ビットコイン(BTC)

ナスダック、VanEckと提携。ビットコイン先物「Crypto2.0」を発表。来年リリースか

世界で2番目の規模を誇る株式取引所Nasdaq(ナスダック)は、投資管理会社でビットコインETFを申請中のVanEckと提携し、新たな仮想通貨商品を市場にもたらす。

このパートナーシップは、27日にNYで行なわれた「Consensus Invest 2018」にて正式に発表された。VanEckのデジタル資産戦略担当ディレクター、Gabor Gurbacs氏は、規制された「crypto2.0」先物型契約を市場にもたらす動きを発表した。

Gurbacs氏によると、来年初めにリリース予定だと言う。

仮想通貨界の著名人や一般視聴者がNYのマリオットに集った。

我々が特にお伝えしたいのは、商品先物取引委員会(CFTC)と協力して、カストディと監視の新たな基準を生み出すことに尽力していることです。

Gurbacs氏は登壇しこのように述べた。

また、フォローアップのインタビューでは、これらの先物商品は、ビットコイン先物商品を取り巻く現在の規制基準への「アップグレード」と考えることができると語った。

SMARTSと呼ばれるナスダックの株式市場監視システムと、MVISが提供する信頼できる価格ベンチマークを活用することで、「仮想通貨市場に関与しようとしている規制当局や機関に安心を持たせる」ことが狙いだという。

SMARTSは、スプーフィング(なりすまし)やウォッシュトレードなど要は疑わしい市場活動を自動的に検知するために設計された何百ものアルゴリズムをホストするソフトウェアである。 Gurbacs氏は、これを「ビッグ・ポリスマン・エンジン」と呼んで、技術が公正で秩序ある方法でビットコイン先物取引を確実にすると説明した。
 

ビットコイン先物の現状

現在CFTCは、シカゴ・ボード・オプション取引所(CBOE)がジェミニ・エクスチェンジと提携し、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)がクリプト・ファシリティーズと提携して運営する、ビットコイン先物取引を2件承認済みである。

これらの先物契約は差金決済であり、期限切れになると決済するために「現物」のビットコインを移動する必要がないことを意味する。

これとは対照的に、インターコンチネンタル・エクスチェンジ(ICE)の支援を受けているBakktが運営する来年1月に予定されているビットコイン先物商品は現物決済され、満期時にこれらの契約を保有する投資家はビットコインで支払いを受ける。

ナスダックとVanEckのビットコイン先物商品が、差金決済なのか現物決済なのかは、Gurbacs氏、ナスダックの代表共にコメントしておらず明らかにはなっていない。

それでも、Gurbacs氏は、来年の第1四半期のビットコイン先物商品の開始予定日を強調し、「2019年はたくさんの待ち遠しいことが控えている。」と述べた。

さらに、BanEckによって提案されたPhysical-backed Bitcoin Exchange(現物に裏づけされたビットコイン取引)ファンドは、ブロックチェーン・テクノロジー会社SolidXと提携して、2019年2月27日までに証券取引委員会による最終決定に達する予定だ。
 
 
出典:https://www.coindesk.com/nasdaq-vaneck-partner-to-launch-crypto-2-0-futures-contracts
Nasdaq, VanEck Partner to Launch ‘Crypto 2.0’ Futures Contracts

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ビットコインが3年超ぶり高値 ETF認可の思惑で

    仮想通貨「Bitcoin(ビットコイン)」の価格が約3年ぶりに史上最高…

  2. ビットコイン(BTC)

    イタリア政府、ビットコインを通貨として扱い課税する意向を示す

    ビットコインで買い物が出来るインフラが整うイタリアでは、個人のビットコ…

  3. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン取引量、直近の最低水準から2倍に

    ビットコインは今週火曜日に600ドルと劇的に大きな上昇で取引量が急増し…

  4. アルトコイン

    自称サトシ・ナカモトのクレイグ・ライト氏曰く「2018年はビットコインキャッシュの年になる」

    自分こそがビットコインの生みの親であるとする、自称「サトシ・ナカモト」…

  5. ビットコイン(BTC)

    CBOEでビットコイン先物取引が開始、急騰で一時取引停止も

    ついに、シカゴのオプション取引所CBOEは本日(現地時間12月11日日…

  6. ビットコイン(BTC)

    ロンドンの有名貴金属店がビットコイン払いの受け入れ

    ビットコインでの決済導入をはじめる企業や店舗はこの過去一年で着々と増え…

過去記事

新着記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ビットコインの最近の下落は目新しいものではない
  2. 仮想通貨全般/経済

    コインベースの評価額は16億ドルから80億ドルへ
  3. アルトコイン

    イーサリアムの共同設立者「価格崩壊は目新しくはない。発展の妨げにはならない」
  4. アルトコイン

    イーサリアムクラシックがスランプから脱却か
  5. ビットコイン(BTC)

    ビル・ゲイツはビットコインをショートしたいが何故かしない
PAGE TOP