ブロックチェーン

  1. ICO規制で中国ブロックチェーンカンファレンスが中止に

    中国のメディア(Caixin)によると中国人民銀行(PBoC)は、多くのICOが資金調達法に違反していると位置づけたことを報じています。これを受け、少なくとも9…

  2. リップルがイーサリアムの時価総額を超えて2位に。しかしいつまで?

    リップルの勢い再び。XRPは24時間で24.2%増、イーサリアムを上回り、時価総額が世界で2番目の巨大暗号通貨となった。5月初旬に日本のコンソーシアムが…

  3. 進むブロックチェーン決済 リップルに新たな10の銀行が加盟

    リップル(Ripple)は、まだ他の通貨がなし得ていないような、歴史ある銀行、BBVAを含む新たに10の銀行が加盟を結んだ。リップルラボは決済サービス市…

  4. 「ぐるなび」2020年までにビットコイン決済増やす

    ぐるなびは今秋までにタブレット端末を使ったPOS(販売時点情報管理)レジシステムにビットコインの決済機能を加え、2020年までに同社の加盟店など5万店でビットコ…

  5. 独自仮想通貨「琉球コイン(仮)」沖縄で構想

    ブロックチェーンを活用して沖縄独自の仮想通貨「琉球コイン(仮称)」をつくり、流通させる構想が県内外の企業や金融機関の間で検討されている。仮想通貨取引所の…

  6. みずほ銀行 新たな決済サービス、エムウォレット設立

    株式会社みずほフィナンシャルグループ、株式会社みずほ銀行、株式会社 メタップス、WiL LLC.の4社は、FinTechを活用した新たな決済サービスの提供を目的…

  7. イーサリアムをベースにブロックチェーンで投票システム

    JPモルガン・チェースやサンタンデール銀行などがブロックチェーンを基盤とした投票システムの概念実証に成功した。株主総会や役員選挙など、幅広い分野の投票で透明性と…

  8. 三菱UFJ リップルの技術を使って18年に即時決済めざす

    三菱東京UFJ銀行は2018年初から、仮想通貨の中核技術であるブロックチェーンを活用した次世代型の国際送金サービスを始める。先日はインドのアクシス銀行が…

  9. ロシア、日本がクリル諸島で共同仮想通貨政策を検討

    ロシアと日本が、共同でクリル諸島にて仮想通貨推進プログラムを展開する可能性が出てきている。ロシアのメディア、FutureBankingが発表した情報によ…

  10. オーストラリア大手電力会社、ブロックチェーン電力売買の実証に着手

    オーストラリアの大手電力会社、ヴィーン・エナジーとカナダのブロックチェーン企業、BTLグループ、EY(アーンスト・アンド・ヤング)オーストリア支部が提携し、ブロ…

新着記事

ビットフライヤー

アーカイブ

  1. アルトコイン

    これは暗号通貨の終わりなのか?そうではない。
  2. アルトコイン

    イーサリアムが9月下旬にハードフォークを発表
  3. 仮想通貨全般/経済

    米著名投資家ミラー氏、ビットコインにポジティブな見解
  4. フィンテック

    最新の株価指数「Finteq指数」とは?
  5. 仮想通貨のきほん

    アルトコイン(オルトコイン)ってなに?
PAGE TOP