ビットコイン(BTC)

JPモルガンCEOが「ビットコインは詐欺」と発言

JPモルガンのCEO(最高経営責任者)であるJamie Dimon(ジェイミー・ダイモン)氏は、12日、「ビットコインは詐欺」と宣言し、更には、もし同行に務めるトレーダーが仮想通貨の売買を行った場合には「クビ」だと発言しました。

海外メディアのブルームバーグとCNBCの報道によるとダイモン氏は、大手銀行バークレイズが主催するイベントに出演の際に、この注目すべき発言をしたようです。

ダイモン氏がビットコインについて言及するのは初めてではなく、2015年11月ごろのビットコインがまだ400ドル台をさまよっていた時にも「仮想通貨は生き残れないだろう。」と発言していました。

しかし今日2017年9月13日現在、ビットコインは3978ドル付近を推移しており、約10倍の価格になっています。

ダイモン氏は、そのイベントの席でさらにこう発言しています。

チューリップバブルより悪い。ビットコインは良い終わり方はしないだろう。誰かが殺されることになる。

チューリップバブル:オランダ黄金時代のネーデルラント連邦共和国において、当時オスマン帝国からもたらされたばかりであったチューリップ球根の価格が異常に高騰し、突然に下降した期間を指す。(wikipedia)

さらに「仮想通貨ははじける(終わる)だろう。」「いかなるトレーダーでも即解雇する。ビットコインを取引するなんて”バカ”だからだ。」と加えて述べたこともCNBCは伝えています。

彼の演説の結果、ブルームバーグをはじめとする一部のイベント参加者は、ダイモン氏の発言後にビットコインの価格が下落し始めた。という人もいます。
 

別の意見

20170913-1
一方、米シカゴ・オプション取引所(CBOE)を傘下に持つCBOEホールディングスのCEOである、Edward Tilly(エドワード・ティリー)氏は同会議で、

好もうと好むまいと、人々はビットコインへの投資を求めている。良い取引は常に意見の相違から始まる。

ダイモン氏がショート、ビットコイン発行者らがロングのポジションを取れば、「素晴らしい」取引が成立するだろう。

と指摘しました。

(ビットコインが下がると確信しているのであれば、ショートすれば良いですよね。JPモルガンのお得意技なのに。。。FXや株の資金が仮想通貨へ流れていっているのがよほど痛いのでしょうか。)

CBOEは米規制当局に対し、ビットコイン先物とビットコイン上場投資信託(ETF)の取引に向けた認可申請を行っています。
 


本日の仮想通貨市場は全体的に下落しており、このムードを作っている要因は、このダイモン氏の発言意外にも考えられます。そう、それは中国が取引所閉鎖の動きを継続していることであり、こちらもはっきりとしたことがまだ分かっていません。

 

出典:https://www.coindesk.com/jamie-dimon-bitcoin-fraud/
Jamie Dimon: Bitcoin Is a ‘Fraud’

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    イタリア政府、ビットコインを通貨として扱い課税する意向を示す

    ビットコインで買い物が出来るインフラが整うイタリアでは、個人のビットコ…

  2. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン 公共料金の支払いに導入へ

    国内初東京の電力小売り会社(東京電力ではない)が電気料金の支払いにビッ…

  3. アルトコイン

    自称サトシ・ナカモトのクレイグ・ライト氏曰く「2018年はビットコインキャッシュの年になる」

    自分こそがビットコインの生みの親であるとする、自称「サトシ・ナカモト」…

  4. ビットコイン(BTC)

    女性客がターゲット マルイがビットコイン試験導入

    マルイは、8月7日から「新宿マルイアネックス」1店舗のみで、ビットコイ…

  5. アルトコイン

    米国司法省ビットコイン価格の市場操作に対する犯罪調査を開始

    米国司法省は、ビットコインを含む仮想通貨価格の市場操作の可能性について…

  6. ビットコイン(BTC)

    「Segwit2x」11月のハードフォーク中止

    本日午前1時58分、SegWit2xの推進派として知られていた、ブロッ…

過去記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

新着記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  1. アルトコイン

    イーサリアムフォーラムのデータベースが流出
  2. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン利用可能店舗が1年で4.6倍に
  3. ビットコイン(BTC)

    フィジカルビットコイン
  4. ブロックチェーン

    中国–ブロックチェーン開発に本腰
  5. ビットコイン(BTC)

    海外ファンドもビットコインに投資
PAGE TOP