「STEPN」のDEX、ソラナ上で利用者数1位に

アルトコイン/他
この記事は約2分で読めます。

デイリーユーザー数はSOL上のDEXとして最多に

「Move to Earn」分散型ゲームアプリSTEPN(ステップン)が展開する独自分散型取引所「DOOAR」のデイリーユーザー数が約77,000人に達したことが確認された。ソラナ(SOL)を基盤とするDEXとしては、最大(第1位)の日間利用者数となる。

STEPNは、屋外でのウォーキング・ジョギング・ランニングを通じて報酬を獲得できるWeb3(分散型ウェブ)アプリだ

社会人や個人投資家の健康促進につながるとして、人気が高まっており、21年末のローンチから数か月で数十万人のMAUを獲得している。

ゲームのプレイで得られる報酬額は、保有するNFT靴(デジタルシューズ)のレアリティや性能によって大きく変わる。記事執筆時点でのNFTのフロアプライスは2.90SOL(約14,000円)だ。(Magic Eden価格参照)

同ゲームのデイリーユーザー数の上昇は、暗号資産(仮想通貨)データサイトDune Analyticsが公開したデータから判明した。グラフからは、STEPNのDEXのユーザーが6月半ばから大きく増え、「Orca」の利用者数を上回る様子が確認できる。

STEPNのDEXの成長には、分散型融資プロトコルSolendの匿名創設者、Rooter氏も注目。同氏はTwitterで、STEPNが同プロトコルと統合されれば「SolendのユーザーがSTEPNのイールドにアクセスできる」とコメントした。

Rooter氏の発言は、STEPNのガバナンストークン「GMT」のステーキングを指していると見られる。同トークンのAPY(年間収益率)は記事執筆時点で542.5%となっている。

 

「第3レルム」を構想中

STEPN公式は、各々のブランドと独自のコミュニティ文化を持つブロックチェーン経済圏「Realm(レルム)」のコンセプト創設を進めている。

「第1レルム」はソラナ、「第2レルム」はBNBチェーン(BSC)で、現在、第3(イーサリアムの可能性),第4のチェーンが構想中だ。

ただ「第2レルム」では、4月のアシックスコラボを発端にバブルが発生。中国ユーザーの全面規制発表を機に靴やGST売りが殺到して暴落する事態などが発生した。STEPNは「反省点が多く相応の犠牲を払った」として、ユーザーからのフィードバックを募集。6月初頭に課題解決に向けた、4つのアクションプランを発表した。

タイトルとURLをコピーしました