仮想通貨、経済ニュース

主要取引所”Bittrex”のユーザー、数ヶ月間に渡る遅延問題を抱えている

米国拠点の主要仮想通貨取引所「Bittrex」(ビットレックス)のユーザーは、様々なコミュニティ、フォーラム、SNS上で、出金処理に関して長期に渡り、取引所との間に問題を抱えていることを吐露しています。
 

Bitterexで何が起きているのか?その原因は?

一部のユーザーらは、Bitterexからの出金処理に、はっきりしない理由のまま、数週間あるいは数ヶ月間待たされていることを明らかにしました。

Bittrexの顧客の話によると、プラットフォーム上での個人認証作業により、出金の遅延問題が発生しているとしています。他の全ての取引所と同様に、出金、入金、取引制限がここにも設定されています。

ユーザーが出金限度額の上限をあげるためには、政府発行の身分証明証、パスポート、セルフ写真、追加の情報を提出する必要があります。

しかし、Bittrexに急速に新規登録者が増えたことにより、ID検証作業が急増しているため、日々の取引限度額を引き上げてアカウント確認を完了するプロセスは、1カ月を要することがあるようです。あるユーザーはこのように語っています。

サポートチケットを受け取って問い合わせを行ないました。私のサポートチケットは11月6日に開かれましたが、Bittrexの誰からも何の返事もありません。間もなく30日間になります。何度かサポートチケットの再発行も行なっています。

日本のユーザーにも同様の問題が起きている様子。

今月初めに、Bittrexの広報担当者は、この個人認証プロセスを簡単にして、ユーザーの日々の取引限度額を迅速に引き上げるための様々な解決策を導入していると述べています。また、個人認証作業の遅れの影響を受けているユーザー、トレーダーに対して出来る限りの協力をしているとしています。

「全体のユーザー数に比べると、わずかな割合のユーザーがまだこの影響を長く受けており、解決するのに遅れを取っています。最近、我々はこの遅延に対処するためスタッフの増員を行なっております。」このように広報担当者は説明を行ないました。

また、Bittrexの創業者Rami Kawach氏は、前例の無いユーザーの急増に触れています。

前例のないユーザーの増加と要求の負荷のために、我々は現在バックエンドシステムのアップグレードを行っています。我々は、取引の影響を最小限に抑えようとしていますが、すべての市場で短期的な停電が予想されます。

Bittrexチームは、今後数ヶ月でユーザーベースの劇的な増加に対処するために、バックエンドシステムに追加の更新と改善を展開することを目指しています。
 

他の取引所でも同様の問題が発生

2017年5月には、著名なビットコインブロガー兼トレーダーである”WhalePanda”は、サンフランシスコに拠点を置く、米国の別の主要取引所である「Kraken」で個人認証作業に1ヶ月以上待っていたことをツイッター上でつぶやいていました。

「レベル3の個人認証作業を受けるのに、クラーケンで待たされてから1ヶ月にもなる。」Krakenのサポートチームはこれに対し、「認証作業チームは個人認証作業と上限額引き上げ作業の急増により、処理が追いついていない。」と返答していました。

過去数週間で、Bittrexは、ユーザーアプリケーションの検証とプラットフォームの運用管理のプロセスを合理化するため、最高経営責任者(COO)として12年間Amazonにて役割を果たしたJim Waschak氏を雇用し、元国土安全保障局の副社長Kiran Raj氏を最高戦略責任者として迎えました。

BittrexのCEO、Bill Shihara氏は12月15日、このように述べています。

私たちの使命は、世界中で最も信頼できる仮想通貨取引所を開発することです。個々がもたらす幅広い経験は、その目標を達成するうえで非常に重要と考えています。彼らは、ブロックチェーン技術そして、財務と安全の未来のために、より良い機会を作ることの出来る整備された取引環境を育成するために、当社の永続的なコミットメントを推進して行ってくれるでしょう。

しかしながら、待たされているユーザーや、資産の引き出しが出来ないユーザーにとっては、居ても経っても居られない気持ちになるのは当然の事です。

さらにBittrexでは個人情報流出の噂もあり、真偽についてはまだはっきりしていません。この様なときに公式からのちゃんとした声明が出されると、個人の安心に繋がるのにと思わずにはいられません。

海外の取引所に資産を預ける場合は、分散させるなどしてリスクヘッジを図ることが大切です。また、英語が出来ない場合は高い手数料を払ってでも日本国内の取引所を利用して問い合わせを安心して行なえる様にするのも、一つの手です。

 
仮想通貨の購入は、盗難補償ありで初心者に見やすいアプリ画面の
コインチェックがおすすめです。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ピックアップ記事

  1. 山陰合同銀行、社員食堂で仮想通貨支払い
  2. 独自仮想通貨「琉球コイン(仮)」沖縄で構想
  3. 富士市、ブロックチェーンで商店街を活性化。
  4. アルトコイン(オルトコイン)ってなに?
  5. iPayYouがAmazonで利用できるビットコイン決済サービスを発表

関連記事

  1. 仮想通貨、経済ニュース

    オーストラリア1200箇所のニューススタンドでビットコインとイーサリアムを販売中

    オーストラリアに居る仮想通貨ホルダーは、国内にある1200箇所に及ぶニ…

  2. ビットコイン(BTC)

    Poloがニューハンプシャーの居住者を一時的に凍結!!

    Poloniex(大手暗号通貨取引所)は公式サイトにて、ニューハンプシ…

  3. ビットコイン(BTC)

    ビットコインに投資を始める3つの方法(ウィンクルボス兄弟も登場)

    ちょっと前までは認知されていなかった仮想通貨。中でもビットコインは時価…

  4. 仮想通貨、経済ニュース

    バークレイズの元トレーダー、ビットフライヤーへ転職。既存の金融機関に未来を感じられない。

    イギリス・ロンドンに本拠を置く「バークレイズ」の元トレーダーである村山…

  5. ビットコイン(BTC)

    北朝鮮、韓国のビットコイン取引所Youbitをハッキングした疑い

    今週初めに、韓国の仮想通貨取引所であるYoubit(ユービット)はユー…

  6. 仮想通貨、経済ニュース

    SBI Ripple Asiaコンソーシアムを利用した詐欺セールスに注意喚起

    SBI Ripple Asia が事務局を務める「国内外為替の一元化検…

過去記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

新着記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  1. 仮想通貨、経済ニュース

    ロシアのホテル、ワールドカップ観戦宿泊者のビットコイン支払い受け入れ
  2. 仮想通貨、経済ニュース

    中国などICOに規制で仮想通貨全体が下落
  3. 仮想通貨市況

    ビットコイン価格再び1万ドル突破。取引量は依然少なめ
  4. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン対応店舗、年内に国内2万カ所へ拡大めざす
  5. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン購入時の消費税を非課税に、金融庁が求める
PAGE TOP