仮想通貨、経済ニュース

オフラインでビットコイン取引ができる「goTenna」

もしジェームズ・ボンドがジャングルでの任務遂行中にビットコインを使用する状況下におかれた場合、Wi-fiを利用するために易々とスターバックスに立ち寄ることはさすがに難しいでしょう。

仮想通貨トレーダーやホルダーは、オフラインエリアにいる場合に取引が必要になったら、自らインターネット接続が出来る場所へ動くしかありません。しかし、オフラインでもトランザクションできる方法が存在します。

ニューヨークに本拠を置く分散型コミュニケーション・スタートアップの「goTenna」はSamourai Bitcoin Walletと提携して、デバイスがWebに接続されていなくてもビットコインを取引できるようにするアプリを作成しています。

しかし全てがシンプルで簡単ではありません。

デバイス「goTenna」が必要

まずは、179ドルの「goTennaメッシュデバイス」が必要です。

このデバイスは元々、携帯電話と繋げることにより、他のgoTennaユーザーとメッシュネットワークを作成し、UHF周波数を使用して、セルラーデータやWi-Fiなしで長距離の情報を送信することができます。(goTennaユーザーを複数介していくことによって更に長距離まで届くことが出来るとしている。)

ビットコインのトランザクション取引には関係なく、Wi-fi環境でない場合でもネット接続することができるので、アメリカ、ヨーロッパ諸国ではユーザーが多くなっています。現在までに10万台を売り上げたそうです。


(ヨーロッパ諸国での普及率。アメリカは全土に見られる。)
 

アプリケーション「TxTenna」

「TxTenna」というアプリを使って、Samourai WalletとgoTennaメッシュデバイスの間にチャネルを作成します。

これでユーザーは通常通りビットコイントランザクションを発生させることが出来ます。トランザクション情報は、TxTenna Appに送られ、TxTenna AppはペアのgoTennaメッシュデバイスを介して近くのメッシュノードにブロードキャストします。

各goTennaデバイスは、インターネットに接続されているTxTennaアプリに接続するまで、トランザクション情報を他のデバイスに中継します。その最後のデバイスが電話と同期すると、ビットコインネットワークに取引情報が送信されます。

このデバイスは、安定したインターネット接続や携帯電話サービスがない遠隔地を移動中や駐在中に便利です。

goTennaは、デバイスが「あなたが誰で、どこで取引をしているのか(これらの情報を)隠せる。」と、プライバシーを犠牲にすることなく取引ができる大事な点について強調しています。
 

オフラインでのビットコイン取引の模索は今に始まったことではない

Blockstreamは、インターネットにアクセスできない人々のためにビットコインのネットワークへのアクセスを可能にするため、昨年8月に放送衛星を打ち上げました。ニック・サズボ氏はまた、ビットコインをラジオで送信する可能性について検討しました。

Samourai Walletは、セキュリティ機能をさらに向上させ、ネットワークの停止や検閲に対処するビットコインの別の送信方法をこれまでに考えてきた人たちに触発されたと述べています。

仮想通貨トレーダーは遠隔地からのトランザクションを行う必要がある場合にインターネットアクセスにかわる他の手段があるのは素晴らしいニュースです。しかし、このデバイスの1つの間隔が有効であるのは今のところオープンエリアで6.4km、障害物のある場所では0.8km(ホームページより引用)とされており、メッシュネットワークが効果的に働くためには、多くの人々がこのデバイスを持ち、そのネットワークの有効範囲が拡大することが必要です。
 
ビットフライヤーは金融庁認可済みの取引所。
登録無料。初心者はまず国内の取引所からスタートを。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

出典:https://thenextweb.com/hardfork/2018/05/15/app-trade-bitcoin-without-internet/
This app lets you trade Bitcoin without an internet connection – but there’s a catch

 

関連記事

  1. 仮想通貨、経済ニュース

    長引く中国取引所閉鎖のうわさと緩やかに回復する市場

    9月8日に、中国の財新メディアが、中国の金融当局は仮想通貨取引所を当面…

  2. ブロックチェーン

    ロシア、日本がクリル諸島で共同仮想通貨政策を検討

    ロシアと日本が、共同でクリル諸島にて仮想通貨推進プログラムを展開する可…

  3. 仮想通貨、経済ニュース

    ジョン・マカフィー氏「仮想通貨の上昇ラリーが近い」

    ジョン・マカフィー氏は仮想通貨の上昇ラリーが間もなくやってくるだろうと…

  4. 仮想通貨、経済ニュース

    ロシアのホテル、ワールドカップ観戦宿泊者のビットコイン支払い受け入れ

    まもなく6月に迫ったロシアワールドカップ。観戦に訪れるサッカーファンは…

  5. 仮想通貨、経済ニュース

    15年ぶりの中国人民銀行総裁はビットコインに好意的

    中国の中央銀行である中国人民銀行は、15年ぶりに新総裁を迎えました。新…

過去記事

新着記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  1. 仮想通貨、経済ニュース

    日本に350万人のトレーダー、仮想通貨界を牽引
  2. 仮想通貨、経済ニュース

    「全ての地獄から開放されるだろう」ABRAのCEO、ビットコイン価格が今年再び高…
  3. ブロックチェーン

    ロシア、日本がクリル諸島で共同仮想通貨政策を検討
  4. ビットコイン(BTC)

    国税庁ビットコインの税金区分を発表
  5. アルトコイン

    インド”Bitcoin”よりも”Ethere…
PAGE TOP