仮想通貨全般/経済

コインチェック遂に金融庁で正式登録、NEM不正流出事件から1年

金融庁は11日、仮想通貨取引所コインチェックに対し、仮想通貨交換業のライセンスを付与したことを発表した。

また、コインチェックは自社のホームページでもその内容を発表している。

コインチェック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:勝屋敏彦、以下:当社)は、2019年1月11日に資金決済に関する法律に基づく仮想通貨交換業者として関東財務局への登録が完了しましたので、お知らせいたします。

コインチェックは2018年1月にハッキングを受け、当時の価値で約580億円分のNEMが流出した。仮想通貨業界最大の巨額被害となった。

仮想通貨の市場全体が活気にあふれ、価格がピークに達した矢先の出来事であった。この事件は仮想通貨市場全体に大きな衝撃を与えた。同社は被害を受けた顧客に1NEM=82円で補償を行った。

その後金融庁は2度の改善命令を同社に言い渡し、内部管理体制を厳しく見直すよう監視してきた。その後2018年4月にマネックスグループの完全子会社となり、役員を一新して抜本的な改革を行なってきた。

金融庁は顧客の資産を守る体制が整ったと判断して今回のライセンス付与となった。

あの事件から1年、仮想通貨の価格は全体的に下げ、主要通貨ビットコインの価格は80%以上下落しており、無残な状態だ。一方で各国のルール作りは進み仮想通貨のメインストリームへの採用に向かっての材料はより具体的なものになってきている。

国内での登録口座数1位を誇ったコインチェックが戻ってくる。マネックスグループに入ってからの一新されたコインチェックはどのような仮想通貨企業を作り上げていくのかが期待される。

関連記事

  1. アルトコイン

    SBI株主総会で新仮想通貨取引所”SBI MAX”について触れる

    本日SBIホールディングスの株主総会が開催されました。SBIは…

  2. 仮想通貨全般/経済

    ノアコインについてフィリピン大使館から注意喚起

    あたかもフィリピンの国家プロジェクトであるように思わせる、フィリピン発…

  3. 仮想通貨全般/経済

    取引所「Coincheck」など サーバーダウンで取引停止

    ビットコインなどの仮想通貨取引所「Coincheck」を運営するコイン…

  4. 仮想通貨全般/経済

    中国大手取引所BTCC、6月にリニューアルした取引所を開始

    香港に本拠を置く仮想通貨企業BTCCは、ソーシャルメディアと公式ウェブ…

  5. ビットコイン(BTC)

    中国大手マイニング企業、新天地を求める動き

    ビットコインキャッシュの生みの親であり、巨大マイニングプールAntpo…

  6. ビットコイン(BTC)

    日本の為替苦境がビットコインには有利に働く?

    最近、軒並み外貨が値を下げているのに対し、日本円は上昇中!海外に旅行す…

過去記事

新着記事

  1. ビットコイン(BTC)

    Poloがニューハンプシャーの居住者を一時的に凍結!!
  2. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン下落 中国の大手取引所2社がビットコインの引き出しを停止
  3. ビットコイン(BTC)

    米eBay(イーベイ)がビットコイン決済導入を真剣に検討
  4. ブロックチェーン

    「ぐるなび」2020年までにビットコイン決済増やす
  5. アルトコイン

    「”e-sport”のイーサリアムICOが瞬殺で完売!」…
PAGE TOP