ビットコイン(BTC)

Bithumbと電子決済Korea Pay Servicesが提携、8000店舗の利用目指す

韓国大手取引所ビッサム(Bithumb)は、小売店での仮想通貨決済サービス利用を促進する動きで、Korea Pay Servicesとの新たな提携を発表しました。

この提携により、ビッサムのユーザーは仮想通貨を使用してオフラインストアで支払いを行うことができます。

6,000以上の店舗が恩恵を受ける


Korea Pay Servicesは、韓国の8,000以上の小売店の電子決済を処理するモバイル決済プロセッサーです。 200社以上のフランチャイズと提携してモバイルギフト券を提供する国内初の企業となりました。

今回の提携により、ビッサムのユーザーは、取引所で保有している仮想通貨を使用して、国内の6,000を超える店舗で商品やサービスを支払うことができるようになります。

ビッサムによると、「韓国は、仮想通貨が小売決済に既に使用されているスイスや日本などの他の確立された市場に遅れをとっている。」としています。

「ビッサムは、韓国最大のメッセージアプリ、カカオ(kakao)の支援を受けているアップビット(Upbit)に次いで韓国で2番目に大きい取引所です。今後数か月以内に、戦略的なパートナーとのより多くのコラボレーションを通じた支払いのために、小売利用の普及に尽力する予定。」だと語っています。

この試みの初期段階では、5,000を超える店舗が導入予定です。さらに、年末までに8,000店以上に増加する見込みです。その中にはヤンキーキャンドル、DROPTOP(コーヒーチェーン)、韓国料理のTodai、さらに450以上のロケーションにある韓国で最も人気のあるデザートショップのSulbingなどがあります。
 

ビッサムVSアップビット

東アジア最大の取引所であるアップビットとの戦いを続けているビッサムにとって、今回の提携は大きな意味があるでしょう。

アップビットは、ビッサムのほぼ3年後の2017年10月に設立されました。しかし、わずか3ヶ月経過後には、日々の取引量でビッサムを上回りました。これは、米国のBittrex取引所との提携により、アップビットがビッサムよりもはるかに多い100以上の通貨を取り扱うことを可能にしたからです。

韓国の最も有名な企業のひとつである、カカオによるアップビットの支援も大きかったと思われます。

Cryptocurrency CoinMarketCap.comの最新データによると、 アップビットは現在、ビッサムの取引量の2倍のを処理しています。

ビッサムは市場での地位を維持するためにサービスを改善し続けました。 1月に、オンライン小売業者であるWeMakePriceとの提携を発表しました。これにより、顧客は仮想通貨で買い物することができます。

ビッサムはまた、8つのセンターからの顧客サービスの大きな拡張を発表しています。

出典:https://themerkle.com/bithumb-partners-to-promote-retail-crypto-use/
Bithumb and Korea Pay Services Partner to Promote Retail Use of Crypto

ビットフライヤーは金融庁認可済みの取引所です☆彡
登録無料。サポート、サーバーの安定性などまずまずでバランス良し。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ビットコインが一夜で12%下落するも早期回復

    5月12日金曜日、ビットコインの価格は24時間で約1,815ドルから1…

  2. ビットコイン(BTC)

    2013年の下落と今のビットコインの値動きが別物?アナリストはホールド推奨

    ビットコインの最近の価格急落は、2013年のビットコインの下落と同じ類…

  3. 仮想通貨、経済ニュース

    マイケル・ノヴォグラッツ氏、価格操作に対する司法省の捜査が入るのは”良いこと”…

    億万長者の投資家であり、元ヘッジファンドマネージャーのマイケル・ノヴォ…

  4. ビットコイン(BTC)

    ヤマダ電機がビットコイン決済を開始

    国内大手家電量販店のヤマダ電機が「bitFlyer」との提携により、都…

過去記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

新着記事

  1. ビットコイン(BTC)

    「2018年仮想通貨の時価総額は200兆円になるだろう」- マイケル・ノヴォグラ…
  2. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン両替サービスZebpay、インド市場で急成長中
  3. ブロックチェーン

    リップルがイーサリアムの時価総額を超えて2位に。しかしいつまで?
  4. ビットコイン(BTC)

    ツイッターCEO「ビットコインは世界の単一通貨となる」
  5. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン先物開始後、強気のビットコインは価格が上昇
PAGE TOP