仮想通貨全般/経済

GMOインターネット、仮想通貨マイニング事業で355億円の特別損失、マシン販売からは撤退するもマイニングは継続

GMOインターネット株式会社(東証:9449)は25日、自社のホームページにおいて仮想通貨マイニング事業における特別損失計上を発表した。

当社は、 本日の取締役会において、2018年12月期第4四半期決算(2018年10月1日~2018年12月31日)に、仮想通貨マイニング事業に係る特別損失を計上することを決議いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

自社マイニング事業の減損損失など約115億円、マイニングマシンの開発・製造・販売事業 債権譲渡損などで約240億円と内訳を記載しており、合計で355億円の特別損失を計上する。

理由として、「足元の仮想通貨価格の下落、想定を上回るグローバルハッシュレートの上昇により想定通りのマイニングシェアが得られなかったこともあり、当社グループの自社マイニング事業の収益性は悪化しておりました。」と説明している。

今後、マイニングマシンの開発・製造・販売を中止するが、マイニング事業は継続を行っていくと言う。

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    中国格付け「世界パブリックチェーン技術評価インデックス」でイーサリアムが1位に

    中国情報産業発展局(CCID)が初の「世界パブリックチェーン技術評価イ…

  2. 仮想通貨全般/経済

    サムスンは時期S10シリーズに仮想通貨のコールドウォレットを組み込む予定

    エレクトロニクスの巨大企業であるSamsung(サムスン)のオンライン…

  3. アルトコイン

    ブライアン・ケリー氏「ETF延期を理由にビットコインを売却するのは間違い」

    CNBCの番組ファスト・マネーのコメンテーターであり、BKCMのCEO…

  4. 仮想通貨全般/経済

    ビットフライヤー、業務改善命令を受け新規アカウント作成一時停止

    金融庁は22日、大手BitFlyer(ビットフライヤー)など、仮想通貨…

  5. ビットコイン(BTC)

    Mt.Gox事件の真犯人か?ギリシャでロシア人男逮捕

    驚きの新展開。マウントゴックス事件の真犯人と見られる男が逮捕されました…

過去記事

新着記事

  1. ブロックチェーン

    イーサリアムをベースにブロックチェーンで投票システム
  2. 仮想通貨市況

    BTC, ETH, XRP, LTC, ETC:7月26日の相場
  3. ビットコイン(BTC)

    イーサリアムのハッシュレートが一時下落
  4. アルトコイン

    サンタンデールとイーサリアムの架け橋
  5. ビットコイン(BTC)

    CMEビットコイン先物取引、12月18日までに開始か
PAGE TOP