過去の記事一覧

  1. アルトコイン

    「”e-sport”のイーサリアムICOが瞬殺で完売!」  

    本日売り出し開始となった、イーサリアムのブロックチェーンをプラットフォームとしたe-sportのに利用される予定のトークンが、わずか数分で売り切れた。デ…

  2. フィンテック

    金融相「異端から革新生まれる」 フィンテック・サミット

    フィンテック(金融とテクノロジーの融合)をテーマに金融庁と日本経済新聞社が共同で開催する「FinSum フィンテック・サミット」は21日、国内外の金融機関トップ…

  3. ビットコイン(BTC)

    ドイツの都市ハノーファーで公共料金がビットコイン支払い可能に

    ドイツで電気やガス等を供給するEnercity社は仮想通貨の広がりを受けてビットコインでの料金支払い受付を開始すると発表した。Enercity社は270…

  4. ビットコイン(BTC)

    Poloがニューハンプシャーの居住者を一時的に凍結!!

    Poloniex(大手暗号通貨取引所)は公式サイトにて、ニューハンプシャー居住者を一時的にBANすることになったことをアナウンス。ニューハンプシャー州の…

  5. ビットコイン(BTC)

    タイでビットコイン利用が増える可能性のある4つの理由

    世界中の銀行と同じように、タイの銀行は、流行に後れないようテクノロジーに投資をしてきている。サイアム商業銀行は、昨年の利益の7%から15%まで、技術予算…

  6. アルトコイン

    イーサリアムVitarik – 「ブロックチェーンを、電卓からスマホへ」

    9月19日、上海でEthereum Devcon2が初日を迎えた。チーフ・サイエンティストのVitalik Buterin氏をはじめイーサリアムのデべロ…

  7. アルトコイン

    イーサリアムの価格テクニカル指標

    先ほどお伝えした、2日前のメモリエラー問題を境に、イーサリアムの価格は上昇し、出来高を伴ったまま高値を保ち続けています。しこりのあった13USDのライン…

  8. アルトコイン

    サンタンデールとイーサリアムの架け橋

    現在開催中のカンファレンス”Devcon2"でイーサリアムのゴールドスポンサーとなっている、スペインの大手銀行"サンタンデール"の記事は以前ご紹介いたしました。…

  9. ビットコイン(BTC)

    イーサリアムのハッシュレートが一時下落

    9/19(日)イーサリアムのマイナーが、イーサリアムのマイニングリグのRAM使用率を過剰に消費するメモリリークを引き起こすエラーを発見し、ハッシュレートとセキュ…

  10. ビットコイン(BTC)

    インフラプロジェクトに匿名で38BTCの寄付

    ビットコインでの寄付を募るプロジェクトのひとつに、アフリカの子供たちに、安全な水源を確保するプロジェクトがある。そのプロジェクトに、匿名で2回に渡る大口ビッ…

過去記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ウィーンに初のビットコイン銀行が登場
  2. ビットコイン(BTC)

    「2018年仮想通貨の時価総額は200兆円になるだろう」- マイケル・ノヴォグラ…
  3. 仮想通貨全般/経済

    送金手数料が無料!?リップルの技術を使った「Money Tap」がダウンロード開…
  4. 仮想通貨全般/経済

    インドATMに「子ども銀行券」 新紙幣早くも偽造、管理ずさんと批判
  5. 仮想通貨市況

    ビットコイン:5月22日の相場
PAGE TOP