仮想通貨全般/経済

ワインの会社が日本の仮想通貨取引所の株式を約33億円で過半数取得

マディソン・ホールディング・グループは、国内仮想通貨取引所「Bitocean(ビットオーシャン)」(東京都江東区)の株式67.2%を16.8億円で買収することに合意した。このワインとアルコールの飲料会社は、手数料を含めて総額で3,012万ドル(約33億4千万円)を支払う。

Bitmexが日本に本格的に進出か

マディソンはフランスの高級ワインの販売をおこなう人気の投資持株会社だ。

この5億4,600万ドル相当の企業は、ジュニア部門である香港証券取引所のGrowth Enterprise Market(GEM)に上場している。同社はまた、コーポレートファイナンス活動、ファイナンシャルアドバイザサービス、および資産運用にも関心を持っている。

ビットオーシャンは日本の金融庁に仮想通貨交換業を行なう取引所として登録されているが、まだ一般向けに取引を開始していない。 GEMに提出された報告書によると、マディソンHGは「多様化戦略」の一部であるとして、今月中に「独立した第三者」から株式を購入するとしている。

サウスチャイナモーニングポスト(SCMP)によると、HDRグローバルトレーディングの一部門であるのが、仮想通貨取引所「Bitmex」(ビットメックス)であり、その所有者であるHDR Cadenza Managementが、マディソンHGの株式の51%を1,714万ドルで取得することも報道されている。

どちらの取引もまだ契約締結されてはいないが、実現すれば間接的ではあるが、ビットメックスが、ビットオーシャンに対して支配権を持つこととなる。そうなればビットメックスの日本進出が本格的となる。

マディソンHGの会長、Raymond Ting Pang-wan氏は次のように述べている。

私たちのワイン事業は安定しており収益もあるが、それでも小規模である。ワインの取引で大企業に成長するのは難しいことです。だからこそ私たちは金融テクノロジーと仮想通貨ビジネスに多様化しなければなりません。- 私たちの株主にとってより良いリターンを達成するために。仮想通貨とブロックチェーンの人気が高まっています。仮想通貨部門への投資は、私たちの収入源を拡大するでしょう。

日本の健全な仮想通貨規制に魅力

Pang-wan氏はSCMPに対し、BTCの価格は2017年12月の史上最高値の2万ドルから80%以上急落したが、同氏の会社は現在の市場の低迷を懸念していなかったと語った。

ビットコインは安く、それが私たちが市場に参入する良い機会を生み出しましました。私たちは長期的に見ているので、短期的なボラティリティについては心配していません。

彼は、世界の仮想通貨取引の5分の1を持つ日本に参入するという決定については、太平洋の島国における包括的な規制の枠組みの存在によって動機づけられたと述べた。

「適切な規制の下にあるプラットフォームに投資したいと思っていました。」とPang-wan氏は述べた。

今年1月の5億3千万ドルのコインチェックでのハッキング事件は、同国の仮想通貨規制における重大な転換点となった。今日、日本には自主規制機関である日本仮想通貨交換業協会があるが、金融サービス機構とのライセンスを申請する取引所は金融庁の厳格な検証プロセスを経なければならない。

香港証券協会の会長、Gary Cheung Wai-kwok氏は次のように述べている。

これはこの企業(マディソン)にとって小さな投資です。大きなリスクにはならないだろう。より高い所得を達成するために会社が事業を多様化することは理にかなっている。

 
出典:https://news.bitcoin.com/wine-retailer-to-buy-majority-stake-in-japanese-bitcoin-exchange-for-30m/
Wine Retailer to Buy Majority Stake in Japanese Bitcoin Exchange for $30M

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    ハイパーインフレーションに直面しているベネズエラ、石油に裏付けされた仮想通貨導入か

    ベネズエラはこの数年間、ハイパーインフレーションの圧力に苦しんでいます…

  2. 仮想通貨全般/経済

    2018年「成熟した」仮想通貨市場が多くの投資を引き寄せる

    香港に拠点を置く仮想通貨投資会社Orichal Partnersの設立…

  3. 仮想通貨全般/経済

    インフレが起きた場合の仮想通貨のメリットについて考える

    80年代のバブル景気、90年代台初頭のバブル崩壊、これらを経験した人で…

  4. ビットコイン(BTC)

    モスクワで初の仮想通貨取引所が開設

    ロシア当局がビットコインの使用に罰則を与える案を撤回した数日後、はじめ…

  5. ビットコイン(BTC)

    仮想通貨で支払えるWirexデビットカードの作り方(最新版)

    仮想通貨投資家、ユーザーにオススメのWirexカードWir…

  6. ビットコイン(BTC)

    26万店 ビットコイン支払いに対応 投機対象から決済へ

    ビットコインが決済手段として本格的に店舗に導入される動きが広がりを見せ…

過去記事

新着記事

  1. フィンテック

    「ブロックチェーン技術を香港証券取引所に」ナスダックが提案
  2. 仮想通貨全般/経済

    銀行は規制が整い、仮想通貨に投資する機会を待っている
  3. 仮想通貨市況

    イーサリアム、その他:5月30日の相場
  4. フィンテック

    金融庁のFintech相談窓口への相談件数は半年で91件
  5. ビットコイン(BTC)

    凄腕トレーダーのマーク・ダウ氏「ビットコインが3190ドルを割ったら要注意」
PAGE TOP