インドの著名起業家ニレカニ氏、「インドの人々が仮想通貨を持てるようにするべき」

ビットコイン(BTC)
この記事は約2分で読めます。

インドでは政府が仮想通貨を禁止する方向で規制が検討されている一方、インドでの著名な起業家であり、政府顧問でもあるナンダン・ニレカニ氏は仮想通貨を支持すると主張している。

ニレカニ氏は、エンジェル投資家のバラジ・スリニバサン氏とのクラブハウスのセッションに参加し、インドの仮想通貨を巡る状況について議論した。現地のビジネスニュースメディアのMoneycontrolがその内容を報じた。

ニレカニ氏は、インドの大手テクノロジー企業Infosysの共同創設者であり、インド政府の生体認証IDシステム「Aadhaar」の設計に携わった人物である。同氏はまた、インドでのデジタル決済を評価する特別委員会の委員長であり、いくつかの政府機関とインド準備銀行の顧問でもある。

ニレカニ氏はクラブハウスのセッションの中で、インド国内でビットコイン(BTC)のような仮想通貨を使用する自由を支持し、インド人は資産クラスとして仮想通貨を使用できるようにする必要があると主張した。さらにニレカニ氏は、仮想通貨が価値の保存手段として有望であるとも指摘した。

「私たちは仮想通貨を資産クラスと考え、人々が仮想通貨を保有できるようにする必要がある。決済手段としての仮想通貨は、1日に10億トランザクションをターゲットにしているUPIほど速くは機能しない。しかし、仮想通貨には莫大な資本がある」

ニレカニ氏は、インドの規制当局は国内の中小・零細企業(MSME)が仮想通貨を介して資本にアクセスするのを支援する必要があるとも述べた。

ステーブルコインとデジタルルピーについて、ニレカニ氏は次のように述べている。

「プライベートなステーブルコインが必要かどうか、またはデジタルルピーで十分かどうかはわからない。それがインド人にどのように役立つのか、MSMEがビットコインを使用して資本にアクセスする方法を検討する必要がある」

ニレカニ氏の発言は、仮想通貨の法的地位に関するインドの不確実性と疑念が高まっている中で出てきたものだ。最近、インドのナーマラ・シサラマン財務相は、インドでは仮想通貨を全面禁止するつもりはないと発言している。

タイトルとURLをコピーしました