仮想通貨全般/経済

インド銀行、亡くなった父親の残した現金を拒否

インドで、ある小さな家の主人(Shivcharan Singh Maranさん)が93歳で亡くなった。彼は亡くなる前に5万ルピー分の現金を、500ルピー紙幣で家族に残した。

その現金の束は全部で約750ドルの価値があったが、先日のモディ首相による「紙幣廃止」を受けて、インド銀行(RBI)によって拒否されてしまった。

政府の戦略、家族の悲劇

Shivcharanの息子Mastanは、父親の死後、父親の部屋を掃除中に現金を発見。現金の束は、部屋のクローゼットに500ルピー紙幣で見つかった。 Mastanとその家族らは、500ルピー紙幣が価値を失ってしまったこと父親に知らせるのをすっかり忘れていたことに気がついた。

父親は短期的な記憶喪失に苦しんでいたため、政府が下したインドの金融規制や経済の悪化を認識していなかったことが、地元のNews18によって、その後明らかになった。たとえ父親が500、1000ルピー紙幣の廃止を知っていたとしても、彼の記憶障害は、彼がその問題について家族と話し合うのを妨げてしまったであろう。

20170127_01

古い紙幣は絶対に戻せない

家族のために、Mastanはインド銀行(RBI)の地方支店を訪れ、古い紙幣を新しい紙幣に変更するよう正式に要請した。しかし、Mastanが父親の一連の状況を説明したにもかかわらず、銀行はMastanの請求を拒否した。(銀行は、インドのパスポートを保有しているが雇用などの目的により、6ヶ月以上海外に居住していたインド市民である非居住者(NRI)を除いて、古い紙幣を交換することはできないとした。)

地元メディアNews18は、Mastanが父親の500ルピー紙幣を補償するために新たにデザインされた紙幣を受け取る代替方法を模索しようとしている。と報告しているが、インド銀行がMastanに対して特別な提案をすることはほとんどない。

インドの人々はビットコインのような選択肢を求めている

インドの金融危機と経済の不安定さは、紙幣の無効化や金の没収によってインド人に大きな不快感を与えている。

皮肉にも、インド政府によるこの2つの規制は犯罪者を弾圧することが出来た。しかし代償として、大半の国民が政府の非実践的政策によって悪影響を受けた。

資産の安全な主たる避難場所(セーフヘイブン)としていた金と現金がますます非効率で扱いにくくなっていることを考慮すると、インドの人々が資産を守るためにビットコインのような選択肢を求めるのは必然だと思われる。

 

出典:Indian Bank Rejects Dead Father’s Cash For Family, Demonetization Chaos Continues
https://cointelegraph.com/news/indian-bank-rejects-dead-fathers-cash-for-family-demonetization-chaos-continues

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    (予想通り?)米国証券取引委員会はビットワイズのビットコインETF承認決定を再び延期

    米国証券取引委員会(SEC)は14日、ビットコインの上場投資信託(ET…

  2. ビットコイン(BTC)

    ビットコインが第2四半期に反発すると考えられる3つの理由

    今年、ビットコインにとってあまり良くないスタートを切りましたが、そろそ…

  3. アルトコイン

    SBI株主総会で新仮想通貨取引所”SBI MAX”について触れる

    本日SBIホールディングスの株主総会が開催されました。SBIは…

  4. その他アルトコイン

    Facebookのメッセンジャーアプリを介したマルウェアが発見される

    仮想通貨のマイニングを勝手に行なってしまう「マルウェア」がFacebo…

  5. 仮想通貨全般/経済

    ビットポイントがハッキング被害、35億円相当の仮想通貨が不正流出

    株式会社リミックスポイントは12日、子会社である仮想通貨取引所のビット…

過去記事

新着記事

PAGE TOP