仮想通貨全般/経済

  1. コインベースの企業価値が9000億円に到達か

    世界的な消費者ブランドを中心に投資する米国のヘッジファンド、Tiger Global(タイガー・グローバル)は、Coinbase(コインベース)に5億ドル(約5…

  2. グーグル、仮想通貨関連広告を日本とアメリカで一部再開へ

    米Google(グーグル)は、一部の仮想通貨ビジネスに対し、広告の掲載を再開するようポリシーを10月に更新する見通しだ。同社は25日に公式アナウンスメン…

  3. 急成長の兆し。下落相場にもかかわらずBinanceとCoinbaseは雇用を増やし続けている

    2018年を通じて仮想通貨市場が80%も下落したにもかかわらず、ユーザベースと日々の取引量で世界最大を誇る、大手仮想通貨取引所のBinance(バイナンス)とC…

  4. Zaifがハッキングで67億円の被害 – 利用規約を前日に更新していた

    日本の仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロ株式会社は20日、不正なアクセスによりハッキング被害を受けたことを発表した。同社の発表によると盗まれ…

  5. モルガン・スタンレーがビットコイン取引に参入か

    米大手モルガン・スタンレー投資銀行はビットコイン取引を顧客に提供する計画があると13日、ブルーム・バーグが報道した。同銀行は既に取引に必要なインフラを整備中であ…

  6. Huobi、日本のBitTradeを買収。本格的に日本市場に参入

    日本に正式なライセンスを持つ仮想通貨取引所は16社しかない。そのうちのひとつであるBitTrade(ビットトレード)の株式の過半数を、大手取引所Huobiが取得…

  7. これは暗号通貨の終わりなのか?そうではない。

    本日の仮想通貨市場は全面的に大きく下げ、下げ止まらない価格にホルダー達の悲痛な叫び声が聞こえてきそうだ。ホルダー達は更なる下落に耐えることを強い…

  8. NY規制当局に認可された初のステーブルコイン2種誕生、ウィンクルボス兄弟の”ジェミニドル…

    10日、ニューヨーク州金融当局(NYDFS)により承認された2つの新しい「ステーブルコイン」が発表された。ジェミニドル(GUSD)とパクソススタンダード(PAX…

  9. ゴールドマン・サックスCFO「仮想通貨取引デスク開設計画中断はフェイクニュース」

    5日夜から続く仮想通貨市場暴落の要因のひとつではないかと見られている、ゴールドマン・サックスの「仮想通貨取引デスク開設計画の中止」のニュースについて、同社CFO…

  10. 暴落前の「異常」な市場の動きをAIが感知。80億円の謎のショートポジション?

    ゴールドマン・サックスが本日、計画していた「仮想通貨取引デスク」の開設をひとまず中断するとのニュースが飛び交った。つい先日、市場アナリストは、何者かが「…

新着記事

ビットフライヤー

アーカイブ

  1. 仮想通貨全般/経済

    15年ぶりの中国人民銀行総裁はビットコインに好意的
  2. ビットコイン(BTC)

    米大統領の発言に反応か?ビットコイン3週間ぶりに11万円台へ
  3. ビットコイン(BTC)

    ビットコインキャッシュ、イーサリアムなど仮想通貨市場20%下落の価格調整
  4. 仮想通貨全般/経済

    モスクワ証券取引所が仮想通貨の取引を計画中
  5. アルトコイン

    米Cboeが12/10に初のビットコイン先物取引所に
PAGE TOP