アルトコイン

1週間後のハードフォーク「ビットコインゴールド」

ビットコインには、この先2つのハードフォーク、「ビットコインゴールド」と「Segwit2x」が控えています。このうち、1週間後の10月25日にはビットコインゴールドが生まれる予定です。

このブログを書いている今現在、ビットコインを筆頭にほとんどのコインが下落を始めていますが、直近ではビットコインは約66万円まで高騰していました。この高騰の背景には、ビットコインゴールド付与への一般投資家の期待上げも起因しているのではないでしょうか。

ビットコインゴールド

ビットコインゴールドは、ビットコインのブロックチェーンから分岐したコインです。

香港のマイニンググループ、LightningASIC社が主導のもと、このハードフォークを実行することになっています。マイナーを集権化させない試みがあり、ASICでのマイニングを必要としないアルゴリズムを使っていることが特徴的です。

詳しくは以前ブログで書いた「ビットコインゴールドとは?」も是非参照してください。


 

事前にマイニングされていた?

ビットコインゴールドは、ビットコインを持つ人たちには無料で付与される(予定)ということもあり、ビットコインキャッシュの時と同じく上場後の値上がりを期待した人たちは歓迎ムードであります。

しかし、ツイッターで仮想通貨クラスタ達が噂しているように、ビットコインゴールドが予め既にフォークしてマイニングを始めている「プレマイン」で利益を得る噂があります。

開発者は既に20万枚のビットコインゴールドを保持しておいて、ビットコインゴールドを上場させて利益を得ようとしているのではないかとも見られています。

ビットコインゴールドは“replay protection”(再生保護)を備えており、フォークした際にリプレイ攻撃の心配は必要ないとされていますのでビットコインのチェーン自体に影響はありませんが、こういう計画が本当であれば、開発者に有利なハードフォークが多発することが懸念されます。

ICOの乱立ならぬ、今度はハードフォークの乱立です。
 

ビットコインゴールドの取り扱い

昨日、ビットコインゴールドの公式サイトで、ビットコインゴールドに対応する下記の取引所が発表されました。

20171018b-1

これらの取引所に預けておけば、ビットコインゴールドが付与されるのですが日本人には一般的に馴染みのない取引所となっています。

日本国内の主要取引所(コインチェック、Zaif、ビットフライヤーなど)からはまだ明確な声明が出ていません。

本日の日本経済新聞には、ビットコインゴールドの対応についてこのように出ています。

仮想通貨の交換業者で構成する日本仮想通貨事業者協会(JCBA)は17日、25日にも誕生するとみられている「ビットコインゴールド(BTG)」についての対応方針を固めた。顧客に新通貨を付与するかは各社に対応を委ねるとし、顧客への事前の説明責任を果たすこともあわせて決めた。

プレマインや、開発者の利益を得るためのハードフォークだという噂が出ている今、ビットコインゴールドが誕生したとしても、マイニングを行うマイナーが出てくるかどうか少々疑問です。

ハードフォークの正当性はさておき、儲かるのであればマイニングする人も現れるでしょうが、各取引所からの決定が出ていない今は国内での取り扱いがあるのかどうか分かりません。

ビットコインゴールドのハードフォークまであと1週間、各取引所の対応が待たれます。

 

初心者にも見やすいアプリ画面と、盗難補償あり。
コインチェックでの仮想通貨取引がおすすめです。
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ピックアップ記事

  1. iPhoneでApple Payの提供開始
  2. ビットコインで家を買った主人 130万ドル儲かる
  3. 富士市、ブロックチェーンで商店街を活性化。
  4. 三井住友海上保険が仮想通貨取引所向けの保険サービスを開始
  5. リップルがイーサリアムの時価総額を超えて2位に。しかしいつまで?

関連記事

  1. アルトコイン

    Bitmain、ETHマイニング用ASICのプレオーダー開始

    イーサリアムをマイニングする、初のASICが市場に参入しようとしていま…

  2. アルトコイン

    ビットコインが堅調、アルトコインは低迷中

    10月23日の仮想通貨市場は、引き続きビットコインが堅調です。間もなく…

  3. ビットコイン(BTC)

    takaraのカウンターパーティトークン対応版がリリース!

    ビットコインをはじめ、チケットなど地図上に落とされたトークンを、近くに…

  4. アルトコイン

    GMOの仮想通貨マイニング事業に投資総額100億円

    GMOインターネットは13日、先日9月7日に発表された仮想通貨のマイニ…

  5. ビットコイン(BTC)

    日本のハイパーインフレがビットコインの価格上昇につながる!?

    海外ニュース「Welt」の財務デスクのシニアマネージャー、Holger…

  6. アルトコイン

    真のビットコインはたったひとつ。今までのフォーク、これからのフォーク。

    最近、ビットコインネットワークの様々な「フォーク」について、特に仮想通…

過去記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

新着記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  1. アルトコイン

    イーサリアム、2度のハードフォーク予告を公式告知
  2. ビットコイン(BTC)

    10月上がり続けたビットコイン。そして今後は?
  3. アルトコイン

    イーサリアムが9月下旬にハードフォークを発表
  4. ビットコイン(BTC)

    「2018年仮想通貨の時価総額は200兆円になるだろう」- マイケル・ノボグラッ…
  5. ビットコイン(BTC)

    ハッシュパワー取引所ナイスハッシュ、6400万ドル相当のビットコイン盗まれる
PAGE TOP