アルトコイン

真のビットコインはたったひとつ。今までのフォーク、これからのフォーク。

最近、ビットコインネットワークの様々な「フォーク」について、特に仮想通貨の技術に精通していない週刊誌やネットメディアなどが発信する、不正確で不完全なニュースを間にうける人々の中で少々混乱が続いていると、コインテレグラフが警鐘を鳴らしています。

このあたりで一度、仮想通貨初心者のためにもその混乱を取り除き、次のフォークへ備える必要があると思われます。まず最初に、知っておくべき最も重要なこと、それは「ビットコインは(約)2100万BTCしか発行されない」。これに尽きます。

ビットコインネットワークからフォークする通貨はこれまでどおり、その時点までネットワークの完全なスナップショットを引き継いでいます。そう、そこにビットコインは1種類しか存在しません。ビットコインキャッシュ、ビットコインゴールド、その他のビットコインほにゃららも、実際のビットコインネットワークとの相互運用性はありません。

ビットコインに大して懐疑的な人たちは、ビットコインキャッシュのフォークにより、現在トータルで4200万のビットコインが存在するようなことを吹聴し、来るべきビットコインゴールドのフォークでは、最終的に6300万ドルのコインが存在することになると間もなく主張し始めるかもしれません。これはまったくの虚偽です。

ビットコインキャッシュとビットコインゴールドは、ビットコインネットワークでは使用できません。 ビットコインのネットワークに関係する、ライトコインやダッシュなど、他のアルトコインにすぎません。 それらはビットコインではなく、ビットコインは1つであり、そのネットワーク上には2100万のコインしか存在しないのです。

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)とは?

SegWitソリューションがビットコインの内戦で勝者になることが明らかになったとき、不満を持った開発者グループがビットコインの代替バージョンを作ることに決めました。このバージョンは、ビットコインキャッシュと呼ばれ、ビットコインのトランザクション履歴全体とそのルールと構造をすべて引き継いでいます。変更されるのは3つだけです:1MBのブロックサイズの上限が増やされ、SegWitコードが削除され、「緊急難易度調整(EDA)」が追加されました。

フォークの性質上、ビットコインを所有していた人にはすべて、同額のビットコインキャッシュが付与されました。今のところ2つのネットワークは互いに直接競合はしていません。 ビットコインキャッシュは、あるネットワーク上のトランザクションが他のネットワークに影響を及ぼすのを防ぐ、“replay protection”(再生保護)という機能を追加しました。

競合を避けられたもう一つの理由は、実質的に多くのマイナー達がビットコインキャッシュである程度の利益を上げることができる数時間を除いては、ビットコインをマイニングし続けたためです。ほとんどのビットコインホルダー達は、ビットコインキャッシュを売却するか完全に無視したのです。

結果的には、ビットコインキャッシュが危険因子になることは無く、長期的に見れば良いことだったのでしょう。なぜならビットコインコミュニティで不平を言っている開発者グループ独自のアルトコインを生み出すことによって、とりあえずは沈静化をはかることが出来たからです。
 

ビットコインゴールド(Bitcoin Gold)とは?

ビットコインゴールドは、本日より約2週間後の「2017年10月25日」に発生するビットコインの次なるフォークです。

ビットコインキャッシュの場合と同様に、ビットコイン所有者には、フォークが正式に発生すると、同数のビットコインゴールドが付与される予定です(取引所に預けている場合は、取引所のルールによって異なる可能性があります)。 ビットコインゴールドが誕生した後、もしそれに価値が付いた場合には、ビットコインキャッシュの時と同様に、それを売却するも良し、保持しておくのも良しでしょう。

ビットコインゴールドもまた、アルトコインになります。 ビットコインゴールドもまた“replay protection”(再生保護)を備えており、ビットコインネットワークを放ってまで、ビットコインゴールドをマイニングすることはほとんど考えられませんので、ビットコインゴールドがメインのビットコインチェーンに取って代わったり、殺してしまうことはほぼ0に等しいでしょう。

ビットコインゴールドは、マイニングの際のハッシュパワーの上昇とマイナーの中央集権化に対する不満から生まれました。 ビットコインマイナー達は、マイニングするために、絶えず強力な専用ASICコンピュータを使用しています。これらのASICは非常に高価で、大規模設備が必要なのです。よって現在、中国の一部のマイナー(またはマイニングプール)が、マイニングの利益を独占している状況なのです。

