ビットコイン(BTC)

ビル・ゲイツはビットコインをショートしたいが何故かしない

億万長者で御馴染みのビル・ゲイツ氏、仮想通貨は自分よりも愚かな物に売り渡すことによって利益を得る価値のない投資だと主張しており、可能ならば売り手(ショート)に掛けたいと話し、ビットコインには否定的です。
 

ビットコインは「愚かな理論」投資

「出来ることなら私はビットコインをショート(売り)したいね。」

ビル・ゲイツ氏は7日、彼の億万長者の仲間ウォーレン・バフェット(Warren Buffett)とチャーリー・マンガー(Charlie Munger)との共同インタビューでCNBCにこのように語りました。

「資産クラスとして、何も生み出してはいない。それが上がることを期待してはいけない。単に”愚かな理論”投資のようなものだ。」

この億万長者お三方は、5日の年次株主総会を開催したバークシャー・ハサウェイの取締役会のメンバーであるため、召集されていたのです。

バークシャーCEOでもあるバフェット氏に至ってはビットコインを「ラット・ポイズン・スクエア」(ねずみ駆除剤の2乗?要は劇薬であるということらしい。)と揶揄しました。

ビル・ゲイツ氏は、残念ながらビットコインの背後にあるブロックチェーン技術は非常に便利だが、バーチャル通貨は狂った投機的な投資に過ぎない。と認めています。

ビットコインとICO、これらは全く持ってクレイジーで投機的な投資であると私は信じる。

マイクロソフトでの功績がもたらした純資産が910億ドルを超えるゲイツ氏は、かつて誰かが誕生日にビットコインをプレゼントしたらしいのですが、彼はそれを売却したそうです。

ゲイツ氏がビットコインをショートしたいと本気で考えるならば、色々と選択肢は考えられます。たとえ彼がBitMEXのような取引所で自ら取引をしなくても、CBOE、CMEの先物、あるいはゴールドマンサックスの新しいデリバティブ商品でさえも、ビットコインのショートポジションを簡単に開くことができます。

しかしゲイツ氏は仮想通貨に反対してはいても、ショートしていない事実がそこにはあります。
 

バークシャーのビットコイン叩きは続く


CEOであるウォーレン・バフェット氏と副会長のチャーリー・マンガー氏は、ビットコインに最も批判的な評論家です。同じインタビューの中で両者は、ビットコインを「価値のないもの」そして「役に立たないもの」「偽の金」などと呼んでいます。

バフェット氏率いるバークシャーは、ビットコインはさておき”アップル”の株を最近1兆円以上買い増したそうで、更に今後も買い続けるとしています。
 

テックの新しい護衛者が仮想通貨を押し上げる

このようなビットコインに反対する億万長者の”古い護衛者”の勢力にもかかわらず、ハイテク億万長者のニューカマーは、ビットコインが将来、”止めることのできない波”になると信じています。

バイナンス(Binance)の創業者Changpeng Zhao氏はブルームバーグにこのように語っています。

私は仮想通貨が、未来そのものであることを100%確信している。私はそれが起こることを知っている。

 

また、推定資産9億〜11億ドルとも言われるウィンクルボス兄弟のタイラーとキャメロン氏は、このように述べています。

仮想通貨を愚かにも却下するビットコイン懐疑派は、「想像力の欠如」に苦しんでいる。

 

ビットフライヤーは金融庁認可済みの取引所。
登録無料。初心者はまず国内の取引所からスタートを。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

出典:https://www.ccn.com/bill-gates-would-love-to-short-bitcoin-so-why-doesnt-he/
Bill Gates Would Love To Short Bitcoin, so Why Doesn’t He?

ピックアップ記事

  1. スウェーデン政府、3月にブロックチェーン土地登記実証実験
  2. ブロックチェーン推進協会 設立8ヶ月弱で加盟企業数が100社を突破
  3. 世界初ブロックチェーン国際貿易取引に成功。英バークレイズ銀行とイスラエルのWav…
  4. iPhoneでApple Payの提供開始
  5. 世界初、車内からガソリン代決済。Honda、Visa共同開発。

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    韓国、規制内容明らかに。仮想通貨の実名取引を1月30日から開始

    韓国は1月30日から、仮想通貨取引所に登録している仮想口座を、実名確認…

  2. ビットコイン(BTC)

    10月上がり続けたビットコイン。そして今後は?

    人民元が急落10月に入り、人民元は下落の一途をたどり、他の主要…

  3. ビットコイン(BTC)

    Mt.Gox事件の真犯人か?ギリシャでロシア人男逮捕

    驚きの新展開。マウントゴックス事件の真犯人と見られる男が逮捕されました…

  4. ビットコイン(BTC)

    韓国政府関係者、大暴落の前にインサイダー取引の疑い

    16日、17日にかけて仮想通貨市場は全面安の下落が続いていました。…

  5. ビットコイン(BTC)

    急増するビットコインATM ロシアに初の設置

    ロシアの第二都市サンクトペテルブルクに、珍しくロシア製のビットコインA…

  6. ビットコイン(BTC)

    中国の家電製品にビットコインのマイニングチップを埋め込む!?

    中国の家電メーカー、マイディアグループ/Midea(美的集団)は、家電…

過去記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

新着記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  1. 仮想通貨、経済ニュース

    バルト諸国で増えているビットコイン払い
  2. ビットコイン(BTC)

    ドバイのタワーマンション、ビットコインで買えます
  3. アルトコイン

    イーサリアムクラシックが高騰
  4. アルトコイン

    インド”Bitcoin”よりも”Ethere…
  5. フィンテック

    ソラミツ、楽天証券ブロックチェーン技術で共同開発開始
PAGE TOP