アルトコイン

リップル、第1四半期は前期比83%増

リップル(Ripple)は、XRPの売上げ高の上昇について報告を上げています。

リップル社のサイトに掲載された記事によると、同社は2018年の最初の3ヶ月間でXRPを1億6770万ドル販売し、前期比83%の増加、更には2017年の第1四半期と比較して2,400%の増加となりました。

リップルのコーポレートコミュニケーション部門責任者であるトム・チャニック(Tom Channick)氏は、XRPの売上高は「期待を上回った」と語りました。

企業として、当社の戦略は、我々の技術を使うために顧客に参加してもらい、その顧客を製品へ促すことに焦点を当てています。我々がこれを続けることによって、世界中のお金のめぐり方を変えていけるのです。

2017年末の5.3%から3月末の6.9%に増加したことで、第1四半期に成長した仮想通貨市場全体にXRPは影響を及ぼしました。
 
仮想通貨市場に占めるシェアについては

2017年11月24日と2018年3月31日の仮想通貨の総時価総額は同じでしたが、XRP自体の時価総額のシェアは倍になり、3.56%から7.57%に上昇しました。

XRPの価格は2017年後半に12月初めの0.25ドル以下から1月初めの3.84ドルのピークまで上昇しましたが、トークンのその後の落ち込みは急激で、1ヵ月以内には1ドル弱で取引されるようになりました。(執筆時点では、1 XRPは約0.83ドルです。)

リップルの第1四半期の報告書には、世界的な規制や未来への不確実性が及ぼしたネガティブな影響が価格に現れたとしています。

リップルは、効率を高め、支払いのコストを削減する手段、特に国境を越えて取引される手段として、銀行に対するXRPおよびその他のソリューションを提供しています。

熱烈なファンを獲得しただけでなく、その自身の発行体の力が及ぶ範囲と、導入されるペースに関して、批判も同じく集めてきました。

“いつでもXRP供給の確実性を生み出すために。”

リップルは12月にエスクロー口座に550億のXRPをロックアップしました。同社は「XRPエコシステムへの投資を支援するために、さまざまな方法で使用しています。」として第1四半期に、この中から約3億XRPをリリースしています。

出典:https://www.coindesk.com/ripples-q1-report-direct-xrp-sales-fell-but-share-of-crypto-market-rose/
Ripple Says Sales of XRP Cryptocurrency Rose 83% In Q1

【XRPも取り扱い】ビットフライヤーは金融庁認可済みの取引所。
登録無料。初心者はまず国内の取引所からスタートを。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連記事

  1. アルトコイン

    XEM、COMSAのICOトークンにフィスコなどVC3社が直接投資を発表

    テックビューロ社が、日本発のICOプラットフォームCOMSAを発表した…

  2. アルトコイン

    ビットコインランサムウェアWannaCryの脅威 – Window利用者はご注意を

    世界各地で大規模なサイバー攻撃が相次いでいる問題で、ユーロポール(ヨー…

  3. アルトコイン

    Ethereum Devcon2のスポンサーにサンタンデール

    9月19日から24日、上海ではインターナショナル ブロックチェーン ウ…

  4. アルトコイン

    インド「アクシス銀行」が金融システムにリップル採用 XRPが高騰

    インドで3番目に大きな銀行「アクシス銀行」がリップルを採用すると発表し…

  5. アルトコイン

    イーサリアムの価格テクニカル指標

    先ほどお伝えした、2日前のメモリエラー問題を境に、イーサリアムの価格は…

過去記事

新着記事

  1. ビットコイン(BTC)

    12万BTCがハッキング被害!
  2. ビットコイン(BTC)

    CBOEでビットコイン先物取引が開始、急騰で一時取引停止も
  3. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン取引量、直近の最低水準から2倍に
  4. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン急上昇の謎
  5. アルトコイン

    イーサリアムクラシックがスランプから脱却か
PAGE TOP