットコイン、1ヶ月前の10月はじめには約61,50…

  6. ビットコイン(BTC)

    ハッカー集団がNSAの情報に対して身代金を要求

    The Shadow Brokersと呼ばれるハッカー集団が、米国家安…

過去記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

新着記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  1. ビットコイン(BTC)

    ステラ無料配布の混乱!結局もらえるの?もらえないの?
  2. 仮想通貨、経済ニュース

    シンガポール、仮想通貨規制の理由は見当たらない
  3. ビットコイン(BTC)

    カナダのカフェ11店舗にビットコインATMを設置
  4. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン、金の価値を超える
  5. フィンテック

    世界初、車内からガソリン代決済。Honda、Visa共同開発。
PAGE TOP