その他アルトコイン

  1. チャーリー・リー氏「現在の弱気相場は物事を進めるには良い時期」

    ライトコイン(LTC)の創設者であるCharlie Lee(チャーリー・リー)氏は現在の短期相場を「投機」と結論付け、長期的な動向を見守ることこそ仮想通貨の真の…

  2. イーサリアム創設者ヴィタリック「ETFよりも仮想通貨の利用が大事」

    イーサリアムの共同創設者であるヴィタリック・ブテリン氏による最近のツイートによれば、仮想通貨コミュニティはETFの承認か否かについて熱心になりすぎており、仮想通…

  3. チャーリー・リー氏「どんなアルトコインよりもビットコインを買え」

    長年の仮想通貨投資家は、新規参入者に対してビットコインを中心に投資を勧めるのが一般的です。しかし、あまり一般的ではないのは、アルトコインを作った本人が「…

  4. 草コインを買い、仕事を掛け持ちしながら車で生活する男性

    仮想通貨の未来を確信し、アパートを引き払い、車で生活しながら余った小銭も全て仮想通貨ポートフォリオに入れて生活を始めた男性が存在します。 100かゼロか…

  5. ユニセフがページ閲覧者のCPUで寄付金集めにMoneroをマイニング

    恵まれていない子供のための人道的援助活動を行なう「ユニセフ・オーストラリア」は、寄付金集めのために仮想通貨のマイニングを行なう「The Hopepage」を立ち…

  6. コインチェックはMonero、Dash、Zcashの取り扱い中止を検討

    コインチェックは今年1月26日に、当時580億円相当のNEMがハッキングにより盗まれた取引所です。同社はMonero、Dash、Zcashの取引を停止する予定だ…

  7. コインチェック再開の目処を発表、ネムは88円で返還

    8日16時より、コインチェックが緊急記者会見を行ないました。記者会見は不正流出したXEM(当時約580億円分)についての補償などを含め今後の方針が発表されました…

  8. コインチェックから流出したNEMがZAIFへ送られていた?

    1月26日コインチェックから不正アクセスにより盗まれた5億2300万枚のXEMについて、これまでに犯人とおぼしき人物がダークウェブなどで売りさばいていることが判…

  9. 米グレイスケール、イーサリアムなど主要仮想通貨のファンドを立ち上げ

    7日、バリー・シルバート氏(Barry Silbert)CEOが率いる、仮想通貨投資やビットコインの投資信託の運営を行なう、グレイスケール・インベストメンツ(G…

  10. コインチェックから盗まれたXEM、犯人が交換所を立ち上げ!?

    コインチェックから580億円相当の仮想通貨「XEM」が盗まれてから約2週間、今一体そのXEMはどこにあるのか?(↓以前の記事では犯人が少量のXEMをラン…

新着記事

ビットフライヤー

アーカイブ

  1. ビットコイン(BTC)

    「ビットコインを買え」イエレン議長の発言中にTVに謎の男
  2. 仮想通貨全般/経済

    インフレが起きた場合の仮想通貨のメリットについて考える
  3. アルトコイン

    米格付け会社が仮想通貨の格付けを発表
  4. ブロックチェーン

    スウェーデン政府、3月にブロックチェーン土地登記実証実験
  5. フィンテック

    金融相「異端から革新生まれる」 フィンテック・サミット
PAGE TOP