ビットコイン(BTC)

  1. トム・リー氏「ビットコインの市場占有率が回復してきている」

    ビットコインについての分析家で御馴染みの、米ファンドストラット社のトム・リー氏は、仮想通貨市場の低迷にも関わらずビットコインは、この2週間で徐々に市場のシェアを…

  2. UberやAirbnbの早期投資家「誰もが仮想通貨に投資するべき」

    過去10年間のうち、最も成功を収めた2つのスタートアップである米国発の人気配車サービス「Uber」と日本でも御馴染みの民泊サイト「Airbnb」に早期から目を付…

  3. ブロックストリーム社、中国メーカーInnosiliconから大量のマイニング機材購入

    Bitcoin Core(ビットコインコア)への最大の資金提供者でもあるBlockstream(ブロックストリーム)は、中国のメーカーであるイノシリコンInno…

  4. SECがウィンクルボスの申請したETFを却下。ビットコイン価格が8000ドルを割り込む。

    米証券取引委員会(SEC)は26日、ビットコインETFを証券取引所に上場させたいとするウィンクルボス兄弟の2回目の申請を拒否しました。これによりビットコイン価格…

  5. ビットコインETFは巨額の資本流入に繋がる。しかし2018年には承認されないという意見も。

    仮想通貨業界は2018年末までにビットコイン上場投資信託(ETF)が承認されると前向きに予測しています。しかし一部のアナリストからは来年までには承認が下りないだ…

  6. ビットコイン値上がりでまさかのETF認可先送りの可能性

    先日、CBOEが求めるビットコインの上場投資信託(ETF)について、許可を出すかどうか米国証券取引委員会(SEC)が検討中であること、またその期日が8月中である…

  7. カナダ人のビットコイン保有者58%が投資目的

    7月23日に発行されたカナダ銀行(BoC)の調査によると、カナダ市民は2017年は主に投資目的でビットコイン(BTC)を保有したことが明らかになりました。…

  8. ビットコインETFの意思決定に関して多くの世論が寄せられた

    米国証券取引委員会(SEC)は現在、CboeによるビットコインをベースとしたETFを承認するかどうかの瀬戸際に来ています。仮想通貨により大きな利益得るこ…

  9. ビットコイン8000ドルエリアが見えてきた

    ビットコインは先日からの急上昇は一旦お休み。現在は7500ドル付近で緩やかな推移をしています。BKアセット・マネジメントのFX戦略担当マネー…

  10. ビットコイン取引量、直近の最低水準から2倍に

    ビットコインは今週火曜日に600ドルと劇的に大きな上昇で取引量が急増しました。7ヶ月間続いた下落の底値の時点の取引量から100%(2倍に)増加しました。…

新着記事

ビットフライヤー

アーカイブ

  1. フィンテック

    韓国のサムスングループもフィンテック事業に乗り出した!?
  2. アルトコイン

    Bitcoin Cash実行するもハッシュレート上がらず
  3. フィンテック

    将来的に自らの業務にFinTech技術を活用する可能性
  4. ビットコイン(BTC)

    ピーチ航空 ビットコインでの支払い受け入れ
  5. 仮想通貨のきほん

    ビットコインとは?(簡単に解説!)
PAGE TOP