ビットコインゴールドは、マイニングに別のアルゴリズムを使用して、新しいネットワークのコンセンサスルールを変更します。このアルゴリズムの変更により(Zcashと同じアルゴリズムになる)、ASICが動作しなくなり、入手しやすいGPUを用いたマイニングに変わるのです。

ここでも、ビットコインゴールドはビットコインに大きな影響を与えないことを、今一度強調しておきます。ビットコインゴールドは独自のネットワークと独自のルールを持つアルトコインになります。
 

フォークとエアドロップ

上記で説明したように、ビットコインキャッシュとビットコインゴールドは技術的にビットコインのフォークですが、ビットコインのネットワークには脅威ではありません。単にビットコインのコードを使用し、すべてのビットコイン保有者に比例して通貨を分配します。

「フォーク」という用語は通常、ネットワークのアップグレードに関連していることを考慮すると、これら2種のアルトコインを説明する際に「フォーク」という単語を使用すると、初心者にとってはかなり混乱する場合があります。より良い言葉は “エアドロップ(air drop)”かもしれません。

エアドロップは、アルトコインが誕生した際に、最初にコインを分配する手段です。ビットコインのブロックチェーンを使用しているのは、最初のトークン配布時のみであることを考えると、実際にはフォークよりもエアドロップが適切なのかもしれません。

ビットコインにとって脅威のSegwit2x

問題は「Segwit2x」のフォーク。ブロックサイズを現行の1MBから2MBへと変更するためのもので、一見、ビットコインのブロックサイズ問題を解決するにはちょうど良いのでは!?と思われるかもしれません。

しかしハードフォーク後に2つのコインを独立して認識することが難しいとされており、コインを分離して扱うことが困難になる可能性があるといいます。これを行うことによってビットコインの存在自体が危うい危険なフォークとなっています。

ビットコインコア開発者はこれに賛成をしていませんし、反対するものの声明も続々と上がっています。このフォークが行われるとなった時には、ビットコインの未来に暗雲が立ち込めるときです。

 

以上が、直近に行われた、または予定をしているビットコインのフォークです。正しい情報を取り込むようにして、あまり不安を煽るような適当なニュースに振り回されないようにしましょう。

本ブログ執筆時、ビットコインは4818ドルの値をつけており、この3連休に価格が続伸しました。5000ドルまで間もなくのところに来ています。節目となる数字はトレーダーが意識する場所でもあり、売り込まれる可能性もありますので注意してください。

 
 
 

出典:https://cointelegraph.com/news/dont-fear-forks-theres-only-one-bitcoin
Don’t Fear Forks, There’s Only One Bitcoin

 
 
ここから登録すれば今なら最大5,000円のビットコインがもらえる期間限定キャンペーン中!
初心者の方ならゼッタイお薦めはコインチェック。
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ポーランド政府が正式にビットコインや他の暗号通貨の取引を認知

    ポーランド政府が公式に仮想通貨のトレードやマイニングを”公式な経済活動…

  2. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン購入時の消費税を非課税に、金融庁が求める

    海外では仮想通貨を非課税とする国が多く、主要7カ国(G7)で課税してい…

  3. アルトコイン

    Bitmain、ETHマイニング用ASICのプレオーダー開始

    イーサリアムをマイニングする、初のASICが市場に参入しようとしていま…

  4. ビットコイン(BTC)

    世界初の「ビットコイン上場投資信託」米SECで間もなく承認

    映画「ソーシャルネットワーク」でマーク・ザッカーバーグの敵として描かれ…

  5. アルトコイン

    ゴールドマンサックスビットコイン取引事業へ参入を検討

    巨大金融グループのゴールドマンサックスは専用のビットコイン取引業務に参…

  6. アルトコイン

    リップル、より安定した市場を求めて550億XRPをロックアップ

    リップルが今年の初めに発表していた550億XRPが本日8日、「ロックア…

過去記事

新着記事

  1. 仮想通貨、経済ニュース

    コインベースのカストディサービス、機関投資家に向けてスタート
  2. 仮想通貨、経済ニュース

    リヒテンシュタイン、王室の富の回復に仮想通貨を検討
  3. ビットコイン(BTC)

    ショップサーブ ネットショッピングでビットコイン決済を標準搭載
  4. ビットコイン(BTC)

    Mt.Goxの仮想通貨売却でビットコインが再び2018年安値に
  5. 仮想通貨、経済ニュース

    中国人民銀行 独自のビットコイン作成へ
PAGE TOP