「今回は違う」10のビットコインチャートが2017年の仮想通貨バブルとの相違を証明

ビットコイン(BTC)
この記事は約2分で読めます。

仮想通貨(暗号資産)ビットコイン(BTC)は米ドルスポット価格以外の全てで新記録を更新しており、これが、2017年のようなバブルとは異なる地に足がついた値動きと言えそうだ。

11月17日、コインメトリックス の共同創設者であるニック・カーター氏は、今週の時点で過去最高を更新した9つのチャートを示した

9+1のチャートが「明確に改善」

カーター氏によると、10ドル以上を保有するウォレットや機関投資家の保有額、さらには様々な法定通貨に対するビットコイン価格まで、ビットコインが歴史的なレベルで記録を更新していることをデータは示している。

カーター氏は「今日の市場は、2017年の強気相場を牽引した市場よりも、はるかに成熟しており、金融化されており、監視されており、秩序があり、抑制されており、再帰的ではなく、資本効率が高く、流動性が高い」と指摘し、以下のように述べた。

「今日の市場環境を2017年の強気相場と比較すると、これらの9つのチャートで、明らかな改善が明確にあることが示された」

さらにビットコイン価格モデルであるストック・フロー(S2F)モデル考案者のPlanBは200週移動平均のチャートでも2017年とは質的な面で異なることを強調した。

「今回、ビットコインを購入しているのはプロだ。長期的視点と持久力を持っている」

(出典:PlanB「ビットコインの200週移動平均と半減期」)

すべては2020年のビットコインと3年前のビットコインを区別するのに役立っていますが、2017年は第4四半期の終わりに熱狂的な上昇が起こり、2万ドル近くの高値を生み出した。

既報の通り、ここ数日、様々な情報源から強気の価格予測が新たに発表されているが、この予想では20,000ドルが今回の天井ではなく、これを突破することで強気が続くと主張している。

投資仲介プラットフォームを提供するイートロ(eToro)の仮想通貨アナリストであるサイモン・ピーターズ氏はコインテレグラフに対し「20,000ドルレベルは明らかにビットコインの次のターゲットだ。今年、私はこれを超えることができると信じている。その後はセンチメントはポジティブなまま、未知の領域に入るだろう」と述べた。

「ビットコインの成熟度は投資家の多様性と広範なデータセットによって証明されているため、多少の不安はあるにせよ、こう言えるだろう『今回は違う』と」

タイトルとURLをコピーしました