「1ヶ月ほどで指数関数的に上昇」=新ビットコイン価格モデル

未分類
この記事は約3分で読めます。

オンチェーンアナリストのウィリーウーは、新しいビットコイン価格モデルを公開した。

仮想通貨(暗号資産)アナリストのウィリー・ウー氏は、ビットコイン(BTC)の新しい価格モデルを発表した。このモデルは過去データから、指数関数的にビットコインの強気相場が始まることを予想。強気相場開始まであと1ヶ月ほどだという。

7月にBTCの強気相場始まる?

ビットコインの価格は、新型コロナウイルスの影響で米国株式市場が急落する前の2月、1万ドル前後を推移していた。アナリストたちは、価格が重要な抵抗レベルである10,500ドルを突破できなかったことからBTCは下落すると予想していた。

3月には6000ドルを下回ると、急速に下落し最終的には3600ドルまで落ち込んだ。これによって10億ドル以上のレバレッジポジションが清算され、仮想通貨市場
は大混乱に陥った。

ウー氏によると、ビットコインはコロナウイルスのパンデミックがリスクオン市場に影響を与える前から、強気市場として位置づけられていたという。ウー氏の新しいモデルは、過去4回の強気相場の始まりをマークしたもので、ビットコインが短期的に再び上昇トレンドに入る準備をしていることを示している。

「これは私が取り組んでいる新しいモデルで、指数関数的な上昇相場の開始を正確に示している。1) COVIDホワイトスワンがパーティーを破壊するまで、ビットコインは強気の上昇をセットアップしていた。2) このモデルでは、別の強気相場に近づいていることを示唆している。多分、あと1ヶ月後だ。」

A new Bitcoin price model

(出典:ウィリー・ウー「BTCの新しい価格モデル」)

ウー氏はビットコイン価格が安定を続ければ、次の変動が大きくなる可能性があると指摘。ビットコインは1ヶ月以上9000ドルのサポートレベルを維持しながらボラティリティが低い状態が続いている。

「この強気相場が終わるまでの時間が長ければ長いほど、ピーク価格は高くなる(トップキャップモデル)。長く横に続く累積バンドは、最終的には良いことだ。」

その他の強気要素

3月以来、ビットコインは大きな修正なく回復を続け、5800ドル、6500ドル、8100ドル、8600ドルのサポートレベルを維持してきた。

仮想通貨トレーダーのNunya Bisniz氏は「上昇トレンドは横向きのパターンに変化し、最近はいくつかの押し目を経験した。しかし、市場構造はそのままに残っている。一連のhigher lowは破られていない。このパターンは続くのか」と指摘した。

Support levels Bitcoin defended since March

(出典:NunyaBisniz「3月から守られているサポートレベル」)

重要なのは、ビットコイン価格は現在の修正にもかかわらず、横に移動しても上昇トレンドを維持していることだ。強気のマクロ要因とビットコインの主要なサポートレベルの回復力が合流することで、中長期的に強い強気相場が形成される可能性が高まるだろう。

タイトルとURLをコピーしました