ビットコイン(BTC)

CMEは12月11日にビットコイン先物取引開始か

CMEグループが予定している今後のビットコイン先物取引の新たな詳細が掲載されました。

ロイターの先日の報道によりますと、CMEグループ(シカゴ・マーカンタイル取引所)の代表は、Webサイトに一度公開した12月11日というのは「間違いによるものだった。」として、CMEウェブサイトの声明は「2017年第4四半期、関連するすべての規制審査期間を終えて、CMEはビットコイン先物を開始する予定であることをご報告いたします。」と修正されています。

しかし、アメリカの規制当局からの許可が下り次第、早ければ12月11日には取引が可能となる見込みが高いようです。

デリバティブ取引所のオペレーターは、CMEのCEO、テリー・ダフィー氏の先週のヘッドラインを発表した後、同社のウェブサイト上で、契約開始に関する情報を公開しました。

当時、ダフィー氏は、取引は12月の第2週に早くも開始できると述べていましたが、現在CMEのサイトにはこのように声明が発表されています。

効力発生日2017年12月10日(日曜日)、全ての関連する規制の解除2017年12月11日(月曜日)、CMEはビットコインの先物取引を開始することをお知らせいたします。

ビジネスインサイダーの調べによると、CMEグループは最低取引単位(1枚)を5ビットコインで、CME GlobexとCME ClearPortシステムの両方で取引し、CMEの既存ビットコイン価格指数を使用するとしています。

CMEによると同社によると、スポットポジションの限度額は1,000契約に設定されており、値幅制限を最大20%と設定することを公表しています。

アメリカではCMEの他にも、シカゴ・オプション取引所(CBOE)もビットコイン先物の上場を予定しており、こちらも規制当局の許可を待っている状態です。

こちらはCMEとは異なり、裁定取引単位(1枚)1BTC、最小価格変動幅は10ドルとしています。CBOEによるビットコイン先物の基準値はウィンクルボス兄弟が出資する仮想通貨取引所「ジェミニ」から提供される予定です。

ウィンクルボス兄弟は、長年にわたりビットコインETFを進めており、ビットコインの総供給量の1%を保有するとされています。

出典:https://www.coindesk.com/cmes-bitcoin-futures-likely-start-trading-december-11/
CME’s Bitcoin Futures Likely to Start Trading December 11

盗難補償あり、初心者にも見やすいアプリ画面。
仮想通貨を買うなら、OLさんや初心者にも人気の
コインチェックがおすすめです。
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ビットコインが3年超ぶり高値 ETF認可の思惑で

    仮想通貨「Bitcoin(ビットコイン)」の価格が約3年ぶりに史上最高…

  2. ビットコイン(BTC)

    スナップチャットの初期投資家 – ビットコインは2030年までに50万ドルになる

    「スナチャ」の愛称で知られるソーシャルメディアアプリ(画像共有アプリ)…

  3. ビットコイン(BTC)

    2017年にビットコインが2,100ドルになる-サクソバンク

    投資銀行サクソバンクは2017年にビットコインがこれまでの最高値を更新…

  4. アルトコイン

    自称サトシ・ナカモトのクレイグ・ライト氏曰く「2018年はビットコインキャッシュの年になる」

    自分こそがビットコインの生みの親であるとする、自称「サトシ・ナカモト」…

  5. ビットコイン(BTC)

    ピーチ航空 ビットコインでの支払い受け入れ

    5月22日日本のピーチ航空(Peach Aviation)は間もなくビ…

過去記事

新着記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    韓国の財務次官「仮想通貨はフィアット通貨の脅威となる可能性がある」
  2. アルトコイン

    リップルは下落、ビットコインキャッシュが上昇
  3. ビットコイン(BTC)

    Zaifの説明と、21億BTCを0円で購入者との説明に食い違い
  4. ビットコイン(BTC)

    ウィーンに初のビットコイン銀行が登場
  5. 仮想通貨全般/経済

    ロシア、ユーザーの12%は仮想通貨が主な収入源
PAGE TOP